文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

オリヴァツウィスト下巻 感想~

投稿日:


きのうは オリヴァツウィストの続きをいっき読みしました!

何度読んでもディケンズいいなぁとおもいながら

あっという間の幸せタイム終了。


前半は八方塞がりの悲劇のオンパレードといったかんじですが、

弱きもののみかたディケンズ、早速彼らしい逆転劇が下巻で始まります。

横柄な役人パンブル氏から

強欲なフェイギン

強盗サイクス

葬儀屋でオリヴァをいじめたノアまで

次々と転落していく悪者たち。


最後はあらよっ!というかんじで、

こじつけこじつけ、昼ドラのような複雑な相関関係で

キャラクターたちをくっつけて

足早に終わった感がありますが、

すっきりしたエンディングで、お気に入りの作品のひとつです。


ただ、ナィシィをもっと幸せに導いてくれれば

よかったのになぁ・・・とちょっともやもや。

オリヴァツゥイスト、たしか何年か前に映画化されていたんですよね。
実写化されたハリィとか、ブラウンロウ氏を
みてみたい(*^。^*)

 

 

 

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アンブローズピアス著『悪魔の辞典』でユーモアを鍛える

アンブローズピアス著新編 悪魔の辞典 (岩波文庫) がおもしろいです。辞典とついているだけあって、詩でも、小説でもありません辞典。しかし、ただの英英、英和辞書などではありません。 対象物を皮肉タップリ …

no image

ジェーンオースティン『エマ』映画版感想

『傲慢と偏見』と並ぶオースティンの傑作『エマ』の映画盤を先週末見ました。 オースティンの作品は今読んでも古臭くなく、ひとつの空間で繰り広げられる人間模様がひきつけられるんです。だからやめられない。 原 …

no image

『ハリーポッターと賢者の石』 感想

 タイトル:ハリー・ポッターと賢者の石 (1) あらすじ主人公であるハリーポッターは、幼いころ両親をなくし、親戚の家で肩身の狭い暮らしを強いられていた。ある日やってきた、ホグワーツの番人ハグ …

no image

ディケンズ『リトルドリット』 感想5 終わり

一週間ほどリトルドリットに夢中で、勉強をおろそかにしておりました。リトルドリット、ようやく読み終わりましたが、最後がちょっとどたばたすぎて、!?!?!?の連続でした。 まず、リゴーがあっけなさすぎる。 …

no image

ディケンズ『リトル ドリット』感想その3

タイトル:リトル ドリット(日本語版は絶版のためamazonでは売っていません・・・)内容:債権者監獄で20年以上生活していたドリット家が、ひょんなことからすごく遠縁(?)の遺産を相続し、貧しい生活か …