文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 )感想

投稿日:

  
黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 赤 306-1)
読みました。文庫に7編の短編が入っています。

エドガー アラン ポーといえば、
作品より彼の生きた人生のほうが気になりますが・・・・

初めて彼の作品を読んでみました。
正直言うと。猫というタイトルにつられて買いました。
猫大好きなので。

しかし、猫好きには絶対お勧めしない。
猫の虐待シーンが多々ありますし、
「推理小説の父」と呼ばれるポーの作品だけあって、
殺しのシーンもあります。猫好きには気持ち悪くて仕方ないストーリーです。

頭おかしくなるような心理表現が結構耐えがたいけど、
後世に残る小説と言うのは精神を喰らわせて書いたような、
彼の魂(狂気?)を感じる作品でした。

すきか、きらいかといわれれば
大がつくくらい嫌いな本でした。。。。
推理小説が嫌いだから という理由からかもしれませんが、
読んだ後に気分が重くなります。

大学生や中高年ならともかく
多感なお年頃の中学生とか高校生などには
読ませたくない本です。
文学研究の対象としては、奥深そうですが・・・。

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『ハックルベリーフィンの冒険』感想1

タイトル:ハックルベリー・フィンの冒険〈上〉 (岩波文庫) 内容: 前作でトムとハックがひょんなことから大金をゲットする。 それほしさに、親権を主張するアルコール依存症の父。父親の暴力に耐えかねて逃げ …

no image

トマスモア『ユートピア』感想

タイトル:ユートピア (岩波文庫)  内容:イギリスの人文主義者トマスモアによる書物。空想の国ユートピアを語りつつ、イギリス国内の政治などに対する悪口ぶつぶつ書いた本(?) トマスモアのユー …

no image

アンブローズピアス著『悪魔の辞典』でユーモアを鍛える

アンブローズピアス著新編 悪魔の辞典 (岩波文庫) がおもしろいです。辞典とついているだけあって、詩でも、小説でもありません辞典。しかし、ただの英英、英和辞書などではありません。 対象物を皮肉タップリ …

no image

ハリーポッターの映画に隠された(?)マクベスのワンシーン

ハリーポッターが好きです。 英会話や長文読解の勉強の多くはハリーポッターの原書購読と、映画で習得しました。映画はDVDの設定を英語字幕/英語音声にすると、とすんなり頭に入ります。 ハリーポッターの映画 …

no image

【本】世界でいちばん面白い英米文学講義 (感想 Jオースティン)

  タイトル:世界でいちばん面白い英米文学講義―巨匠たちの知られざる人生感想その1の続きです。シェイクスピアのあとには大好きなジェーンオースティンの章。彼女の小説・・・ジェーンオースティンで …