昨日も今日もアウグスティヌス告白11巻を読む・・・

2012年5月15日

昨日も今日もそして、多分明日も
アウグスティヌスの告白『11章』を読みふける日々。

枕頭の書として欠かせない本ですね。



線を引きすぎて読みづらくなっているので、買い換えようと思うのですが、

まだ迷い中。


11章、最初のほうは

現在過去未来についてのことですが、

後半は時間をはかることについて書かれています。

いずれにせよ、


私たちは時間について知っているが

時間についての説明を求められるとできない。


当たり前のように時間を使用しているけれど、

時間とはなんであろうか。

アウグスティヌスが繰り返し語りかけてくる。


神は天地創造以前に何をしていたか


昨日の夜読んだ『時間論の構築』という本で


宇宙はビックバン以前はどのようになっていたのか

という現代科学の疑問と

神は天地創造以前に何をしていたか

という古代神学を結びつけていましたが、



人間は知らないことが多すぎる。

だから学問は楽しい。

 

 ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA