文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

ヨーロッパ中世社会史事典 感想~

投稿日:

タイトル:ヨーロッパ中世社会史事典
内容:中世ヨーロッパ史を学ぶ際にたびたび出てくる用語を、
単語別に解説している事典。
アナール派の視点から解説してある本。

歴史学の革新―「アナール」学派との対話   をよんでいて、
 ジャック ル=ゴフのことが気になりましたので、
ジャック ル=ゴフが関係している書物に手を伸ばしてみました。

ヨーロッパ中世社会史事典

ジャック ル=ゴフのキーワードでヒットして
図書館で読んだのですが、
ルゴフはこの本の著者というわけじゃなく、序論を書いた人というわけで
引っかかったのでした。。。。

事典ですが、辞典ではない。
あ から始まるわけでも
aから始まるわけでもない事典です。

どんな順番で書かれたのか、原書を見ないとわかりませんが、
項目一つ一つの説明が、すばらしい本でした。

マルクブロックの 封建社会を幹にかかれているみたいです。

ル・ゴフの、中世の時間の概念について知りたかったのですが、
またしても脱線。

ココの『プランタジネット朝』の説明が良かった・・・

西洋史特殊3のレポートでお世話になった
******法がここですっきりした感じがします(笑)

本当にしらべたい単語での収穫は
期待ほどではありませんでしたが、

思わぬフレーズで、思わぬ収穫があるので、
ほかの科目のレポートでも利用できそうな学術書でした。

 ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ミシュレ『フランス革命史 上』を読みました。

19世紀のフランス文学1のレポート書くためにミシュレ『フランス革命史 上』を読みました。 最初の50ページくらいが、桑原先生によるミシュレの解説、その後に本編が続いています。 レポート書くには、本編は …

no image

『これだけは知っておきたい聖書の考古学』感想

現在「オリエント考古学」の勉強中です。 入っている慶友会「東京三田クラス」のあつまりは、土曜のPMなので、AMは慶應三田キャンパスのメディアセンターに行くようにしています。 今回は、先週後半からはじめ …

no image

19世紀のフランス文学レポート1「ミシュレについて」 ミシュレの描く歴史

続いての「大学時代のレポート」中身公開?後悔wwwは、19世紀のフランス文学という科目です。 私は19世紀のイギリス文学が大好きですが、そういう科目はなかった記憶があります。でも19世紀のフランス文学 …

no image

オリエント考古学のテキストにワクワク

オリエント考古学にチャレンジしたいと思います。 今日、オリエント考古学のテキストが届きました。慶友会の方が、「オリエント考古学がとりやすいよ」とおっしゃっていましたが、さて、どうでしょう。 …

no image

19世紀のフランス文学レポート2「ミシュレについて」 ミシュレ『フランス革命史』

19世紀のフランス文学レポートの本文はこちらです↓↓ 2.『フランス革命史』 ミシュレは『フランス史』に接続する形の『フランス革命史』という本を出版しているが、革命のはじまりからロベスピエールの死まで …