『科学哲学入門』という入門書すら難しい・・・・科学哲学奮闘月間
西洋哲学 / 2012年5月18日

 タイトル:科学哲学入門―科学の方法・科学の目的 (Sekaishiso seminar) 内容:amazonから引用すると・・・科学を特徴づけるものは何か。正統的科学哲学と新科学哲学の対決を見直し、科学の認識と実践、発見と確証、客観性と主観性、連続性と断絶等の問題を体系的に見わたす、本格的入門書。 今週から勉強し始めた科学哲学、いやぁああ。。。難しい、難しいですね。なんというか。。。う…

『科学哲学(ブックガイドシリーズ基本の30冊)』 感想
西洋哲学 / 2012年5月17日

  タイトル:科学哲学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊) 本の内容:アリストテレスからはじまり、現代の科学哲学まで、 科学哲学に関する本の紹介と、それぞれの哲学者の考えの説明が わかりやすく書いてあります。一人ひとり章ごとに分かれているのと、章の最後にオススメ文献が書いてあるがうれしい一冊。 コチラの本、アウグスティヌスは書いてありませんでしたが、 科学哲学の流れを知るには良い本でし…

シュベグラー『西洋哲学史上巻』アリストテレスの部分・・・感想
西洋哲学 / 2012年5月16日

タイトル:西洋哲学史 (上巻) (岩波文庫 (33-636-1)) 内容:西洋哲学史を時代別に解説。プラトン・アリストテレスあたりが比較的細かく説明。 シュベグラーの西洋哲学史上巻をちょいとランチ時に読んでいました。 西洋哲学史の流れがわかるコチラの本ですが、 なぜかアウグスティヌスが名前程度に省かれています。 今回読んだのは、アリストテレスの数行です。アリストテレスの自然哲学?の分野の説明が興味…

昨日も今日もアウグスティヌス告白11巻を読む・・・
キリスト教史 , 西洋哲学 / 2012年5月15日

昨日も今日もそして、多分明日もアウグスティヌスの告白『11章』を読みふける日々。 枕頭の書として欠かせない本ですね。 線を引きすぎて読みづらくなっているので、買い換えようと思うのですが、 まだ迷い中。 11章、最初のほうは 現在過去未来についてのことですが、 後半は時間をはかることについて書かれています。 いずれにせよ、 私たちは時間について知っているが 時間についての説明を求められるとできない。…

アイルランドの詩人 イェイツの世界
英米文学 / 2012年5月15日

 文学科のカテゴリーがイマイチわからないのですが、 英語圏のアイルランド文学は「英米文学」になるのでしょうか。 アイルランドもすばらしい作品が沢山ありますよね。 以前、アイルランドに上陸した際、 ダブリンコネリー駅から列車3時間以上かけて左はしにある「スライゴ」という街に行きました。 世界的に有名な!というところではありませんが スライゴはイェーツゆかりの地というだけで、訪れる理由にはじ…

『時間論の構築』という本を読んでみたけど私には難しすぎでした(ーー;)
西洋哲学 / 2012年5月15日

  たいとる:時間論の構築 本の内容:(さっぱりわからなかったので、amazonのを引用)アリストテレス、アウグスティヌスから現代までの時間論を紹介・検討。「体験と世界」という二つの視点から時間論に統一的な描像を与える。代表的な時間論を検討し、主観的時間から物理的時空構造へ至る道を模索する。 アウグスティヌスの時間論について調べはじめたばかりですが、しょっぱなからつまづきました。こんなに…

『地球の歩き方中央アジア サマルカンドとシルクロードの国々』
旅行 / 2012年5月14日

本:D15 地球の歩き方 中央アジア サマルカンドとシルクロードの国々 2011~2012 内容:中央アジアの旅行ガイドブック 先週イスラームばかり調べていたので、サマルカンド行きたくなる病にかかり、 地球の歩き方ウズベキスタンを読んでしまいました。 シルクロードという単語を聞いただけでロマンチックな情景が浮かんできます。 地球の歩き方では、ウズベキキスタンというガイドじゃなくって、 お…

アウグスティヌス『告白』下巻11章(時間論の章)感想
キリスト教史 , 西洋哲学 / 2012年5月14日

 タイトル:アウグスティヌス告白 (下) (岩波文庫) あらすじ:マニ教からの脱却、キリスト教への改宗までのみちのり(おもに上巻)、神の存在証明、天地創造以前に神は何をしておられたかなど(おもに下巻)哲学的神学的なことが書いてある本。 アウグスティヌス『告白』下巻を読んでいます。 読んでいるのは11章だけ。11章にはアウグスティヌスが聖書解釈からみた時間論を展開しています。 神…

『イランとイスラム―文化と伝統を知る』 感想
イスラーム , 東洋史 / 2012年5月11日

 タイトル:イランとイスラム―文化と伝統を知る 内容:イランの歴史とは切り離せないゾロアスターとイスラームとの関係やイランといえば、シーア派。シーア派の歴史などが書いてある本イランとイスラムという本を読み始めました。 最初はゾロアスター教の話から始まっていて 興味深いです。 イスラーム圏の人々は、犬より猫派が圧倒的。 犬は穢れた動物ということで、飼うことはもちろん、触ることも避けられてき…

陳 舜臣訳『ルバイヤート』 感想
イスラーム , 東洋文学 / 2012年5月11日

  タイトル:ルバイヤート オマル・ハイヤーム  あらすじ:四行詩でつづられたペルシア文学の最高傑作。人生を刹那的に考え、今を楽しもう、酒ヤッホー!という感じのストーリーオマルハイヤーム著『ルバイヤード』を読んでみました。 ルバイヤートといえば、世界史の受験勉強でも出てくるイスラーム世界を代表する文学です。 読んでみると、『詩』でした。 それにしても、こちらの詩、崇高さをひしひ…