文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 )感想

投稿日:

  
黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 赤 306-1)
読みました。文庫に7編の短編が入っています。

エドガー アラン ポーといえば、
作品より彼の生きた人生のほうが気になりますが・・・・

初めて彼の作品を読んでみました。
正直言うと。猫というタイトルにつられて買いました。
猫大好きなので。

しかし、猫好きには絶対お勧めしない。
猫の虐待シーンが多々ありますし、
「推理小説の父」と呼ばれるポーの作品だけあって、
殺しのシーンもあります。猫好きには気持ち悪くて仕方ないストーリーです。

頭おかしくなるような心理表現が結構耐えがたいけど、
後世に残る小説と言うのは精神を喰らわせて書いたような、
彼の魂(狂気?)を感じる作品でした。

すきか、きらいかといわれれば
大がつくくらい嫌いな本でした。。。。
推理小説が嫌いだから という理由からかもしれませんが、
読んだ後に気分が重くなります。

大学生や中高年ならともかく
多感なお年頃の中学生とか高校生などには
読ませたくない本です。
文学研究の対象としては、奥深そうですが・・・。

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

シャーロット・ブロンテ『ジェーン・エア』感想

【中古】 ジェイン・エア 上巻 (岩波文庫 赤 232-1) 価格:200円(2012/4/18 13:03時点)感想(0件) 今日は英文学を楽しみました。何度読んでも味があるシャーロット・ブロンテの …

no image

『ハックルベリーフィンの冒険』感想1

タイトル:ハックルベリー・フィンの冒険〈上〉 (岩波文庫) 内容: 前作でトムとハックがひょんなことから大金をゲットする。 それほしさに、親権を主張するアルコール依存症の父。父親の暴力に耐えかねて逃げ …

no image

TSエリオット『キャッツ―ポッサムおじさんの猫とつき合う法』感想

作品名:キャッツ―ポッサムおじさんの猫とつき合う法 (ちくま文庫) 内容:詩人エリオットの、ねこばっかりの短編集。気まぐれネコ、きれい好きなおばあさんネコ、政治大好きお金持ちなネコみんなに大切にされる …

no image

『ピクウィックペーパーズ』日本語訳を入手しました!!

  先週末は古本の街 神保町をウロウロいたしまして、歩数計が4万歩こえるほど歩き回りました。 いろいろな本を発掘したのですが、その中のひとつ、、、捜し求めていたディケンズの「ピクウィックペー …

no image

アイルランドの詩人 イェイツの世界

 文学科のカテゴリーがイマイチわからないのですが、 英語圏のアイルランド文学は「英米文学」になるのでしょうか。 アイルランドもすばらしい作品が沢山ありますよね。 以前、アイルランドに上陸した …