文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

トルコ史関連

井筒 俊彦 『イスラーム文化-その根柢にあるもの』感想

投稿日:

イスラーム文化

価格:693円
(2012/4/17 17:31時点)
感想(4件)

今日も岩波文庫を読みました。

井筒 俊彦先生が書いた「イスラーム文化-その根柢にあるもの」

私が学生だった頃は「イスラム」と表記されていましたが、
今の本は「イスラーム」が主流になってきています。

預言者マホメットも ほとんどの書物がムハンマドと記しています。

日本におけるイスラーム史の研究はまだまだ発展途上。
イスラームについて知るきっかけとなること間違いなしの本です。

コチラの書物を読んで、スンニー派とシーア派は同じムスリムでありながらも
こんなに教義が違うんだ!!ということを理解できました。
まだまだおくが深いイスラームの世界。興味が尽きません。

-トルコ史関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アランパーカー「オスマン帝国衰亡史」感想

今日はアランパーカーと言う人が書いた 「オスマン帝国衰亡史」という本を読みました。 【まとめ買いで最大15倍!5月15日23:59まで】ローマ帝国衰亡史 全10巻 価格:14,385円(2012/4/ …

no image

(新版 世界各国史)西アジア史〈2〉イラン・トルコ  感想

   タイトル:西アジア史〈2〉イラン・トルコ (新版 世界各国史)本の内容:トルコ・イランを中心とした西アジアの歴史を古代から現代まで時代順、国ごとに書かれています。 永田先生編 …

no image

『イスラム世界おもしろ見聞録』 感想

今週末に試験を控えた東洋史特殊の勉強の合間に読みました。 勉強の補助としてより、休憩時間に軽く読むかんじの本です。イスラーム世界について、国ごとに微妙なしがらみだとか、その国独自の思想や民族問題などが …

no image

『トルコ史』文庫クセジュ  感想

 タイトル:トルコ史 (1982年) (文庫クセジュ) あらすじタイトルの通り、トルコの歴史を年代別に書いてある概説的な本。 白水社の文庫クセジュで出ている「トルコ史」を読んでみました。図書 …

no image

中東漫画といえば・・・王家の紋章?天は赤い河のほとり?

  今週はトルコやイスラームばかり読んだのですが、 中東関連の漫画を 10代の頃、よく読んでいました。 一番思い浮かぶのは 王家の紋章です。 王家の紋章は母が全巻あつめていて、 さらに月刊プ …