文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

アンブローズピアス著『悪魔の辞典』でユーモアを鍛える

投稿日:

アンブローズピアス著新編 悪魔の辞典 (岩波文庫) がおもしろいです。
辞典とついているだけあって、
詩でも、小説でもありません辞典。
しかし、ただの英英、英和辞書などではありません。

対象物を皮肉タップリに説明した
「悪魔の辞典」なのです。
思わず吹いてしまうものも多々。
たとえば。。。

例)日記
→自分の生活の中で、
自分自身に対して顔を赤らめずに物語ることができる部分についての日々の記録。

・・・(笑)  

例)いかさま医者
→免許状を持たない殺し屋
・・・(笑) 

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

イケメン紳士 シドニーに関する詩を探す

  先日、はじめて学ぶ英文学史↑という本で イケメンを髣髴とさせるsirフィリップ・シドニー作『アストロフェルとステラ』という詩をみつけ、感銘を受け、心にメモってブックマークしていたのですが …

no image

レポート参考文献探し『イギリス文学案内』という本をかりてきました。

図書館で『イギリス文学案内』という本を借りてきたので読んでいます。 その名のとおり、 イギリスの文学史に名だたる人物をひとりひとりまとめた一冊で、文学史のレポートを書くのに役立ちました。テキストの『資 …

no image

チャールズ・ディケンズ『リトル・ドリット』途中まで 感想

  タイトル:リトル・ドリット 内容:(まだ読み途中なので、、断片的ですが) 中国から帰ってきたアーサー債権者監獄で生まれたリトルドリット元囚人のイタリア人 と自称コスモポリタン リゴー デ …

no image

人生を考えさせられる ディケンズ『クリスマスキャロル』感想

****なんか、読書感想文をここから引用する人がいるみたいなのであらすじについては消しました夏休み終わったら復活させますww クリスマスキャロル(クリスマスカロル)はいろんな出版社から日本語訳出ていま …

no image

ハリーポッターの映画に隠された(?)マクベスのワンシーン

ハリーポッターが好きです。 英会話や長文読解の勉強の多くはハリーポッターの原書購読と、映画で習得しました。映画はDVDの設定を英語字幕/英語音声にすると、とすんなり頭に入ります。 ハリーポッターの映画 …