文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

キリスト教史 西洋哲学

昨日も今日もアウグスティヌス告白11巻を読む・・・

投稿日:

昨日も今日もそして、多分明日も
アウグスティヌスの告白『11章』を読みふける日々。

枕頭の書として欠かせない本ですね。



線を引きすぎて読みづらくなっているので、買い換えようと思うのですが、

まだ迷い中。


11章、最初のほうは

現在過去未来についてのことですが、

後半は時間をはかることについて書かれています。

いずれにせよ、


私たちは時間について知っているが

時間についての説明を求められるとできない。


当たり前のように時間を使用しているけれど、

時間とはなんであろうか。

アウグスティヌスが繰り返し語りかけてくる。


神は天地創造以前に何をしていたか


昨日の夜読んだ『時間論の構築』という本で


宇宙はビックバン以前はどのようになっていたのか

という現代科学の疑問と

神は天地創造以前に何をしていたか

という古代神学を結びつけていましたが、



人間は知らないことが多すぎる。

だから学問は楽しい。

 

 ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-キリスト教史, 西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アウグスティヌス 記憶論

アウグスティヌス 記憶論のレポートのつづきです   3、想起 記憶によって内部に保管されたものは、想起によって確認される。しかし、いつでもすべてを想起するということはできない。「かつて恐れた …

no image

ドレの挿絵がみごとな旧約聖書を買いました!

  タイトル:ドレの旧約聖書 内容:19世紀の画家ドレの挿絵つきの旧約聖書 天地創造からマカベイまで。 ドレの旧約聖書 を買いました。 西洋史特殊1→オリエント考古学→倫理学という勉強の流れ …

no image

デカルト『情念論』をまた よみはじめ

去年途中でよみやめた デカルトの「情念論 (岩波文庫) 」再開しました。デカルトときくだけで以前読んだ書物での長生きエピソードと起床時間エピソードがちらついてしまいますww すべてを疑うことによって物 …

no image

斉藤孝『ざっくりわかる西洋思想史』感想

声に出して読みたい日本語でおなじみ斎藤孝先生の本を読んでみました。 齋藤孝のざっくり!西洋思想 価格:1,575円(2012/4/24 15:40時点)感想(0件) 斉藤孝先生の講義は明大にいたころか …

no image

『ヨーロッパの中世美術 大聖堂から写本まで』感想

タイトル:ヨーロッパの中世美術―大聖堂から写本まで (中公新書) 内容:中世の絵画、彫刻から大聖堂など、中世美術史を代表する作品とともに時代背景なども説明されている本。 面白そうな本を見つけ、購入して …