文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

『時間論の構築』という本を読んでみたけど私には難しすぎでした(ーー;)

投稿日:

 

たいとる:時間論の構築

本の内容:(さっぱりわからなかったので、amazonのを引用)
アリストテレス、アウグスティヌスから現代までの時間論を紹介・検討。「体験と世界」という二つの視点から時間論に統一的な描像を与える。代表的な時間論を検討し、主観的時間から物理的時空構造へ至る道を模索する。

アウグスティヌスの時間論について調べはじめたばかりですが、
しょっぱなからつまづきました。
こんなに難しい本を理解できなきゃ
アウグスティヌスの時間論の課題は提出できない??

この本は、アリストテレスからはじまり、中世、現代というながれで
書かれている本です。

アウグスティヌスとアリストテレスまでは理解したんです。なんとなく。
でも、そのあとハイデカーとか出てくると
何の話なのだかさっぱりで、睡眠薬並みのラリホー効果が期待できます。
なによりも苦手な数式みたいのがでてきて、ラリホーマです。強力なスリプルくらった感じです。

 
でも、でも。。。時間論についてレポートかくなら、
現代の時間論についても理解しないとかけないわけで・・・・ということで
とりあえず、途中まで読んだんです。

マクタガートの「時間は存在しない」のあたりは、すごくおもしろかったんですが、
ミレーだかミラーさんだかのところで、、、寝オチしていました。

まだ私にこの本は早すぎたみたいです。
英検5級の私が一流大学受験するようなもんです。

時間論関係の「初心者でもわかる~~」系の本を
探しに行ってみます・・・

レポート書けるレベルまでお勉強したら
再チャレンジしてみますよ。。。。

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか れぽーとその2

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか というタイトルのレポートの続きになります。 2、明晰判明な観念からの神の存在証明 3つの命題にて知りえたものは「わたし」の存在 …

no image

ハイデガー哲学 『存在と時間ー統合的解釈の試み』感想 

内容:ハイデガーの『存在と時間』の解釈からなる本。結構ページ数多いうえに、内容がかなり濃いです。ハイデガーを深く知るにはぴったりの解説本。 法政大学出版局の『存在と時間ー統合的解釈の試み』を読みました …

no image

『デカルト―「われ思う」のは誰か』を読む

今日もデカルトの勉強をしましたー われ思うのは誰かという本です。 デカルトの私は考える ゆえに 私が存在するという有名な一文について コチラの本によるとデカルト『省察』での表現はそのような推論の形をと …

no image

ウェーバー『職業における政治』視点からみるメディアの在り方について

参考文献一覧がなかったので、書きかけかもしれないwww 〈序〉  ウェーバー著『職業における政治』によると、せまい意味での政治とは、政治団体(国家)の指導であり、その指導に影響を与えようとする行為であ …

no image

アウグスティヌス『告白』下巻11章(時間論の章)感想

 タイトル:アウグスティヌス告白 (下) (岩波文庫) あらすじ:マニ教からの脱却、キリスト教への改宗までのみちのり(おもに上巻)、神の存在証明、天地創造以前に神は何をしておられたかなど(お …