西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか れぽーとその2
フランス文学 , 西洋哲学 / 2017年11月4日

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか というタイトルのレポートの続きになります。 2、明晰判明な観念からの神の存在証明 3つの命題にて知りえたものは「わたし」の存在のみであり、一切疑いをもっても、「私」の存在だけは無とすることができない。しかし、デカルトはここから神の存在証明へと展開をすすめていく。神の存在に客観的真理を見出すために神の存在証明を進めていった。 ...

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか レポート
フランス文学 , 西洋哲学 / 2017年10月29日

西洋哲学史2のレポートもでてきました。 デカルトの省察をよんで書いたレポートです。このレポートで課題クリアした記憶がありませんwww おちたレポートかもww   西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか ≪序≫ 「神は存在するか」という問題は、哲学のはじまりから様々な哲学者の議題ともなってきたが、デカルトも神の存在証明について考察を行っている。プロテスタン...

アウグスティヌス 記憶論
キリスト教史 , 西洋哲学 / 2017年10月25日

アウグスティヌス 記憶論のレポートのつづきです   3、想起 記憶によって内部に保管されたものは、想起によって確認される。しかし、いつでもすべてを想起するということはできない。「かつて恐れたことを恐怖なしに思い出し、以前の欲望を欲望なしに記録している。[ii]」とアウグスティヌスは『告白』の中で述べているように、人間を構成する身体と精神は別のものであるから、過去の身体的苦痛という体験を記...

西洋哲学史レポート1 アウグスティヌスの記憶論
キリスト教史 , 西洋哲学 / 2017年10月20日

大学時代に書いた西洋哲学史1?のレポートもありました。 文字数的には、これはかきとちゅうのレポートだったかも?? このレポートはアウグスティヌスのレポートみたいです。中身は記憶論。 アウグスティヌス「記憶論」について ≪序≫ ローマ時代末期を代表する哲学者であり神学者アウグスティヌスは中世以降、ヨーロッパの精神史に大きな影響を与えた。『神の国』『告白』という著書が代表的だが、本レポートでは『告白』...

日本史特殊レポート「伴天連追放令とその影響」2伴天連追放令以降のイエスズ会
キリスト教史 , 東洋史 / 2017年10月17日

日本史特殊のレポート、伴天連追放令とその影響についての続きを挙げてみたいと思います 以下本文 ↓↓↓ 2. 伴天連追放令の発令 信長亡き後、はじめ秀吉もキリスト教布教に対しては寛容な体制をとっていたが、とある事件をきっかけに大きく変わることになる。 秀吉は九州を平定した後、中央集権化のために突如伴天連追放令を発行し、それ以降イエスズ会の活動がおおきく制限されることとなったのである。 秀吉の伴天連追...

日本史特殊レポート「伴天連追放令とその影響」1伴天連追放令前の封建領主とキリスト教布教
キリスト教史 , 東洋史 / 2017年10月14日

大学時代のレポートシリーズ。次は日本史特殊 伴天連追放令とその影響です。 日本史の知識は中卒レベルです。国内旅行先で、歴史上の偉人が建てたお城とか、偉い人の像とかほぼわかりません。中卒レベルの知識ですが、日本史特殊のレポートを書きました。伴天連追放令についてです。このレポートは事前に調べる内容が決められていたレポートでした。伴天連追放令って言葉すらこのレポート書くまでしりませんでし 利用した参考文...

19世紀のフランス文学レポート2「ミシュレについて」 ミシュレ『フランス革命史』
フランス文学 , ヨーロッパ史 / 2017年10月11日

19世紀のフランス文学レポートの本文はこちらです↓↓ 2.『フランス革命史』 ミシュレは『フランス史』に接続する形の『フランス革命史』という本を出版しているが、革命のはじまりからロベスピエールの死まで、一連の流れをミクロに描いている。 それは歴史書とも異なり、歴史小説ともいえない。淡々と革命の流れを書いているのではなく、時折ミシュレの意見や解説が入るかたちとなり、それはしばしば主観が入っているが、...

19世紀のフランス文学レポート1「ミシュレについて」 ミシュレの描く歴史
フランス文学 , ヨーロッパ史 / 2017年10月8日

続いての「大学時代のレポート」中身公開?後悔wwwは、19世紀のフランス文学という科目です。 私は19世紀のイギリス文学が大好きですが、そういう科目はなかった記憶があります。でも19世紀のフランス文学っていう科目はありました。どういう内容のテキストだったのか覚えていませんが、レポートはミシュレでした。確かレポート課題は自由だった?それとも選択制?? 完全に自由だったらスタンダールかユゴーかくだろう...

人文地理学レポート3「持続可能な開発」について。経済拡大と『持続可能な開発』
地理 / 2017年10月5日

人文地理学レポート「持続可能な開発」について その3です。これでおしまい。 以下本文 3.経済拡大と『持続可能な開発』 日本は高度経済成長期を経て先進国へと発展していったが、先進工業国への発展を支えたのは化石燃料や原子力エネルギーの使用などが主流であり、日本も例外ではない。 現在、我が国では世界有数のエネルギー消費大国となっている。経済大国となったいまでも、経済成長は常に政策の重要課題として考えら...

地名の社会学読んでみましたヽ(。・ω・。)ノ
地理 / 2017年10月4日

地名の社会学よんでみた( *´ω`* ) 角川選書の、地名の社会学読んでみました。作者は私と同じ大学出身です。同じ大学の人をみつけるとテンションあがります‎|•’-‘•) 地名の社会学は、地名の由来について、予想はこう!みたいなのが色々のってて面白いです。 まずは赤羽という地名からはじまっているんですが、 わたしが興味を持ったのはハゲの地名。 四国にハゲって名前の駅がありま...