文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

ジェーンオースティン『エマ』映画版感想

投稿日:

『傲慢と偏見』と並ぶオースティンの傑作
『エマ』の映画盤を先週末見ました。

オースティンの作品は今読んでも古臭くなく、
ひとつの空間で繰り広げられる人間模様がひきつけられるんです。
だからやめられない。

原作が大好きなのでかなり期待してかりました。

主人公エマは上流階級で知性と美貌に恵まれた女性で、
友人であるハリエットの結婚相手を探すのに夢中。

牧師とハリエットの結婚を目論見ますが、
牧師はエマのことが好きで・・・

という、少女マンガでよくあるパターンのストーリー。

ココに出てくるジョンナイトリーという紳士が居て、
それがまた非の打ち所ない、すばらしい男性なのです。
「女性目線からみたすばらしい男性」。
近世、求められていた理想的男性像、日本なら今とはだいぶ違っている気がするのですが、
この作品では、現代の物語として読んだとしても違和感なく読めます。
イギリスの上流階級の求められたものはあまり変化がないのかもしれません。

原作読んでから、映画版をみると、
エマの印象がだいぶ違っていたような気もします。
エマって、もっとお嬢お嬢していて、すましているイメージでしたが、
動いているエマは、なんだかちょっとお茶目なところもあって、
好感持ちました。

一方、ハリエットのほうは。。。
惚れっ気つよいアホ女みたいなカンジで、
うーん。という印象。

ジョンナイトリーはもっと若いイメージでしたが
ナイトリーらしいやさしい笑顔の俳優さんが演じていて
素敵でした

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

【本】世界でいちばん面白い英米文学講義 (感想 Jオースティン)

  タイトル:世界でいちばん面白い英米文学講義―巨匠たちの知られざる人生感想その1の続きです。シェイクスピアのあとには大好きなジェーンオースティンの章。彼女の小説・・・ジェーンオースティンで …

no image

子どもの誕生日にピーターラビットセットをプレゼント

  私の兄弟は、一人だけ結婚していて、子どもが一人。 こういうシチュエーションに置かれた子どもは誕生日になるといろんな人から誕生日プレゼントがもらえます。 私も弟と合同出費で絵本をプレゼント …

no image

ディケンズ『リトルドリット』 感想5 終わり

一週間ほどリトルドリットに夢中で、勉強をおろそかにしておりました。リトルドリット、ようやく読み終わりましたが、最後がちょっとどたばたすぎて、!?!?!?の連続でした。 まず、リゴーがあっけなさすぎる。 …

no image

オーウェル『動物農場』読み終えましたが、この本、すごい!!!

衝撃受けました。なんというか・・・、こんなん初めて読みました。 人間を追い出してから、動物たちが動物たちだけの農場を経営し、 国のような物をつくりあげていくのですが、さいしょ、人間のいない、理想の農場 …

no image

【本】はじめて学ぶイギリス文学史 感想

  タイトル:はじめて学ぶイギリス文学史内容:イギリスの文学作品が歴史順に並んでいて、文学史を勉強する方におすすめ。原書と日本語訳の抜粋もあるので面白いです。 先週末は図書館でいろいろな本を …