文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

オリヴァツウィスト下巻 感想~

投稿日:


きのうは オリヴァツウィストの続きをいっき読みしました!

何度読んでもディケンズいいなぁとおもいながら

あっという間の幸せタイム終了。


前半は八方塞がりの悲劇のオンパレードといったかんじですが、

弱きもののみかたディケンズ、早速彼らしい逆転劇が下巻で始まります。

横柄な役人パンブル氏から

強欲なフェイギン

強盗サイクス

葬儀屋でオリヴァをいじめたノアまで

次々と転落していく悪者たち。


最後はあらよっ!というかんじで、

こじつけこじつけ、昼ドラのような複雑な相関関係で

キャラクターたちをくっつけて

足早に終わった感がありますが、

すっきりしたエンディングで、お気に入りの作品のひとつです。


ただ、ナィシィをもっと幸せに導いてくれれば

よかったのになぁ・・・とちょっともやもや。

オリヴァツゥイスト、たしか何年か前に映画化されていたんですよね。
実写化されたハリィとか、ブラウンロウ氏を
みてみたい(*^。^*)

 

 

 

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ハリーポッターの映画に隠された(?)マクベスのワンシーン

ハリーポッターが好きです。 英会話や長文読解の勉強の多くはハリーポッターの原書購読と、映画で習得しました。映画はDVDの設定を英語字幕/英語音声にすると、とすんなり頭に入ります。 ハリーポッターの映画 …

no image

チャールズ・ディケンズ『リトル・ドリット』途中まで 感想

  タイトル:リトル・ドリット 内容:(まだ読み途中なので、、断片的ですが) 中国から帰ってきたアーサー債権者監獄で生まれたリトルドリット元囚人のイタリア人 と自称コスモポリタン リゴー デ …

no image

ジョン ダン詩集

図書館で、ジョン ダン詩集を読んでみました。 16世紀~17世紀、イギリス人の詩人で 初めて読みました。 感想かけるほど、理解はしなかったのですが、最初のほうに載っていた「蚤」というタイトルの詩にギョ …

no image

【本】世界でいちばん面白い英米文学講義 (感想 Jオースティン)

  タイトル:世界でいちばん面白い英米文学講義―巨匠たちの知られざる人生感想その1の続きです。シェイクスピアのあとには大好きなジェーンオースティンの章。彼女の小説・・・ジェーンオースティンで …

no image

シャーロット・ブロンテ『ジェーン・エア』感想

【中古】 ジェイン・エア 上巻 (岩波文庫 赤 232-1) 価格:200円(2012/4/18 13:03時点)感想(0件) 今日は英文学を楽しみました。何度読んでも味があるシャーロット・ブロンテの …