文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

【本】世界でいちばん面白い英米文学講義 (感想 その1)

投稿日:

 

タイトル:世界でいちばん面白い英米文学講義―巨匠たちの知られざる人生

内容:アメリカ人教授が英米文学の講義でお話した内容を本にしたもの。チョーサーから年代順に、作家ごとに章にわけて説明している。教科書のように堅苦しくないので、初心者にも楽しく読める一冊。

おもしろそうなタイトルの本を発見したので、
読んでみました。
前回につづいてこの本も良本でした。
著者はアメリカ人。アメリカ人の視点から英米文学を見ています。
多分ディケンズが専門?かな???

この本で、すごい!そうなんだ!!!と感激したのは、
チョーサーの解釈のページです。

チョーサーといえばカンタベリー物語で、
英文学に特徴な「風刺とユーモア」はここから来ている~
とも言われるくらいキーマンです。

そんなチョーサーですが、
どのへんで、皮肉を利かせているのか、この本で
教授が丁寧に教えてくれます。

まず、巡礼のご一行にいた
シェフ?料理人の説明。
おいしい料理をつくrシェフが一向にいてうれしいなぁ~という文かとおもいきや
隠れている皮肉に苦笑い。

これ、私だったら普通に
「すねに怪我している、一流の料理人なのかな~」で通り過ぎちゃいますが、
さすが、チョーサーは研究しつくされているだけある。深い。すごい!!
説明の2ページに感動www

あとは、尼さんの表現もチョーサー節がでていて、
もう、、感動です。
カンタベリー物語、絶対読み直します!!きめた!

チョーサーのあとはシェイクスピアの説明。
『近世英文学史』の教科書は
ただただ「シェイクスピアは天才!すごすぎる!超越している!」的な
崇拝者のような意見しか頭に入ってきませんでしたが、

この本では、戯曲の才能の話だけじゃなく、
シェイクスピアの劇場経営のうまさが説明されていて、
商才をもかんじました。

あと、この時代、
「イマイチな劇だと観客からトマトを投げつけられる」
という雑学を得て、
うん、どこかでこの無駄雑学を使いたい=とムズムズww
ちなみに、シェイクスピアは一度も投げつけられたことはないらしい。さすが。

もうひとつ広めたい雑学を得ました。
今の時代、劇場に行くとポップコーンとかバカ高くうっていますが
劇場内に店を入れたのも彼の知恵なんだそうです。
たしかに、エフェスやパルミラなどでローマ時代の劇場あとをいくつか見ましたが、
あの頃の劇場内には、お店は無かったきがする。。。

その次の章は
ディケンズの次に好きな
ジェーンオースティンの章。
感想は次回(*^。^*)/~

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『ハックルベリーフィンの冒険』感想1

タイトル:ハックルベリー・フィンの冒険〈上〉 (岩波文庫) 内容: 前作でトムとハックがひょんなことから大金をゲットする。 それほしさに、親権を主張するアルコール依存症の父。父親の暴力に耐えかねて逃げ …

no image

英国ではMother gooseじゃなくて、Nursery Rhymesらしいです。

  「パタリロ」というアニメをアニマックス?だか、キッズチャンネルでよくみていたのですが、 EDテーマで「だれが殺したクックロビン~」というフレーズがありクックロビンってなんだ?と以前から気 …

no image

ハリーポッターの映画に隠された(?)マクベスのワンシーン

ハリーポッターが好きです。 英会話や長文読解の勉強の多くはハリーポッターの原書購読と、映画で習得しました。映画はDVDの設定を英語字幕/英語音声にすると、とすんなり頭に入ります。 ハリーポッターの映画 …

no image

アイルランドといったら『アンジェラの灰 』

アイルランド系移民 アメリカ人のフランクマコート自伝的小説。アルコール依存症で仕事もできない父親はいつもパン買う金まで酒に使ってしまう。 そんなダメ父が「出稼ぎに行く!」と言いそのまま音信不通になった …

no image

加藤恭子『アーサー王伝説紀行神秘の城を求めて』読んだ!

 タイトル;アーサー王伝説紀行―神秘の城を求めて (中公新書) 内容:アーサー王伝説の概要と、舞台となったと推測されている場所を訪れた著者がそこで何を見たか、現地の人はどうみているのかなどが …