文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

『時間の科学』読み途中。

投稿日:

ニュートンの主張した「絶対時間」ですが、
18世紀以降、科学が確立されていくなかで、
神のはなしは棚上げされ、絶対時間の概念だけが残っていきました。

そして、19世紀半ばの熱力学の誕生と、20世紀はじめの相対性理論の発見において、
時間論が大きく変わったのだそうです。

そのことについて詳しく書かれていました。

私たちが、時間といっているもの、
時間の流れといっているものとエントロピーの増大の方向とが一致しているということは、~~ほにゃらら~~

ココから先は、!?!??!?で、、
まずは、エントロピーの理解からしっかりやっていかねばと再確認。

先日手にとってみた「ゼロからのエントロピー」はさっぱりわからなかったので、
もっとやさしいエントロピー解説書を図書館に探しに行きます。

ああ。。。わからないことだらけで、
亀の歩みですわ

この本は、ニュートンから相対性理論で、書いてある本で、
あの。。へんな計算式の多用を避けている本なので、

文系の私でも比較的読みやすいです。
エントロピー以外は。。。

ランキング参加しています
応援お願いします。
↓↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『アウグスティヌス『告白録』講義』を読みました。

この本、なんかいも読んだ気がします。こちらの本、単体で読むと難しいのですが、 『告白』の解説本として、『告白』と照らし合わせながら読むととてもわかりやすいので、交互に読みました。 私が書きたかったレポ …

no image

科学哲学のレポート2アウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違い

科学哲学のレポートその2です。 課題タイトルはアウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違いです。 今回はアウグスティヌスの時間論に関して。アウグス ティヌス 告白 (下) (岩波文庫 青 …

no image

プレハーノフ『歴史における個人の役割について』という古めかしい本読んだ

ヘーゲルの「あらゆる有限なものには偶然的な要素がある」との考えを否定し、 プレハーノフは社会主義者目線で、歴史における個人の役割について考えました。 社会関係、生産関係から歴史が動くと考えたプレハーノ …

no image

科学哲学のレポート5アウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違い

アウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違いというレポートタイトルでかきました。 科学哲学のレポートは難産だった記憶はありません。レポート合否基準はちょっと緩かった記憶がありましたよー & …

no image

『90分でわかるデカルト』読んで親近感わいた。

ぎっくり腰になる直前に、取り組み始めたのが「西洋哲学史Ⅱ」でした。 選択できるレポート内容で、消去法でデカルトを選びました。 選んだといっても、デカルトって  ラテン語の試験で2回も出てきた「Cog …