文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

オーウェルの『動物農場』読み始めました。

投稿日:

英語Ⅲのテキストにある『象を撃つ』でおなじみ
オーウェルの小説を読み始めました。

『動物農場』です。

おとぎばなしとかいてある とおり、
子どもでも読めるくらい漢字が少ない本です。

かといって、簡単な物語なのかというと、
そうではない感じがします。

まだ10ページくらいしか読んでませんが、

人間が寝静まった夜?
動物たちの会議のようなものがはじまります。

イギリスの国土は貧しいが、
動物たちが幸せに生きていけるだけの豊富な資源はある、
しかし、生まれてから死ぬまで、何ゆえこのような奴隷生活を強いられているのか、

それは消費することしかしない 人間のせいである。

人間は卵も産まないし、牛乳も出さない、 ひよわでたいして畑も耕せないのに
動物の頂点に君臨し、動物たちを奴隷扱い、労働のお礼に与えられるものは、
飢え死にしない程度の食糧だけ
労働ができなくなった動物たちは、非情にも簡単に殺される、
それはーーー!!!

・・・・というところまで読みました。

面白すぎて、早く帰って読みたいです。

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『ハックルベリーフィンの冒険』感想1

タイトル:ハックルベリー・フィンの冒険〈上〉 (岩波文庫) 内容: 前作でトムとハックがひょんなことから大金をゲットする。 それほしさに、親権を主張するアルコール依存症の父。父親の暴力に耐えかねて逃げ …

no image

ハリーポッターの映画に隠された(?)マクベスのワンシーン

ハリーポッターが好きです。 英会話や長文読解の勉強の多くはハリーポッターの原書購読と、映画で習得しました。映画はDVDの設定を英語字幕/英語音声にすると、とすんなり頭に入ります。 ハリーポッターの映画 …

no image

13年ぶりに読んだ『ハムレット』感想

世界文学のすごさは、自分の読んだ時期によって、まったく違った印象を与えてくれることじゃないでしょうか。その深さゆえ、何度読んでも 何かしらの発見がある。 ハムレットもそのひとつでした。 昨日はごろごろ …

no image

イケメン紳士 シドニーに関する詩を探す

  先日、はじめて学ぶ英文学史↑という本で イケメンを髣髴とさせるsirフィリップ・シドニー作『アストロフェルとステラ』という詩をみつけ、感銘を受け、心にメモってブックマークしていたのですが …

no image

トマスモア『ユートピア』感想

タイトル:ユートピア (岩波文庫)  内容:イギリスの人文主義者トマスモアによる書物。空想の国ユートピアを語りつつ、イギリス国内の政治などに対する悪口ぶつぶつ書いた本(?) トマスモアのユー …