文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

旅行

痩せたい・・・『ふつうに歩くだけダイエット』という本をよんでみました。

投稿日:

『ふつうに歩くだけダイエット』という気になるタイトルの本を発見し、さっそく読んでみました。


なぜ、この本が気になったのか。

なぜなら、「ふつうに歩いている」私は、
何十キロ歩いても一向に痩せないからです(笑)

私の歩き方は普通じゃないのか・・・、
その辺が気になったので、本を開いてみました。

以前、30キロ歩いたけどぜんぜん痩せなかった~とブログで書いたら、
都内の某ジムのインストラクターが
「ウォーキングは たいしてカロリー消費にならないし、効率が悪く、時間の無駄。
その点、うちのジムでの 減量プログラムは●●が充実していて~~がうんぬん」
というコメント書き込みをしてきました。

ウォーキングの効用は、
摂取したカロリーの消費にばかりあるのではない。

むしろ 歩く効用の第一義は
継続して体を動かすということを忘れないところにある。
それから気分転換
日光浴
は心の状態を軽快に保つのにいい
足や体を動かし、脳を働かせるために歩く

と、この本の著者がおっしゃっていますが、
まさに、それなんですよね・・・・。

 
私のウォーキングでの楽しみは、

道端にさくツツジやヤマブキなどに出会いながら、
季節の移り変わりを楽しんだり、

新しく出来たお店を発見したり、

知らない街をぶらぶら楽しんで、その地域独特のものを発見したり
というのが、第一義で、
脂肪を燃焼させるための修行ではない。

昔から、考え事は歩いてする癖があるので、
レポート提出前でも、ウロウロあるいちゃいます。

私の大好きなイギリスの文豪ディケンズも
長距離歩行の癖があり、
夜のロンドンを徘徊していたという話もあります。

きっと散歩は脳にいいに違いない!!!

この本、まだ前半部分しかよんでいませんが、
歩きに対する考えが、私とよく似ていて、よんでいて共感するところがおおいです。

かえって早く読みたいです。特に「痩せる歩き方」のあたり(笑)
ちょっとよんだところ、ウォーキングは量より質みたいな事がかいてありました。

コレを全部読めば、街歩きの楽しみがまたまた増えそう
です。

楽しんで、健康的に痩せられれば、これ以上いいことはないですね~

-旅行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『地球の歩き方の歩き方』の感想

劇的紀行 深夜特急 価格:8,746円(2012/4/18 15:54時点)感想(1件) 沢木耕太郎さんが書いた小説「深夜特急」が大沢たかおさん主演で放送されたのが15年くらいまえでしたでしょうか? …

no image

『続・地理学の古典―フンボルトの世界』 感想

タイトル:続・地理学の古典―フンボルトの世界内容地理学の金字塔フンボルト博士の発見と、彼の未開地への冒険のたびをつづった一冊。アメリカ大陸をはじめとして、世界中を旅し、さまざまな植物を採取し、火山の河 …

no image

神戸旅行の計画を立てるために「るるぶ神戸」をゲットした・・but

来月神戸に行くので、ガイドブックを読み始めました。「るるぶ」です。先月の鳥取でもお世話になりました「るるぶ」 いろんな場所のるるぶを持っていますが、ちょっと。。。神戸はやりすぎ感が否めない。 ロンリー …

no image

『イギリス文学散歩』でイギリス文豪ゆかりの地に思いをはせて

イギリス文学散歩という、ガイドブックのような、写真集のような本をよんでみました。 この本では、英文学を代表する文豪が大作を書き上げた場所であったり、晩年を過ごした場所であったりする場所を美しい写真とと …

no image

イギリス文学探訪  感想

 タイトル:イギリス文学探訪 (NHKライブラリー) 内容:詩人・小説家のゆかりの地めぐりから当時と今のロンドンのご紹介まで文学的視点からイギリスという国をみた一冊 近所の図書館が10日くら …