文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

【本】世界でいちばん面白い英米文学講義 (感想 Jオースティン)

投稿日:

 

タイトル:世界でいちばん面白い英米文学講義―巨匠たちの知られざる人生
感想その1の続きです。シェイクスピアのあとには
大好きなジェーンオースティンの章。彼女の小説・・・
ジェーンオースティンで一番すきなのは「傲慢と偏見」です。あとは「エマ」
「説き伏せられて」もお気に入り。話し出したら止まらないほど好きです。

ジェーンといえば、彼女の生涯をえがいた映画が数年前に上映されました。
それを当時の友人と一緒に見に行った思い出があります。

『ジェインオースティン 秘められた恋』という映画。
 
この映画はちょうど、ジェーンオースティンのおうちの家計がおもわしくなく、
結婚相手を身内がごそごそ探し出して、うんざりのジェーン~みたいなストーリーから始まる。
最初のあたりで、ジェーンが「すきでもない男と結婚するなんて、豚と同じじゃない!」みたいなこといって
怒っているシーンがありました。
私の友人は働きたくないという理由で、たいしてすきでもなかった男と結婚し、
うつ病かなんかになってしまった子だったので、
相当響いたみたいです。

ジェーンオースティンにとって、結婚は純愛の末にするものだという認識でした。

結局生涯独身で世を去りました。

ジェーンオースティンの描く恋愛は、なんというか、、少女マンガのような設定、
そして、宝塚のような雅がある。

私は、
彼女の描く女性像が結構すき。
女性が描いているから?芯がしっかりしていて
なよなよしていないところとか、独立心つよいところとか。

そして、男性もすてき!
ジェーンオースティンの小説に出てくる理想の男性像を追い求めて
なかなか結婚できないFANは多いみたいですが*^。^*)
まあ、気持ちはわかる。

ダーシーとナイトリーはイケメンです(*^。^*)

ジェーンオースティンの生涯は、切ない幕引きでしたが、
彼女の生き方にも、作品にも、さらに愛着わきました。

このあとは、さらにだいすきなディケンズ!!
。。は次回。

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

トマスモア『ユートピア』感想

タイトル:ユートピア (岩波文庫)  内容:イギリスの人文主義者トマスモアによる書物。空想の国ユートピアを語りつつ、イギリス国内の政治などに対する悪口ぶつぶつ書いた本(?) トマスモアのユー …

no image

英国ではMother gooseじゃなくて、Nursery Rhymesらしいです。

  「パタリロ」というアニメをアニマックス?だか、キッズチャンネルでよくみていたのですが、 EDテーマで「だれが殺したクックロビン~」というフレーズがありクックロビンってなんだ?と以前から気 …

no image

オーウェル『動物農場』読み終えましたが、この本、すごい!!!

衝撃受けました。なんというか・・・、こんなん初めて読みました。 人間を追い出してから、動物たちが動物たちだけの農場を経営し、 国のような物をつくりあげていくのですが、さいしょ、人間のいない、理想の農場 …

no image

子どもの誕生日にピーターラビットセットをプレゼント

  私の兄弟は、一人だけ結婚していて、子どもが一人。 こういうシチュエーションに置かれた子どもは誕生日になるといろんな人から誕生日プレゼントがもらえます。 私も弟と合同出費で絵本をプレゼント …

no image

ジェーンオースティン『エマ』映画版感想

『傲慢と偏見』と並ぶオースティンの傑作『エマ』の映画盤を先週末見ました。 オースティンの作品は今読んでも古臭くなく、ひとつの空間で繰り広げられる人間模様がひきつけられるんです。だからやめられない。 原 …