文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

『プリンキアを読む』という本を読みました。

投稿日:

プリンキアとは、ニュートンの著書。

物体が何も存在しない空虚な空間(真空)が存在するか否か
古代ギリシア以来、論争の対象になっていました。

アリストテレスは 真空というものの存在を否定しましたが、
一方、原子論者たちは、空虚な空間の中にさまざまな無数の原子が存在するという自然観を持っていました。

17世紀、デカルトが、
「空間には目には見えないものが充満している」と考え、
アリストテレスとおなじく、空虚な空間の存在を否定したことに対し、

原子論者であったニュートンは
まず空間があり,そこにさまざまな原子や物体が配置されている という見方をしました。

そして、
絶対空間と相対空間という区別をし
うんぬんかんぬんという 説明が続く本です。

時間論についていろんな本で、調べていますが、
空間の話と時間の話が、いっしょ?になっていて、

どこまで同じなのかよくわからず、絶対空間という単語を、絶対時間という単語に置き換えて考えていいのかわからず・・・

結構読んでみましたが、やっぱりわからず・・・・

うん。。。科学哲学やっぱり難しいですね

『時間』サイドから書いている『時間の構築』のほうがわかりやすかった印象が・・・。

ニュートンの時間論の矛盾、
現代物理学はどのような考えにいたったかが書いてあるページがあって、
そこは参考になりましたー

レポート。4500文字くらいからぜんぜんすすみません~

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アウグスティヌス 告白(上)

      カトリックでは聖人に列せられている 「聖アウグスティヌス」が書いた本です。  哲学書としても、神学書としても有名で、1500年たった今でも 世界中で …

no image

ウェーバー『職業における政治』視点からみるメディアの在り方について

参考文献一覧がなかったので、書きかけかもしれないwww 〈序〉  ウェーバー著『職業における政治』によると、せまい意味での政治とは、政治団体(国家)の指導であり、その指導に影響を与えようとする行為であ …

no image

またまたアウグスティヌス3連

   先週末から ドキッ!アウグスティヌスだらけの哲学史大会っ!って感じです(意味不明)もう、おなか一杯で、秋までアウグスティヌスを見たくありません(笑)  西洋哲学史Ⅰのレポ書く …

no image

アウグスティヌス 告白(下)

  上巻が自叙伝的なのに対し、 下巻は哲学的、神学的記述が多く、好き嫌いが分かれるかもしれません。   私は断然下巻派です。 下巻、私がすごく印象に残ったのは 彼が多角的視点から行 …

no image

今日もデカルト『情念論 (岩波文庫)』を読み進めるけど・・・・

昨日からデカルトの「情念論 (岩波文庫) 」をよんでます。  デカルトの情念論、今日も読み進めますが、さっぱりわからなくなってきました。動物精気の説明の後に、動物精気と神経とがどのようにして運動やかん …