文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

キリスト教史 西洋哲学

昨日も今日もアウグスティヌス告白11巻を読む・・・

投稿日:

昨日も今日もそして、多分明日も
アウグスティヌスの告白『11章』を読みふける日々。

枕頭の書として欠かせない本ですね。



線を引きすぎて読みづらくなっているので、買い換えようと思うのですが、

まだ迷い中。


11章、最初のほうは

現在過去未来についてのことですが、

後半は時間をはかることについて書かれています。

いずれにせよ、


私たちは時間について知っているが

時間についての説明を求められるとできない。


当たり前のように時間を使用しているけれど、

時間とはなんであろうか。

アウグスティヌスが繰り返し語りかけてくる。


神は天地創造以前に何をしていたか


昨日の夜読んだ『時間論の構築』という本で


宇宙はビックバン以前はどのようになっていたのか

という現代科学の疑問と

神は天地創造以前に何をしていたか

という古代神学を結びつけていましたが、



人間は知らないことが多すぎる。

だから学問は楽しい。

 

 ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-キリスト教史, 西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

タイムトラベルは可能か?『図解雑学 タイムマシーンと時空の科学』感想

タイトル:タイムマシンと時空の科学 (図解雑学) 内容:最新のタイムマシーン研究に関する説明と、ブラックホール相対性理論や量子論についてわかり易い図で説明してある本です。学術書のような堅苦しさがなく、 …

no image

『時間論の構築』という本を読んでみたけど私には難しすぎでした(ーー;)

  たいとる:時間論の構築 本の内容:(さっぱりわからなかったので、amazonのを引用)アリストテレス、アウグスティヌスから現代までの時間論を紹介・検討。「体験と世界」という二つの視点から …

no image

『プリンキアを読む』という本を読みました。

プリンキアとは、ニュートンの著書。 物体が何も存在しない空虚な空間(真空)が存在するか否かは古代ギリシア以来、論争の対象になっていました。 アリストテレスは 真空というものの存在を否定しましたが、一方 …

no image

歴史哲学のレポートあげてみる①。ヘーゲルとかプレハーノフが題材のやつ

歴史哲学のレポートを見つけたので上げてみたいと思います。 なんの題材かわすれたけど、ヘーゲルとプレハーノフのことがかかれてました。 とりあえずヘーゲルのほうからあっぷしたいとおもいます ヘーゲルは歴史 …

no image

アウグスティヌス 告白(下)

  上巻が自叙伝的なのに対し、 下巻は哲学的、神学的記述が多く、好き嫌いが分かれるかもしれません。   私は断然下巻派です。 下巻、私がすごく印象に残ったのは 彼が多角的視点から行 …