文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

キリスト教史 西洋哲学

アウグスティヌス『告白』下巻11章(時間論の章)感想

投稿日:

 
タイトル:アウグスティヌス告白 (下) (岩波文庫)

あらすじ:マニ教からの脱却、キリスト教への改宗までのみちのり(おもに上巻)、
神の存在証明、天地創造以前に神は何をしておられたかなど(おもに下巻)
哲学的神学的なことが書いてある本。

アウグスティヌス『告白』下巻を読んでいます。
 
読んでいるのは11章だけ。
11章にはアウグスティヌスが聖書解釈からみた
時間論を展開しています。

神は世界を作る以前、何をしていたのか

という壮大な題から、掘り下げていくので
難しくって、何度もページをさかのぼって
疑問符浮かぶことの連続を繰り返しながら
とりあえず、11章の文章だけでも
暗記するつもりで、
アウグスティヌスの時間論、入学しました。

過去 現在 未来について
彼が考える3つの時間は
現在の過去
現在の現在
現在の未来

というかんじで・・・
なるほど!うん、でも難しくって断片的にしかわからない!と
今はこのくらいの感想しかかけない感じです・・・

-キリスト教史, 西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ルソー『エミール 第一編』を読みました!

教育思想史のレポートを書こうと、エミールを読みました。エミール、家にあるのを読んでみたのですが、この本の発行が昭和33年・・・・わたしの親が生まれた年のものです・・ルソーじゃなくって「ルソオ」で、エミ …

no image

プレハーノフ『歴史における個人の役割について』という古めかしい本読んだ

ヘーゲルの「あらゆる有限なものには偶然的な要素がある」との考えを否定し、 プレハーノフは社会主義者目線で、歴史における個人の役割について考えました。 社会関係、生産関係から歴史が動くと考えたプレハーノ …

no image

歴史哲学のレポートあげてみる②ヘーゲルとプレハーノフの歴史哲学

前回に続き、大学時代に書いた歴史哲学のレポートです。 レポート課題はわすれました。ヘーゲルとプレハーノフを読んで云々だとおもいます 今回はプレハーノフから。プレハーノフはどこにもうってなくって、手に入 …

no image

『聖書の読み方』読みました

) 『ヘブライズム』な倫理学のレポート作成のあいまに気になる本があったので、読みました 『聖書の読み方 (岩波新書』という本です。 旧約聖書はともかく、新約聖書は、ホテルの客室においてあったり、クリス …

no image

『聖書入門』でイエスキリスト磔刑の意味を知る・・・・

タイトル:聖書入門 (岩波新書)内容:紀元前から連綿と続くヘブライズムの源流からたどってきた歴史がわかりやすく説明されている本。ヤハウェ中心の旧約から、視点がキリストに移り・・・ 倫理学のレポートに参 …