アイルランドの詩人 イェイツの世界

2012年5月15日

 
文学科のカテゴリーがイマイチわからないのですが、

英語圏のアイルランド文学は「英米文学」になるのでしょうか。

アイルランドもすばらしい作品が沢山ありますよね。

以前、アイルランドに上陸した際、

ダブリンコネリー駅から列車3時間以上かけて
左はしにある「スライゴ」という街に行きました。

世界的に有名な!というところではありませんが

スライゴはイェーツゆかりの地というだけで、訪れる理由にはじゅうぶんでした。

イェーツの詩が好きです。ワーズワースよりも好き。

イェーツの詩は、なんというか。。。

アイルランドの情景が浮かんでくるような

透明感がある。

列車の車窓から見た

荒野を駆ける野生の獣や

ヒースの岡や

どんよりくすんだ空の色

岩でごつごつした大地

イリアンパイプの音色が聞こえてきそうな悲しく、
宗教的で、幻想的な詩

一句一句にアイルランドを思い出します。

 

そんなイェーツですが、

去年も今年も東大のミュージアム?で企画展を開催しているんですよね。

たしか、ダブリンの中心にあるでっかい大学・・トリニティカレッジと

東大が提携している?みたいで、

どんな企画展なのかわからないけど、

今度行ってみようと思います。

合わせて、今週末?たしか、こんしゅうまつ。

講演会があるみたいです。

気になる方は

東大のホームページで調べてみてください・

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA