文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

科学哲学レポ作成中。 土日読んだ本一覧~

投稿日:

土曜日のAMは、慶友会前に三田キャンパスのメディアセンターで勉強
日曜日は神田祭でわく母校の図書館で勉強していました。

科学哲学のレポートを書くために読んだ本は
こちら

↓↓↓

プリンキピアを読む―ニュートンはいかにして「万有引力」を証明したのか? (ブルーバックス)
ゼロから学ぶエントロピー (ゼロから学ぶシリーズ)
時間の科学 (NEW SCIENCE AGE)
時間論の構築
科学哲学 (〈1冊でわかる〉シリーズ)
知識ゼロからの哲学入門

感想は後ほど。
感想かけるほど熟読しなかったものだけ、ここでご紹介(笑)

1、ゼロから学ぶエントロピー (ゼロから学ぶシリーズ)
うん・・・ゼロから学ぶつもりで開いてみましたが、
私にはちんぷんかんぷんでした。
語り口はフラットなのですが、
物理学の数式での説明が多く、
物理学をやったことのない私には難しすぎでした。

まえがきにあった「散らかっている部屋のエントロピーは大きい」という表現は、わかりやすかった。。まさに うちの部屋のことですね(笑)


2.知識ゼロからの哲学入門
この本は面白かったです。
特に挿絵が。
レポート書く際に出てくる人物の概要をつかむために見たのですが、
彼らの考えよりも、挿絵とエピソードに釘付け。
アウグスティヌスって、そんなキャラでいいんかい?と気になりましたが、
トマスアクィナスが 神学の道へ進むの良しとしない親に監禁されて、半裸?の女を投入された事件が笑った。。。

科学哲学に関しては、
母校の図書館も、区立図書館も
ラインナップは大きな違いがありませんでした。

アウグスティヌスは哲学の棚から
科学の時間論に関しては 自然科学、物理学にあって、

一冊でアウグスティヌスから相対性理論までカバーしている本というのが
少なかったです。
去年、どの本読んでも なに言っているんだかわからないことだらけでしたが、
今年は、そんな本がちょっとわかるようになってきた気がします。
特に、時間論の構築 という本は、面白かった・・・。

ランキング参加しています
応援お願いします。
↓↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

5/13現在、科学哲学レポ3200文字くらい。

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

またまたアウグスティヌス3連

   先週末から ドキッ!アウグスティヌスだらけの哲学史大会っ!って感じです(意味不明)もう、おなか一杯で、秋までアウグスティヌスを見たくありません(笑)  西洋哲学史Ⅰのレポ書く …

no image

アウグスティヌス 告白(下)

  上巻が自叙伝的なのに対し、 下巻は哲学的、神学的記述が多く、好き嫌いが分かれるかもしれません。   私は断然下巻派です。 下巻、私がすごく印象に残ったのは 彼が多角的視点から行 …

no image

プレハーノフ『歴史における個人の役割について』という古めかしい本読んだ

ヘーゲルの「あらゆる有限なものには偶然的な要素がある」との考えを否定し、 プレハーノフは社会主義者目線で、歴史における個人の役割について考えました。 社会関係、生産関係から歴史が動くと考えたプレハーノ …

no image

『90分でわかるデカルト』読んで親近感わいた。

ぎっくり腰になる直前に、取り組み始めたのが「西洋哲学史Ⅱ」でした。 選択できるレポート内容で、消去法でデカルトを選びました。 選んだといっても、デカルトって  ラテン語の試験で2回も出てきた「Cog …

no image

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか れぽーとその2

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか というタイトルのレポートの続きになります。 2、明晰判明な観念からの神の存在証明 3つの命題にて知りえたものは「わたし」の存在 …