『時間論の構築』という本を読んでみたけど私には難しすぎでした(ーー;)

2012年5月15日

 

たいとる:時間論の構築

本の内容:(さっぱりわからなかったので、amazonのを引用)
アリストテレス、アウグスティヌスから現代までの時間論を紹介・検討。「体験と世界」という二つの視点から時間論に統一的な描像を与える。代表的な時間論を検討し、主観的時間から物理的時空構造へ至る道を模索する。

アウグスティヌスの時間論について調べはじめたばかりですが、
しょっぱなからつまづきました。
こんなに難しい本を理解できなきゃ
アウグスティヌスの時間論の課題は提出できない??

この本は、アリストテレスからはじまり、中世、現代というながれで
書かれている本です。

アウグスティヌスとアリストテレスまでは理解したんです。なんとなく。
でも、そのあとハイデカーとか出てくると
何の話なのだかさっぱりで、睡眠薬並みのラリホー効果が期待できます。
なによりも苦手な数式みたいのがでてきて、ラリホーマです。強力なスリプルくらった感じです。

 
でも、でも。。。時間論についてレポートかくなら、
現代の時間論についても理解しないとかけないわけで・・・・ということで
とりあえず、途中まで読んだんです。

マクタガートの「時間は存在しない」のあたりは、すごくおもしろかったんですが、
ミレーだかミラーさんだかのところで、、、寝オチしていました。

まだ私にこの本は早すぎたみたいです。
英検5級の私が一流大学受験するようなもんです。

時間論関係の「初心者でもわかる~~」系の本を
探しに行ってみます・・・

レポート書けるレベルまでお勉強したら
再チャレンジしてみますよ。。。。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA