文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

イスラーム 東洋文学

陳 舜臣訳『ルバイヤート』 感想

投稿日:

 

タイトル:ルバイヤート オマル・ハイヤーム  
あらすじ:四行詩でつづられたペルシア文学の最高傑作。
人生を刹那的に考え、今を楽しもう、酒ヤッホー!という感じのストーリー

オマルハイヤーム著『ルバイヤード』を読んでみました。

ルバイヤートといえば、世界史の受験勉強でも出てくる
イスラーム世界を代表する文学です。

読んでみると、『詩』でした。

それにしても、こちらの詩、崇高さをひしひしとかんじます。
そして、酒好きを感じる・・・むーん。。。

一番ググッときたのが、その死生観です。

昨日われ市場に陶工を見たり
かれ新土の塊を荒々しげに蹴りたれば
その土おのれの言葉もてつぶやきぬ
われかつては汝と同じかりき 請う心せよと

イスラムの死生観とはまたちがったルバイヤードの詩に
はっとしてしまいました。
死んだら土にかえる。ただそれだけとは説明できない。

この章を読んでいるとき、
窓際にあるバジルの鉢の土を見つめてしまいました。

この土はかつて誰かの身であったのかもしれない。

そして、私も、未来に、誰かのバジルの鉢の土になるかもしれない。
そうかんがえながら
読了。

*****
私が読んだルバイヤートの訳は

岩波文庫で出ている小川 亮作先生の訳のほうじゃなく

日本生まれの台湾人作家「陳 舜臣先生」のほうをよみました。
本文もさることながら、まえがきを読んでから本文を読むと
いろいろ考えてしまいます。
陳 舜臣先生が翻訳をしていたのが太平洋戦争時
防空壕に避難する際も、翻訳途中のルバイヤートを持って
隠れたというエピソードもあり。

作家だから?ルバイヤード本体のせい?流れるような文章が
心地よい詩でした。

今度は小川先生のと比べて読んでみたい

ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-イスラーム, 東洋文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アサド政権下のシリアのこと。

私の持っている地球の歩き方のタイトルは「ヨルダン シリア レバノン」ですが、最新号はシリアとレバノンが小文字になっています。先日、シリア大使が国外退去になりましたので、「シリア」は来年から、しばらく無 …

no image

アラブ史教科書・・・

中学生でもわかるアラブ史教科書 価格:1,000円(2012/4/18 13:35時点)感想(4件) 最近、イスラーム関係のレポートを書くために中東関連の書物を読んでいます。 実はこちらはちょっと読み …

no image

井筒 俊彦 『イスラーム文化-その根柢にあるもの』感想ふたたび

井筒先生のイスラーム文化を再び読んでいます。今回のレポートのキーになる内容が沢山書かれているので熟読。 井筒 俊彦 『イスラーム文化-その根柢にあるもの』岩波文庫で出ています。井筒 俊彦さんといえば、 …

no image

マイケルクック「一冊でわかるコーラン」感想

ほんのタイトルが大きく「コーラン」と書かれていたので、コーランの日本語訳が読めるとおもいよんでみました。 【送料無料】 コーラン 1冊でわかる / マイケル・クック 【全集・双書】 価格:1,575円 …

no image

余部福三 『イスラーム全史』感想

【送料無料】 イスラーム全史 / 余部福三 【単行本】 価格:3,675円(2012/4/20 13:23時点)感想(0件) 昨日の昼から今日にかけて イスラーム全史という本を読んでいます。 この本、 …