文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

キリスト教史 ヨーロッパ史

『聖書入門』でイエスキリスト磔刑の意味を知る・・・・

投稿日:

タイトル:聖書入門 (岩波新書)
内容:紀元前から連綿と続くヘブライズムの源流からたどってきた歴史がわかりやすく説明されている本。
ヤハウェ中心の旧約から、視点がキリストに移り・・・

倫理学のレポートに参考になりそうな本を探し
小塩力『聖書入門』にたどり着きました。

この本は、面白かったです!レポートの参考にもなりました!

前半は旧約聖書の説明。

セム族の一つのわかれが、
ヘブライ的精神を歴史的に具体化し登場したところからはじまり、

古代東方の専制的な国家群にはさまれて苦難の連続を経験した弱小民族が、
絶対権力に対していかに生き延びて行ったか・・・

思想的・信仰的に純化昇華した
神にをあらゆる生活の主とすることで一体感をたもった、
つまり、「神の唯一性が民族の思想を統一しえた」と述べられていました。

旧約聖書は、ヤハウェを中心とするものでしたが、
新約聖書になると「仲保者」に重点が移っていきます。イエスキリストです。

新約聖書のクライマックスは
なんといっても「十字架にかけられ肉の死を迎えるイエス」のシーンだとおもいますが、
この場面の重要性について解説されていて、
このシーンが、キリスト教の教義の中心にくるものだとわかりやすく述べられていて
勉強になりました。
このあたりは、レポートの内容になるので、書くのは控えますが、
エレミアからキリストの磔刑あたりを勉強していくと
もうちょっとでクリスチャンになっちゃいそうで・・・

深入りはちょっとまずいですね(笑)

ランキング参加しています
ぽちっとお願いします。
↓↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

-キリスト教史, ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

佐藤賢一著『英仏百年戦争』感想

  タイトル:英仏百年戦争 (集英社新書) 直木賞作家佐藤賢一著。英仏百年戦争とは何か。そもそも本当に100年の戦争だったのか百年戦争の原因をノルマンコンクェストから掘り下げて解説してくれて …

no image

科学哲学のレポート2アウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違い

科学哲学のレポートその2です。 課題タイトルはアウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違いです。 今回はアウグスティヌスの時間論に関して。アウグス ティヌス 告白 (下) (岩波文庫 青 …

no image

EHカー『歴史とは何か』 歴史における神について

タイトル:歴史とは何か (岩波新書) 内容:史学概論といえばコレ!歴史学の入門書ともいうべき本。歴史学がたどってきた歴史と、歴史家が持つべき視点などが書かれています。 史学概論のレポート作成のため、E …

no image

E・H・カー『歴史とは何か』を読みはじめました。

タイトル:歴史とは何か (岩波新書) 内容:歴史学の入門書ともいうべき本。歴史学がたどってきた歴史と、歴史家が持つべき視点などが書かれています。 史学概論のレポートに取り掛かりました。史学概論は、大学 …

no image

『中世ヨーロッパの都市世界 (世界史リブレット) 』感想

  タイトル:中世ヨーロッパの都市世界 (世界史リブレット) あらすじ中世ヨーロッパの都市の特徴が多角的視点から書かれている本です。 今日は母校の図書館でレポート仕上げていました。何冊も読ん …