文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

シュベグラー『西洋哲学史上巻』アリストテレスの部分・・・感想

投稿日:


タイトル:西洋哲学史 (上巻) (岩波文庫 (33-636-1))

内容:西洋哲学史を時代別に解説。プラトン・アリストテレスあたりが比較的細かく説明。

シュベグラーの西洋哲学史上巻をちょいとランチ時に読んでいました。

西洋哲学史の流れがわかるコチラの本ですが、

なぜかアウグスティヌスが名前程度に省かれています。


今回読んだのは、アリストテレスの数行です。
アリストテレスの自然哲学?の分野の説明が興味深かった・・・

月の下に存在するすべてのものは
人間男性が理想の形としてできているみたいなページがありました。
古代ギリシアは男性社会ですものね。それにしてもすごい。。

人間男性でも、父親に似ていない男はちょいと出来損ない。

人間の女は出来損ないの畸形

さらに出来損ないになると動物に生まれる~

みたいな文。アリストテレスさん、、、、、

。。。。。解釈間違ってたらすみません。

多分関係ないと思うけど、

教え子のアレクサンドロス大王がガチホモなのは
これらの思想のせいかしら?とか思ったり。

ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

今日もデカルト『情念論 (岩波文庫)』を読み進めるけど・・・・

昨日からデカルトの「情念論 (岩波文庫) 」をよんでます。  デカルトの情念論、今日も読み進めますが、さっぱりわからなくなってきました。動物精気の説明の後に、動物精気と神経とがどのようにして運動やかん …

no image

今日もデカルト『情念論』のつづき

  おとといからデカルトの「情念論 (岩波文庫) 」をよんでます。 動物精気の登場によってさっぱりわからなくなったデカルトの『情念論』レポート書けるか か な り ふあんですが、懲りずに読み …

no image

歴史哲学のレポートあげてみる①。ヘーゲルとかプレハーノフが題材のやつ

歴史哲学のレポートを見つけたので上げてみたいと思います。 なんの題材かわすれたけど、ヘーゲルとプレハーノフのことがかかれてました。 とりあえずヘーゲルのほうからあっぷしたいとおもいます ヘーゲルは歴史 …

no image

『プリンキアを読む』という本を読みました。

プリンキアとは、ニュートンの著書。 物体が何も存在しない空虚な空間(真空)が存在するか否かは古代ギリシア以来、論争の対象になっていました。 アリストテレスは 真空というものの存在を否定しましたが、一方 …

no image

科学哲学のレポート2アウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違い

科学哲学のレポートその2です。 課題タイトルはアウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違いです。 今回はアウグスティヌスの時間論に関して。アウグス ティヌス 告白 (下) (岩波文庫 青 …