文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

日曜日は、『科学哲学入門―知の形而上学』という本を読みました・・・

投稿日:

アウグスティヌスの時間論レポ書くときにもお世話になった中山先生の著書です。
科学哲学入門―知の形而上学

コチラの本、昔読んだ気がしますが、さっぱりでした。
でも、今回は違った!!

土曜の夜に図書館でかりてきたのですが最高のチョイスでした。
とくに『科学革命の構造』の中でパラダイム論を展開したクーンについて書かれていた章が興味深い !!

「科学は通常科学と科学革命という相反する科学者集団の活動を通じて発展していく。
このように通常科学と科学革命は相補うものである。」とクーンさんは考えていました。

ここでいう通常科学とは、科学者集団のパラダイムという概念をもとにした研究の事で
通常科学による研究が行き詰るとそれまでのパラダイムにしたがって説明できないことが多く発生し、
危機がうまれる。

このような危機が新しいパラダイムの提案とそれにそった研究活動を準備する。
そして、古いパラダイムが新しいパラダイムにとって変わることにより科学革命が完成する。
このあと新しいパラダイムにしたがった通常科学の研究が始まる。

 
通常科学→危機→革命→通常科学

こんな感じの流れがテキストに書いてありましたが、さっぱりでした。
テキストに書いてる科学革命・・・p156のあたり、あれ、さっぱりなんですけどww

でも、中山先生のお話がわかりやすくって理解できました。

科学革命のあと、通常科学にもどりますが、
新しいパラダイムにしたがった研究で持論を組み替える必要があることから
革命なんか体験しちゃうと科学者の世界観もおおいにかわっちゃうんでしょうね・・・。

パラダイム論
通常科学
科学革命
クーン それぞれわかりやすい説明に(中山先生 神!!!!)
と心の中で叫んだ日曜のお昼時でした

   

ランキング参加しています
応援お願いします。
↓↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『90分でわかるデカルト』読んで親近感わいた。

ぎっくり腰になる直前に、取り組み始めたのが「西洋哲学史Ⅱ」でした。 選択できるレポート内容で、消去法でデカルトを選びました。 選んだといっても、デカルトって  ラテン語の試験で2回も出てきた「Cog …

no image

『プリンキアを読む』という本を読みました。

プリンキアとは、ニュートンの著書。 物体が何も存在しない空虚な空間(真空)が存在するか否かは古代ギリシア以来、論争の対象になっていました。 アリストテレスは 真空というものの存在を否定しましたが、一方 …

no image

ウェーバー『職業における政治』視点からみるメディアの在り方について

参考文献一覧がなかったので、書きかけかもしれないwww 〈序〉  ウェーバー著『職業における政治』によると、せまい意味での政治とは、政治団体(国家)の指導であり、その指導に影響を与えようとする行為であ …

no image

歴史哲学のレポートあげてみる①。ヘーゲルとかプレハーノフが題材のやつ

歴史哲学のレポートを見つけたので上げてみたいと思います。 なんの題材かわすれたけど、ヘーゲルとプレハーノフのことがかかれてました。 とりあえずヘーゲルのほうからあっぷしたいとおもいます ヘーゲルは歴史 …

no image

今日もデカルト『情念論』のつづき

  おとといからデカルトの「情念論 (岩波文庫) 」をよんでます。 動物精気の登場によってさっぱりわからなくなったデカルトの『情念論』レポート書けるか か な り ふあんですが、懲りずに読み …