文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

ディケンズ『リトル・ドリット』感想その2

投稿日:

リトルドリット、まだまだ読み途中です。

まだ、話のオチがぜんぜん読めなくって、むずむずしています。

リトルドリットというタイトルですが、

どうやらアーサークレナム氏が話の中心となっているようです。

リトル・ドリットの出生に秘密でもあれば、
実はリトルドリットは金持ちの生まれだったけど、わけあってドリット家に預けられた~
のようなオチが思い浮かぶのですが、
どうやら あの父と、死んだ母から生まれたことは間違いないみたいだ。

しかし、23年前にドリットが何をしていたのかというのが謎のままで、
ここから急展開がありそうで、でもダメダメな兄と姉という障害もあるってもんで、
あのだめな兄弟をどうにかくくって、リトルドリッドを幸せにするのか・・・
それとも・・・

めっきり出てこないリゴーの行方も気になるし、
車に轢かれてからめっきり出てこない イタリア人の「アルトロ」ばかりいうおっさん(名前忘れた)の立ち位置も気になる。
あと、マートルも!!

そして、ペットに恋心を抱いているかんじのアーサー、、だれとくっつくのか。。。

うんうん。ディケンズ大先生、罪なお方です。続きが気になる。

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

子どもの誕生日にピーターラビットセットをプレゼント

  私の兄弟は、一人だけ結婚していて、子どもが一人。 こういうシチュエーションに置かれた子どもは誕生日になるといろんな人から誕生日プレゼントがもらえます。 私も弟と合同出費で絵本をプレゼント …

no image

13年ぶりに読んだ『ハムレット』感想

世界文学のすごさは、自分の読んだ時期によって、まったく違った印象を与えてくれることじゃないでしょうか。その深さゆえ、何度読んでも 何かしらの発見がある。 ハムレットもそのひとつでした。 昨日はごろごろ …

no image

(感想 ディケンズ)【本】世界でいちばん面白い英米文学講義 

  タイトル:世界でいちばん面白い英米文学講義―巨匠たちの知られざる人生 この著者はディケンズの研究家みたいだったので、ディケンズの濃い話がかいてあって、ワクワクしながら3度読みしちゃいまし …

no image

ジェーンオースティン『エマ』映画版感想

『傲慢と偏見』と並ぶオースティンの傑作『エマ』の映画盤を先週末見ました。 オースティンの作品は今読んでも古臭くなく、ひとつの空間で繰り広げられる人間模様がひきつけられるんです。だからやめられない。 原 …

no image

ジョン ダン詩集

図書館で、ジョン ダン詩集を読んでみました。 16世紀~17世紀、イギリス人の詩人で 初めて読みました。 感想かけるほど、理解はしなかったのですが、最初のほうに載っていた「蚤」というタイトルの詩にギョ …