文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

『時間論の構築』という本を読んでみたけど私には難しすぎでした(ーー;)

投稿日:

 

たいとる:時間論の構築

本の内容:(さっぱりわからなかったので、amazonのを引用)
アリストテレス、アウグスティヌスから現代までの時間論を紹介・検討。「体験と世界」という二つの視点から時間論に統一的な描像を与える。代表的な時間論を検討し、主観的時間から物理的時空構造へ至る道を模索する。

アウグスティヌスの時間論について調べはじめたばかりですが、
しょっぱなからつまづきました。
こんなに難しい本を理解できなきゃ
アウグスティヌスの時間論の課題は提出できない??

この本は、アリストテレスからはじまり、中世、現代というながれで
書かれている本です。

アウグスティヌスとアリストテレスまでは理解したんです。なんとなく。
でも、そのあとハイデカーとか出てくると
何の話なのだかさっぱりで、睡眠薬並みのラリホー効果が期待できます。
なによりも苦手な数式みたいのがでてきて、ラリホーマです。強力なスリプルくらった感じです。

 
でも、でも。。。時間論についてレポートかくなら、
現代の時間論についても理解しないとかけないわけで・・・・ということで
とりあえず、途中まで読んだんです。

マクタガートの「時間は存在しない」のあたりは、すごくおもしろかったんですが、
ミレーだかミラーさんだかのところで、、、寝オチしていました。

まだ私にこの本は早すぎたみたいです。
英検5級の私が一流大学受験するようなもんです。

時間論関係の「初心者でもわかる~~」系の本を
探しに行ってみます・・・

レポート書けるレベルまでお勉強したら
再チャレンジしてみますよ。。。。

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

もう、何度目でしょう、、、アウグスティヌス『告白(下巻)』を再読

3年目に入った通教ライフですが、たぶん、3年間で一番読んでいる本はこちらアウグスティヌスの『告白 下巻』でしょう。 ぶっちぎり。 一年のころ、まずは西洋哲学史を出そうと思って、読み進め始めたのですが、 …

no image

またまたアウグスティヌス3連

   先週末から ドキッ!アウグスティヌスだらけの哲学史大会っ!って感じです(意味不明)もう、おなか一杯で、秋までアウグスティヌスを見たくありません(笑)  西洋哲学史Ⅰのレポ書く …

no image

ハイデガー哲学 『存在と時間ー統合的解釈の試み』感想 

内容:ハイデガーの『存在と時間』の解釈からなる本。結構ページ数多いうえに、内容がかなり濃いです。ハイデガーを深く知るにはぴったりの解説本。 法政大学出版局の『存在と時間ー統合的解釈の試み』を読みました …

no image

『ヘーゲルを読む』を読んでみました~!!

  岩波文庫『歴史哲学講義』を訳している長谷川先生の『ヘーゲルを読む』を読みました。 精神のすべての性質は自由を唯一の支えとしすべてが自由のための手段にすぎずすべては自由を求め自由だけを生み …

ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』の身体の軽蔑者 がおもしろかった

毎日本を持ち歩いています、今日は本棚にある本を適当にとって、それを読みました。 今日読んだ本がこちらです ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』 私はニーチェについて詳しく勉強したことがない …