文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

ギリシア危機

投稿日:

私の持っている株が毎日毎日下がり下がり
しかも、全株がまずい下がり方をしているので、
欧州危機へのカウントダウン?を予感させます。

経済とか、政治とかまったくわからないので
「ギリシアやばそうだよね」と聞かれても
きのきいた回答は出てきません。

去年の12月、ギリシアに滞在していたのですが、
そのときは 
(この国、絶対デフォルトする!!)と確信を抱いていました。
なんでそうおもったか・・・・カンです。

* ****

紙面を眺めているだけじゃ伝わらないギリシア危機、
実際のところおもったより深刻でした。

ギリシアのツケを他の西欧諸国が払っているので、
その反感は相当で、ヨーロッパからの観光客が激減していて、
どこもひっそり。

資源も、肥沃な大地も持っていないギリシアは
観光産業に寄るところがおおいはずですが、ほぼ死んでいます。
税金upupupで、入場料も変なTAXつけられまくりで、
この先数年は観光産業氷河期でしょう。倒産するところはぐぐんと増えるに違いありません。

街の活気のなさは、旅行オフシーズンのせいかもしれませんが、
オモニア広場あたりでのデモ隊と警官との衝突は
すさまじいものでした。

いつもならクリスマス休暇しているだろう時期に、
労働者は職を求めて
大通りに列をなしながら 大声を上げていました。

アテネの博物館あたりでは、
おおくの若者が麻薬を売っていて
「麻薬を買うのか?買わないなら、この先は通さない」といわれ
引き返すハメにもなりました。

結構な大通りなのに、注射器を腕に刺しながら
口から泡吹いて気絶?寝ている?男とかも発見しました。
ギリシアの闇は深そうです。

アテネだけじゃありません。
山あいにある村?町?レベルのデルフィも
大晦日にストライキのために全施設が閉鎖になっていました。

ここで興味深いのが
Due to ストライキ
という表記をつかっていたことです。

ストライキって、due toなのか。。。とひとつ知識を得ました。

博物館のおばちゃんの話によると、
彼女らはれっきとした公務員なのですが、
給料を2ヶ月払ってもらっていないのだそうです。

日本ではありえない話ですよね。

もし、日本の公務員の皆さんが
2かげつ、給料を払ってもらえないような事態に陥ったら
日本はどうなるのでしょうか?

こりゃもう、ギリシヤはデフォルトするな、近いうちに。。。
そう確信して、帰国後、株を全部売却しました。
ここで、そのままにしておけばよかった。

でも、
なんか3がつ?2月くらいに いろんな株がUPしだして、
「アメリカの大統領選挙がかたづくまではデフォルトしないっぽいね」
っていう感じになっていたので
懲りずにまた買い戻しちゃいました。

そしたら、5月から
もうもうもう下がる一方でww
うん。株は自己責任で(――;)

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

イギリスの封建制度 マグナカルタ以降について

3、マグナ・カルタ 王権の伸長を狙っていたジョン王は、封主であるフランス王に逆らい、戦争に負け大陸領を没収された。ジョンは王の封建的諸権利に基づき統治をし、権利の侵害も盛んに行っていた。そのためしばし …

no image

『聖書の読み方』読みました

) 『ヘブライズム』な倫理学のレポート作成のあいまに気になる本があったので、読みました 『聖書の読み方 (岩波新書』という本です。 旧約聖書はともかく、新約聖書は、ホテルの客室においてあったり、クリス …

no image

ミシュレ『フランス史1~6』も読みました。

先週末ほどミシュレにささげた週末はないでしょう・・・ミシュレ『フランス史1、2、3、4、5、6』読みました。 一冊がけっこうな厚さなので、速読(拾い読み?)モードでよみましたよ・・・。 ミシュレ『フラ …

no image

修正派の矛盾を暴く『アウシュヴィッツと(アウシュヴィッツの嘘) 』感想

タイトル:アウシュヴィッツと(アウシュヴィッツの嘘) (白水Uブックス)内容:「大量殺戮は無かった」「死んだユダヤ人の数はずっと少ないものだった」などど広める、修正派の矛盾した歴史を否定し、アウシュビ …

no image

思い出の画集『botticelli【ボッティチェリ】』を持って帰ってきた

先週は、4年ぶり?くらいに実家へ帰りました。そして、手に持てる範囲の本をお持ち帰り。 慶應通信を卒業するために必要そうな本の一部。あとは、高かった本などWW 高校生のころ、バイト代10日分くらい吹っ飛 …