文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

キリスト教史 西洋哲学

アウグスティヌス『告白』下巻11章(時間論の章)感想

投稿日:

 
タイトル:アウグスティヌス告白 (下) (岩波文庫)

あらすじ:マニ教からの脱却、キリスト教への改宗までのみちのり(おもに上巻)、
神の存在証明、天地創造以前に神は何をしておられたかなど(おもに下巻)
哲学的神学的なことが書いてある本。

アウグスティヌス『告白』下巻を読んでいます。
 
読んでいるのは11章だけ。
11章にはアウグスティヌスが聖書解釈からみた
時間論を展開しています。

神は世界を作る以前、何をしていたのか

という壮大な題から、掘り下げていくので
難しくって、何度もページをさかのぼって
疑問符浮かぶことの連続を繰り返しながら
とりあえず、11章の文章だけでも
暗記するつもりで、
アウグスティヌスの時間論、入学しました。

過去 現在 未来について
彼が考える3つの時間は
現在の過去
現在の現在
現在の未来

というかんじで・・・
なるほど!うん、でも難しくって断片的にしかわからない!と
今はこのくらいの感想しかかけない感じです・・・

-キリスト教史, 西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

シュヴェーグラー『西洋哲学史 下巻』読んだ!

西洋哲学史2のレポートを書くために岩波文庫のシュヴェーグラー『西洋哲学史 (下巻) (岩波文庫 (33-636-2)) 』を読みました下巻はちょうどデカルトからはじまってます。 この本の「明晰判明~」 …

no image

科学哲学のレポート5アウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違い

アウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違いというレポートタイトルでかきました。 科学哲学のレポートは難産だった記憶はありません。レポート合否基準はちょっと緩かった記憶がありましたよー & …

no image

アウグスティヌス 告白(上)

      カトリックでは聖人に列せられている 「聖アウグスティヌス」が書いた本です。  哲学書としても、神学書としても有名で、1500年たった今でも 世界中で …

no image

アウグスティヌス『告白』 食欲の誘惑に対する態度

アウグスティヌスの『告白』の中で、興味ある箇所を論じるのがレポート課題  レポート課題には出来なさそうですが、とても気になる箇所があるんです。それが、下巻p56からはじまる食欲の誘惑に対する態度 につ …

no image

『90分でわかるデカルト』読んで親近感わいた。

ぎっくり腰になる直前に、取り組み始めたのが「西洋哲学史Ⅱ」でした。 選択できるレポート内容で、消去法でデカルトを選びました。 選んだといっても、デカルトって  ラテン語の試験で2回も出てきた「Cog …