『よくわかる旧約聖書の歴史』もよみました。

2013年5月10日

日本基督教団出版局さんが出している
樋口先生の『よくわかる旧約聖書の歴史』を読みました。

倫理学の勉強として読み始めたのですが、
タイトルの通り、倫理に関する項目はあまりなく
聖書考古学や聖書歴史学の分野の本でした。

わかりやすくて、歴史の理解にはいい本です。
オリエント考古学とか西洋史特殊1の参考になりそう。。。
オリエント考古学がDでもどってきたら、もう一度読もうと思います(笑)

倫理学
レポート作成に参考できる箇所があったのは、

2度のユダヤ戦争において旧約の歴史は終わった。
しかし、聖書の歴史が終わったのではない~
からはじまる
p187-189のおことば。

キリスト教徒からみて、旧約聖書や、ユダヤ教徒は
どのような立ち位置にあるのか、

信者じゃない私としては わかりませんでした

ここでまとめられている文章を読んで
そうなんだ!!といろいろ納得。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA