文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

ジェーンオースティン『エマ』映画版感想

投稿日:

『傲慢と偏見』と並ぶオースティンの傑作
『エマ』の映画盤を先週末見ました。

オースティンの作品は今読んでも古臭くなく、
ひとつの空間で繰り広げられる人間模様がひきつけられるんです。
だからやめられない。

原作が大好きなのでかなり期待してかりました。

主人公エマは上流階級で知性と美貌に恵まれた女性で、
友人であるハリエットの結婚相手を探すのに夢中。

牧師とハリエットの結婚を目論見ますが、
牧師はエマのことが好きで・・・

という、少女マンガでよくあるパターンのストーリー。

ココに出てくるジョンナイトリーという紳士が居て、
それがまた非の打ち所ない、すばらしい男性なのです。
「女性目線からみたすばらしい男性」。
近世、求められていた理想的男性像、日本なら今とはだいぶ違っている気がするのですが、
この作品では、現代の物語として読んだとしても違和感なく読めます。
イギリスの上流階級の求められたものはあまり変化がないのかもしれません。

原作読んでから、映画版をみると、
エマの印象がだいぶ違っていたような気もします。
エマって、もっとお嬢お嬢していて、すましているイメージでしたが、
動いているエマは、なんだかちょっとお茶目なところもあって、
好感持ちました。

一方、ハリエットのほうは。。。
惚れっ気つよいアホ女みたいなカンジで、
うーん。という印象。

ジョンナイトリーはもっと若いイメージでしたが
ナイトリーらしいやさしい笑顔の俳優さんが演じていて
素敵でした

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ディケンズ『リトルドリット』 感想5 終わり

一週間ほどリトルドリットに夢中で、勉強をおろそかにしておりました。リトルドリット、ようやく読み終わりましたが、最後がちょっとどたばたすぎて、!?!?!?の連続でした。 まず、リゴーがあっけなさすぎる。 …

no image

(感想 ディケンズ)【本】世界でいちばん面白い英米文学講義 

  タイトル:世界でいちばん面白い英米文学講義―巨匠たちの知られざる人生 この著者はディケンズの研究家みたいだったので、ディケンズの濃い話がかいてあって、ワクワクしながら3度読みしちゃいまし …

no image

アメリカの歴史教科書 感想

 アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書をよみました 日本の歴史教科書・・・・年号並べ立てた教科書イギリスの歴史教科書・・・・家系図ばっかりの教科書韓国の歴史教科書・・・ファンタジーという噂の教科 …

no image

オリヴァツウィスト下巻 感想~

きのうは オリヴァツウィストの続きをいっき読みしました! 何度読んでもディケンズいいなぁとおもいながら あっという間の幸せタイム終了。 前半は八方塞がりの悲劇のオンパレードといったかんじですが、 弱き …

no image

黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 )感想

  黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 赤 306-1)読みました。文庫に7編の短編が入っています。 エドガー アラン ポーといえば、作品より彼の生きた人生のほうが気にな …