文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

ヨーロッパ中世社会史事典 感想~

投稿日:

タイトル:ヨーロッパ中世社会史事典
内容:中世ヨーロッパ史を学ぶ際にたびたび出てくる用語を、
単語別に解説している事典。
アナール派の視点から解説してある本。

歴史学の革新―「アナール」学派との対話   をよんでいて、
 ジャック ル=ゴフのことが気になりましたので、
ジャック ル=ゴフが関係している書物に手を伸ばしてみました。

ヨーロッパ中世社会史事典

ジャック ル=ゴフのキーワードでヒットして
図書館で読んだのですが、
ルゴフはこの本の著者というわけじゃなく、序論を書いた人というわけで
引っかかったのでした。。。。

事典ですが、辞典ではない。
あ から始まるわけでも
aから始まるわけでもない事典です。

どんな順番で書かれたのか、原書を見ないとわかりませんが、
項目一つ一つの説明が、すばらしい本でした。

マルクブロックの 封建社会を幹にかかれているみたいです。

ル・ゴフの、中世の時間の概念について知りたかったのですが、
またしても脱線。

ココの『プランタジネット朝』の説明が良かった・・・

西洋史特殊3のレポートでお世話になった
******法がここですっきりした感じがします(笑)

本当にしらべたい単語での収穫は
期待ほどではありませんでしたが、

思わぬフレーズで、思わぬ収穫があるので、
ほかの科目のレポートでも利用できそうな学術書でした。

 ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『ヘーゲルを読む』を読んでみました~!!

  岩波文庫『歴史哲学講義』を訳している長谷川先生の『ヘーゲルを読む』を読みました。 精神のすべての性質は自由を唯一の支えとしすべてが自由のための手段にすぎずすべては自由を求め自由だけを生み …

no image

『メソポタミア文明入門 (岩波ジュニア新書)』感想

タイトル:メソポタミア文明入門 (岩波ジュニア新書)内容:メソポタミア文明について、詳しく書かれた一冊。前半は教科書的。後半は粘土板やハンムラビ法典についてかかれています。入門というタイトルがついてい …

no image

日本人が書いた『ユダヤ教の歴史 』感想

 タイトル:ユダヤ教の歴史 (宗教の世界史)内容:ユダヤ教の歴史について書かれた一冊。受難の連続であったユダヤ教について理解できる一冊。 「セレウコス朝シリア下でのユダヤ人について」調べるた …

no image

イギリスの封建制度 マグナカルタ以降について

3、マグナ・カルタ 王権の伸長を狙っていたジョン王は、封主であるフランス王に逆らい、戦争に負け大陸領を没収された。ジョンは王の封建的諸権利に基づき統治をし、権利の侵害も盛んに行っていた。そのためしばし …

no image

『メソポタミアの神々と空想動物』感想

タイトル:メソポタミアの神々と空想動物 (MUSAEA JAPONICA)内容:メソポタミアの世界観と神々について、当時使われていたシンボルの意味について詳しく解説されている書。図が豊富で、わかり易い …