文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

イスラーム 東洋文学

陳 舜臣訳『ルバイヤート』 感想

投稿日:

 

タイトル:ルバイヤート オマル・ハイヤーム  
あらすじ:四行詩でつづられたペルシア文学の最高傑作。
人生を刹那的に考え、今を楽しもう、酒ヤッホー!という感じのストーリー

オマルハイヤーム著『ルバイヤード』を読んでみました。

ルバイヤートといえば、世界史の受験勉強でも出てくる
イスラーム世界を代表する文学です。

読んでみると、『詩』でした。

それにしても、こちらの詩、崇高さをひしひしとかんじます。
そして、酒好きを感じる・・・むーん。。。

一番ググッときたのが、その死生観です。

昨日われ市場に陶工を見たり
かれ新土の塊を荒々しげに蹴りたれば
その土おのれの言葉もてつぶやきぬ
われかつては汝と同じかりき 請う心せよと

イスラムの死生観とはまたちがったルバイヤードの詩に
はっとしてしまいました。
死んだら土にかえる。ただそれだけとは説明できない。

この章を読んでいるとき、
窓際にあるバジルの鉢の土を見つめてしまいました。

この土はかつて誰かの身であったのかもしれない。

そして、私も、未来に、誰かのバジルの鉢の土になるかもしれない。
そうかんがえながら
読了。

*****
私が読んだルバイヤートの訳は

岩波文庫で出ている小川 亮作先生の訳のほうじゃなく

日本生まれの台湾人作家「陳 舜臣先生」のほうをよみました。
本文もさることながら、まえがきを読んでから本文を読むと
いろいろ考えてしまいます。
陳 舜臣先生が翻訳をしていたのが太平洋戦争時
防空壕に避難する際も、翻訳途中のルバイヤートを持って
隠れたというエピソードもあり。

作家だから?ルバイヤード本体のせい?流れるような文章が
心地よい詩でした。

今度は小川先生のと比べて読んでみたい

ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-イスラーム, 東洋文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『シリア アサド政権の40年史』読み始めました。

  『職業としての政治』と現代社会うんぬんというレポート課題で「現代社会」部分をどうしようかまよってます。職業としての政治というタイトルなので、現代社会の政治~あたりをレポートに書けばいいの …

no image

アラブ史教科書・・・

中学生でもわかるアラブ史教科書 価格:1,000円(2012/4/18 13:35時点)感想(4件) 最近、イスラーム関係のレポートを書くために中東関連の書物を読んでいます。 実はこちらはちょっと読み …

no image

『シリア アサド政権の40年史』その1、今中東がどういう状況なのか

『シリア アサド政権の40年史』昼休みに30ページくらい読みましたー。歴史学者の本と比べると、臨場感あるし、回りくどい単語使わないので、すごく読みやすい本です。 今、アラブで起こっている 革命?混乱? …

no image

『イスラームとコーラン』 (講談社学術文庫) 感想

 タイトル:イスラームとコーラン (講談社学術文庫) 容:イスラームについて、コーランについての説明が多角的、わかりやすく書かれている本です。 最近イスラーム関連の本ばかり読んでいるので、ア …

no image

『シリア アサド政権の40年史』その2 シリア内乱のはじまり について

シリアの内乱について、アルジャジーラや欧米のメディアの報道を書き写しただけみたいな日本の新聞の情報がお茶の間に 事実真実のように伝わっちゃってますが、 こちらの本は、この内乱が終わって、情報操作の内部 …