文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

キリスト教史

『よくわかる旧約聖書の歴史』もよみました。

投稿日:

日本基督教団出版局さんが出している
樋口先生の『よくわかる旧約聖書の歴史』を読みました。

倫理学の勉強として読み始めたのですが、
タイトルの通り、倫理に関する項目はあまりなく
聖書考古学や聖書歴史学の分野の本でした。

わかりやすくて、歴史の理解にはいい本です。
オリエント考古学とか西洋史特殊1の参考になりそう。。。
オリエント考古学がDでもどってきたら、もう一度読もうと思います(笑)

倫理学
レポート作成に参考できる箇所があったのは、

2度のユダヤ戦争において旧約の歴史は終わった。
しかし、聖書の歴史が終わったのではない~
からはじまる
p187-189のおことば。

キリスト教徒からみて、旧約聖書や、ユダヤ教徒は
どのような立ち位置にあるのか、

信者じゃない私としては わかりませんでした

ここでまとめられている文章を読んで
そうなんだ!!といろいろ納得。

-キリスト教史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

EHカー『歴史とは何か』 歴史における神について

タイトル:歴史とは何か (岩波新書) 内容:史学概論といえばコレ!歴史学の入門書ともいうべき本。歴史学がたどってきた歴史と、歴史家が持つべき視点などが書かれています。 史学概論のレポート作成のため、E …

no image

アウグスティヌス 記憶論

アウグスティヌス 記憶論のレポートのつづきです   3、想起 記憶によって内部に保管されたものは、想起によって確認される。しかし、いつでもすべてを想起するということはできない。「かつて恐れた …

no image

科学哲学のレポート2アウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違い

科学哲学のレポートその2です。 課題タイトルはアウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違いです。 今回はアウグスティヌスの時間論に関して。アウグス ティヌス 告白 (下) (岩波文庫 青 …

no image

日本史特殊2『日本キリスト教史』読みました。

正直日本史には魅力を感じないのですが、日本キリスト教史は面白い。 コチラの本では、ザビエルたちイエスズ会が布教し、広がっていく過程から日本の権力者サイドでのキリスト教への態度の変化や日本で布教されてき …

no image

『図説 イエス・キリストで』で、新約聖書ゆかりの地を紙上旅行~

GW後半は歴史哲学と倫理学を交互に勉強しました。 倫理学は新約・旧約聖書のあたりがレポート課題。 なので、休憩時間に『図説 イエス・キリスト (ふくろうの本/世界の文化)』なる本を読みました。 この本 …