文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

シュベグラー『西洋哲学史上巻』アリストテレスの部分・・・感想

投稿日:


タイトル:西洋哲学史 (上巻) (岩波文庫 (33-636-1))

内容:西洋哲学史を時代別に解説。プラトン・アリストテレスあたりが比較的細かく説明。

シュベグラーの西洋哲学史上巻をちょいとランチ時に読んでいました。

西洋哲学史の流れがわかるコチラの本ですが、

なぜかアウグスティヌスが名前程度に省かれています。


今回読んだのは、アリストテレスの数行です。
アリストテレスの自然哲学?の分野の説明が興味深かった・・・

月の下に存在するすべてのものは
人間男性が理想の形としてできているみたいなページがありました。
古代ギリシアは男性社会ですものね。それにしてもすごい。。

人間男性でも、父親に似ていない男はちょいと出来損ない。

人間の女は出来損ないの畸形

さらに出来損ないになると動物に生まれる~

みたいな文。アリストテレスさん、、、、、

。。。。。解釈間違ってたらすみません。

多分関係ないと思うけど、

教え子のアレクサンドロス大王がガチホモなのは
これらの思想のせいかしら?とか思ったり。

ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ルソー『エミール 第一編』を読みました!

教育思想史のレポートを書こうと、エミールを読みました。エミール、家にあるのを読んでみたのですが、この本の発行が昭和33年・・・・わたしの親が生まれた年のものです・・ルソーじゃなくって「ルソオ」で、エミ …

no image

『省察』 難航する神の存在証明のレポートww

省察のレポート、神の存在証明をやろうとおもいますが、同じ筑摩の『省察』でも文庫と全集はぜんぜん違っていてびっくりました。 最初筑摩の全集 デカルトパスカルのなかにはいっている省察を読んだのですが、西洋 …

no image

歴史哲学のレポートあげてみる②ヘーゲルとプレハーノフの歴史哲学

前回に続き、大学時代に書いた歴史哲学のレポートです。 レポート課題はわすれました。ヘーゲルとプレハーノフを読んで云々だとおもいます 今回はプレハーノフから。プレハーノフはどこにもうってなくって、手に入 …

no image

アウグスティヌス 告白(下)

  上巻が自叙伝的なのに対し、 下巻は哲学的、神学的記述が多く、好き嫌いが分かれるかもしれません。   私は断然下巻派です。 下巻、私がすごく印象に残ったのは 彼が多角的視点から行 …

no image

プレハーノフ『歴史における個人の役割について』という古めかしい本読んだ

ヘーゲルの「あらゆる有限なものには偶然的な要素がある」との考えを否定し、 プレハーノフは社会主義者目線で、歴史における個人の役割について考えました。 社会関係、生産関係から歴史が動くと考えたプレハーノ …