文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

ディケンズ『リトル・ドリット』感想その2

投稿日:

リトルドリット、まだまだ読み途中です。

まだ、話のオチがぜんぜん読めなくって、むずむずしています。

リトルドリットというタイトルですが、

どうやらアーサークレナム氏が話の中心となっているようです。

リトル・ドリットの出生に秘密でもあれば、
実はリトルドリットは金持ちの生まれだったけど、わけあってドリット家に預けられた~
のようなオチが思い浮かぶのですが、
どうやら あの父と、死んだ母から生まれたことは間違いないみたいだ。

しかし、23年前にドリットが何をしていたのかというのが謎のままで、
ここから急展開がありそうで、でもダメダメな兄と姉という障害もあるってもんで、
あのだめな兄弟をどうにかくくって、リトルドリッドを幸せにするのか・・・
それとも・・・

めっきり出てこないリゴーの行方も気になるし、
車に轢かれてからめっきり出てこない イタリア人の「アルトロ」ばかりいうおっさん(名前忘れた)の立ち位置も気になる。
あと、マートルも!!

そして、ペットに恋心を抱いているかんじのアーサー、、だれとくっつくのか。。。

うんうん。ディケンズ大先生、罪なお方です。続きが気になる。

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『ハックルベリーフィンの冒険』感想1

タイトル:ハックルベリー・フィンの冒険〈上〉 (岩波文庫) 内容: 前作でトムとハックがひょんなことから大金をゲットする。 それほしさに、親権を主張するアルコール依存症の父。父親の暴力に耐えかねて逃げ …

no image

レポート参考文献探し『イギリス文学案内』という本をかりてきました。

図書館で『イギリス文学案内』という本を借りてきたので読んでいます。 その名のとおり、 イギリスの文学史に名だたる人物をひとりひとりまとめた一冊で、文学史のレポートを書くのに役立ちました。テキストの『資 …

no image

子どもの誕生日にピーターラビットセットをプレゼント

  私の兄弟は、一人だけ結婚していて、子どもが一人。 こういうシチュエーションに置かれた子どもは誕生日になるといろんな人から誕生日プレゼントがもらえます。 私も弟と合同出費で絵本をプレゼント …

no image

『ハリーポッターと賢者の石』 感想

 タイトル:ハリー・ポッターと賢者の石 (1) あらすじ主人公であるハリーポッターは、幼いころ両親をなくし、親戚の家で肩身の狭い暮らしを強いられていた。ある日やってきた、ホグワーツの番人ハグ …

no image

映画『ジェーンエア』6/2ロードショー!!

明日からシャーロットブロンテ『ジェーンエア』の映画上映がはじまります。 原作が好きなので、見に行こうとおもいますが、 予告版を見ると、ジェーンがブスじゃないですね。。 英文学史初 ブスの女が主人公の小 …