文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

イスラーム

アラブ史教科書・・・

投稿日:

中学生でもわかるアラブ史教科書

価格:1,000円
(2012/4/18 13:35時点)
感想(4件)

最近、イスラーム関係のレポートを書くために
中東関連の書物を読んでいます。

実はこちらはちょっと読みづらかった・・・
まず、

「中学生でもわかるアラブ史教科書」というタイトルがまずいです。

一応私は史学の学士を持っていますが、
そんな私でも読みづらいほどの書物でした。

あのタイトルだけ鵜呑みにして、
保護者が中学生の子供に買い与えてたりしたら・・・
自分が中学生だったら数ページ読んでやめるかな?
「アラブ史」というタイトルなら違和感なく読めます。

でも、もっと厳しい事を言うと、
発行が平成19年になっているのですが、

学校教育ではすでに「イスラーム」「ムハンマド」と表記が変えているなか、
いまだに「イスラム」「マホメッド」表記なのも古臭さが否めません。

あと、文章が、まあ、ちょっと政治的によっているような
印象を受けました。

関係者がこのブログを読むことはないかと思いますが、
万が一読んでいたらすみません。

最後まで読んでみましたが、
特定の宗派だけみて「これがイスラム教だ!」というのはおかしい。
**学会をみて、「これが仏教だ!」というのと等しいみたいな説明は
わかりやすかったです。

あと、ムハンマド以前のシリアでは
ペルシアとビザンツのはざまで
アラブ系の小国が乱立していたとの
説明が参考になりました。

まだ、イスラーム関係の書物は入学程度で、これから開拓するのですが、
今のところはやっぱり井筒先生の本のほうがいいかなぁというのが
本音です。

-イスラーム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『カラー版 メッカ―聖地の素顔』 感想

タイトル:カラー版 メッカ―聖地の素顔 (岩波新書) 内容:メッカへの巡礼の様子が載っています 岩波新書にはめずらしい?写真ばかりの本です。 メッカといえばイスラームの聖地です。ムスリムの人たちは一生 …

no image

陳 舜臣訳『ルバイヤート』 感想

  タイトル:ルバイヤート オマル・ハイヤーム  あらすじ:四行詩でつづられたペルシア文学の最高傑作。人生を刹那的に考え、今を楽しもう、酒ヤッホー!という感じのストーリーオマルハイ …

no image

『シリア アサド政権の40年史』読み始めました。

  『職業としての政治』と現代社会うんぬんというレポート課題で「現代社会」部分をどうしようかまよってます。職業としての政治というタイトルなので、現代社会の政治~あたりをレポートに書けばいいの …

no image

『シリア アサド政権の40年史』その1、今中東がどういう状況なのか

『シリア アサド政権の40年史』昼休みに30ページくらい読みましたー。歴史学者の本と比べると、臨場感あるし、回りくどい単語使わないので、すごく読みやすい本です。 今、アラブで起こっている 革命?混乱? …

no image

井筒 俊彦 『イスラーム文化-その根柢にあるもの』感想ふたたび

井筒先生のイスラーム文化を再び読んでいます。今回のレポートのキーになる内容が沢山書かれているので熟読。 井筒 俊彦 『イスラーム文化-その根柢にあるもの』岩波文庫で出ています。井筒 俊彦さんといえば、 …