文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

旅行 英米文学

『イギリス文学散歩』でイギリス文豪ゆかりの地に思いをはせて

投稿日:


イギリス文学散歩という、
ガイドブックのような、写真集のような本をよんでみました。

この本では、英文学を代表する文豪が
大作を書き上げた場所であったり、晩年を過ごした場所であったりする場所を
美しい写真とともに紹介しています。

ワーズワスやベアトリクスポッター女史が住んでいた
イングランド北部のレイクディストリクト

エディンバラにあるスコット家の、みごとなまでの本棚
ルイスキャロルゆかりの村にある教会の、アリスインワンダーランド仕様なステンドグラスなど、
知らなかったイギリスの観光地がちらほら!

ああ~イギリスに行きたいなぁと、ぼーーと読みふけってしまいました。

オースティン、チョーサーめぐりなどしてみたいものですが、
この本で、一番気になったのはミルトンの家です。
ミルトンが『失楽園』を完成させた家が、「ミルトンコテージ」として今でもみることができるんだそうで。
しらなかった~~!!!
ミルトンといえば、ピューリタン文学最高峰ですが、
ここでのピューリタンの説明に「おお!!ピューリタンとはそういう意味だったんだ!!」と
ひとつ知識をお持ち帰り。
p42「清教徒たちは、腐敗している英国国教会に対し、
聖書に従うことによってピューリファイ(浄化)することを求めた

ピューリタンの単語ってそこから来ているんだ・・・・

この本では、ロチェスタのディケンズ邸も載っていました、
エピソードが彼らしくって、またしても好感度UP。

家族みんな債務者監獄に入れられたほど、貧乏なディケンズの子ども時代。

小さいころ、散歩中に通りかかった立派な家を眺めながら、お父さんが
こういう家に住む大人になるんだぞ」みたいなことをいったそうな。
そして、小説家として、名をはせたディケンズは、本当に
その家を買い取り、「こういう家に住む大人」になった・・・

-旅行, 英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『地球の歩き方中央アジア サマルカンドとシルクロードの国々』

本:D15 地球の歩き方 中央アジア サマルカンドとシルクロードの国々 2011~2012 内容:中央アジアの旅行ガイドブック 先週イスラームばかり調べていたので、サマルカンド行きたくなる病 …

no image

近世英文学史の教科書開いてみた。

まだ途中までですが、面白いですね~!イギリス大好きなのでワクワクします。 文学系はいままでレポート書いたことがないので、どのように書けばいいのかまよいますが、面白い科目なので、楽しんでかけそうです。 …

no image

アメリカの歴史教科書 感想

 アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書をよみました 日本の歴史教科書・・・・年号並べ立てた教科書イギリスの歴史教科書・・・・家系図ばっかりの教科書韓国の歴史教科書・・・ファンタジーという噂の教科 …

no image

ディケンズ『リトル・ドリット』感想その2

リトルドリット、まだまだ読み途中です。 まだ、話のオチがぜんぜん読めなくって、むずむずしています。 リトルドリットというタイトルですが、 どうやらアーサークレナム氏が話の中心となっているようです。リト …

no image

子どもの誕生日にピーターラビットセットをプレゼント

  私の兄弟は、一人だけ結婚していて、子どもが一人。 こういうシチュエーションに置かれた子どもは誕生日になるといろんな人から誕生日プレゼントがもらえます。 私も弟と合同出費で絵本をプレゼント …