文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

オリヴァツウィスト下巻 感想~

投稿日:


きのうは オリヴァツウィストの続きをいっき読みしました!

何度読んでもディケンズいいなぁとおもいながら

あっという間の幸せタイム終了。


前半は八方塞がりの悲劇のオンパレードといったかんじですが、

弱きもののみかたディケンズ、早速彼らしい逆転劇が下巻で始まります。

横柄な役人パンブル氏から

強欲なフェイギン

強盗サイクス

葬儀屋でオリヴァをいじめたノアまで

次々と転落していく悪者たち。


最後はあらよっ!というかんじで、

こじつけこじつけ、昼ドラのような複雑な相関関係で

キャラクターたちをくっつけて

足早に終わった感がありますが、

すっきりしたエンディングで、お気に入りの作品のひとつです。


ただ、ナィシィをもっと幸せに導いてくれれば

よかったのになぁ・・・とちょっともやもや。

オリヴァツゥイスト、たしか何年か前に映画化されていたんですよね。
実写化されたハリィとか、ブラウンロウ氏を
みてみたい(*^。^*)

 

 

 

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ジョージオーウェル『象を撃つ―オーウェル評論集』を読みはじめ

英語3のテキストにも載っているジョージオーウェルの『象を撃つ―オーウェル評論集』を読み始めました。こちらには、一冊に、複数の短編が入っている本です。象の撃つは2番目のお話。ビルマに駐在している英国人保 …

no image

英国ではMother gooseじゃなくて、Nursery Rhymesらしいです。

  「パタリロ」というアニメをアニマックス?だか、キッズチャンネルでよくみていたのですが、 EDテーマで「だれが殺したクックロビン~」というフレーズがありクックロビンってなんだ?と以前から気 …

no image

レポート参考文献探し『イギリス文学案内』という本をかりてきました。

図書館で『イギリス文学案内』という本を借りてきたので読んでいます。 その名のとおり、 イギリスの文学史に名だたる人物をひとりひとりまとめた一冊で、文学史のレポートを書くのに役立ちました。テキストの『資 …

no image

ハリーポッターの映画に隠された(?)マクベスのワンシーン

ハリーポッターが好きです。 英会話や長文読解の勉強の多くはハリーポッターの原書購読と、映画で習得しました。映画はDVDの設定を英語字幕/英語音声にすると、とすんなり頭に入ります。 ハリーポッターの映画 …

no image

イギリス文学探訪  感想

 タイトル:イギリス文学探訪 (NHKライブラリー) 内容:詩人・小説家のゆかりの地めぐりから当時と今のロンドンのご紹介まで文学的視点からイギリスという国をみた一冊 近所の図書館が10日くら …