文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

アメリカの歴史教科書 感想

投稿日:


 アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書をよみました

日本の歴史教科書・・・・年号並べ立てた教科書
イギリスの歴史教科書・・・・家系図ばっかりの教科書
韓国の歴史教科書・・・ファンタジーという噂の教科書

同じ「歴史」の分野でも、国によって、そのあり方が異なっていて
比較するのも面白いです。

アメリカの教科書なんて、特に!!
ドラマチックなアメリカの歴史教科書。
時々ヒーローっぽいセリフつきの教科書です。
最初の頃、Britainを「The Parent」って比喩表現持ちいて
書いている教科書ですが、

独立戦争は、単なる戦争ではなく、
あたかも親離れするように「決別の時!」と離別するシーンがかかれています。

この教科書でショッキングだったのは
WW2の表記です。

WW2をアメリカ側から見ると
こうなんだぁ・・・・としみじみ感じた教科書でした。

ところで、韓国の教科書がファンタジーという噂がありますが、
イチ歴史家として、
ソレが本当なのか、それとも大げさなのか
日本語訳があったら
読んでみたいですね。。。

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

映画『ジェーンエア』6/2ロードショー!!

明日からシャーロットブロンテ『ジェーンエア』の映画上映がはじまります。 原作が好きなので、見に行こうとおもいますが、 予告版を見ると、ジェーンがブスじゃないですね。。 英文学史初 ブスの女が主人公の小 …

no image

アイルランドの詩人 イェイツの世界

 文学科のカテゴリーがイマイチわからないのですが、 英語圏のアイルランド文学は「英米文学」になるのでしょうか。 アイルランドもすばらしい作品が沢山ありますよね。 以前、アイルランドに上陸した …

no image

人生を考えさせられる ディケンズ『クリスマスキャロル』感想

****なんか、読書感想文をここから引用する人がいるみたいなのであらすじについては消しました夏休み終わったら復活させますww クリスマスキャロル(クリスマスカロル)はいろんな出版社から日本語訳出ていま …

no image

黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 )感想

  黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 赤 306-1)読みました。文庫に7編の短編が入っています。 エドガー アラン ポーといえば、作品より彼の生きた人生のほうが気にな …

no image

子どもの誕生日にピーターラビットセットをプレゼント

  私の兄弟は、一人だけ結婚していて、子どもが一人。 こういうシチュエーションに置かれた子どもは誕生日になるといろんな人から誕生日プレゼントがもらえます。 私も弟と合同出費で絵本をプレゼント …