文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

ヨーロッパ中世社会史事典 感想~

投稿日:

タイトル:ヨーロッパ中世社会史事典
内容:中世ヨーロッパ史を学ぶ際にたびたび出てくる用語を、
単語別に解説している事典。
アナール派の視点から解説してある本。

歴史学の革新―「アナール」学派との対話   をよんでいて、
 ジャック ル=ゴフのことが気になりましたので、
ジャック ル=ゴフが関係している書物に手を伸ばしてみました。

ヨーロッパ中世社会史事典

ジャック ル=ゴフのキーワードでヒットして
図書館で読んだのですが、
ルゴフはこの本の著者というわけじゃなく、序論を書いた人というわけで
引っかかったのでした。。。。

事典ですが、辞典ではない。
あ から始まるわけでも
aから始まるわけでもない事典です。

どんな順番で書かれたのか、原書を見ないとわかりませんが、
項目一つ一つの説明が、すばらしい本でした。

マルクブロックの 封建社会を幹にかかれているみたいです。

ル・ゴフの、中世の時間の概念について知りたかったのですが、
またしても脱線。

ココの『プランタジネット朝』の説明が良かった・・・

西洋史特殊3のレポートでお世話になった
******法がここですっきりした感じがします(笑)

本当にしらべたい単語での収穫は
期待ほどではありませんでしたが、

思わぬフレーズで、思わぬ収穫があるので、
ほかの科目のレポートでも利用できそうな学術書でした。

 ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

思い出の画集『botticelli【ボッティチェリ】』を持って帰ってきた

先週は、4年ぶり?くらいに実家へ帰りました。そして、手に持てる範囲の本をお持ち帰り。 慶應通信を卒業するために必要そうな本の一部。あとは、高かった本などWW 高校生のころ、バイト代10日分くらい吹っ飛 …

no image

修正派の矛盾を暴く『アウシュヴィッツと(アウシュヴィッツの嘘) 』感想

タイトル:アウシュヴィッツと(アウシュヴィッツの嘘) (白水Uブックス)内容:「大量殺戮は無かった」「死んだユダヤ人の数はずっと少ないものだった」などど広める、修正派の矛盾した歴史を否定し、アウシュビ …

no image

ギリシア危機

私の持っている株が毎日毎日下がり下がりしかも、全株がまずい下がり方をしているので、欧州危機へのカウントダウン?を予感させます。 経済とか、政治とかまったくわからないので「ギリシアやばそうだよね」と聞か …

ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』の身体の軽蔑者 がおもしろかった

毎日本を持ち歩いています、今日は本棚にある本を適当にとって、それを読みました。 今日読んだ本がこちらです ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』 私はニーチェについて詳しく勉強したことがない …

no image

『消えた古代都市バビロニア』感想3 奴隷と住居とダニエル書

タイトル:消えた古代文明都市―バビロニア (アリアドネ古代史スペクタクル) バビロニア感想 その3 こちらには、奴隷についての記述がありました。太古の昔から、奴隷がいましたが、バビロニアの奴隷は、どの …