文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

アイルランドの詩人 イェイツの世界

投稿日:

 
文学科のカテゴリーがイマイチわからないのですが、

英語圏のアイルランド文学は「英米文学」になるのでしょうか。

アイルランドもすばらしい作品が沢山ありますよね。

以前、アイルランドに上陸した際、

ダブリンコネリー駅から列車3時間以上かけて
左はしにある「スライゴ」という街に行きました。

世界的に有名な!というところではありませんが

スライゴはイェーツゆかりの地というだけで、訪れる理由にはじゅうぶんでした。

イェーツの詩が好きです。ワーズワースよりも好き。

イェーツの詩は、なんというか。。。

アイルランドの情景が浮かんでくるような

透明感がある。

列車の車窓から見た

荒野を駆ける野生の獣や

ヒースの岡や

どんよりくすんだ空の色

岩でごつごつした大地

イリアンパイプの音色が聞こえてきそうな悲しく、
宗教的で、幻想的な詩

一句一句にアイルランドを思い出します。

 

そんなイェーツですが、

去年も今年も東大のミュージアム?で企画展を開催しているんですよね。

たしか、ダブリンの中心にあるでっかい大学・・トリニティカレッジと

東大が提携している?みたいで、

どんな企画展なのかわからないけど、

今度行ってみようと思います。

合わせて、今週末?たしか、こんしゅうまつ。

講演会があるみたいです。

気になる方は

東大のホームページで調べてみてください・

 

 

 

 

 

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

シャーロット・ブロンテ『ジェーン・エア』感想

【中古】 ジェイン・エア 上巻 (岩波文庫 赤 232-1) 価格:200円(2012/4/18 13:03時点)感想(0件) 今日は英文学を楽しみました。何度読んでも味があるシャーロット・ブロンテの …

no image

アンブローズピアス著『悪魔の辞典』でユーモアを鍛える

アンブローズピアス著新編 悪魔の辞典 (岩波文庫) がおもしろいです。辞典とついているだけあって、詩でも、小説でもありません辞典。しかし、ただの英英、英和辞書などではありません。 対象物を皮肉タップリ …

no image

近世英文学史の教科書開いてみた。

まだ途中までですが、面白いですね~!イギリス大好きなのでワクワクします。 文学系はいままでレポート書いたことがないので、どのように書けばいいのかまよいますが、面白い科目なので、楽しんでかけそうです。 …

no image

ジョージオーウェル『象を撃つ―オーウェル評論集』を読みはじめ

英語3のテキストにも載っているジョージオーウェルの『象を撃つ―オーウェル評論集』を読み始めました。こちらには、一冊に、複数の短編が入っている本です。象の撃つは2番目のお話。ビルマに駐在している英国人保 …

no image

オリヴァツウィスト下巻 感想~

きのうは オリヴァツウィストの続きをいっき読みしました! 何度読んでもディケンズいいなぁとおもいながら あっという間の幸せタイム終了。 前半は八方塞がりの悲劇のオンパレードといったかんじですが、 弱き …