文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

『中世英仏関係史 ~ノルマン征服から百年戦争終結まで 』感想

投稿日:

タイトル:中世英仏関係史 1066-1500: ノルマン征服から百年戦争終結まで
内容:ノルマンコンクェストから、バラ戦争までの
中世イギリス、フランスの複雑に絡み合った歴史が書かれている本です。
封主と臣下という関係であった両国が、どんな歴史を経て、分離していったか、
わかりやすく説明されています。
英仏だけでなく、周辺地域・・・フランドルやスコットランド、そしてローマ教皇庁などの関係の記述も
興味深いです。

近所の図書館に、珍しくいい本がおいてあったので、
かりてきました。

創元社から出ている『中世英仏関係史』という本です。今年発刊されたばかりの
できたてホヤホヤの歴史本!!

実は、なんでこれいい本なのかといいますと・・・
著者の一人が「渡辺節夫教授」なのです。
明大にいたころ、渡辺教授が『西洋史概説』を担当されていました。

英仏封建制度の講義が中心でした。
なので、渡辺教授というと、
封建制。封建制というと渡辺教授が思い浮かびます。

前回書いた『マグナカルタの世紀』でも説明ありましたが、
ここでもジョン王についての記述が面白い!

やっぱり、城戸先生と同じく「ジョン王は勇気がなくって、怠惰だったのではない。むしろ実業家としては有能だった」と書いています。
ジョンに問題があったというよりむしろ、仏王権の急激な財政的な拡大を中心にあげていました、

英仏関係史というタイトルなので、
フランスとイギリスの内政や、からみが
比較されていたり、どのあたりから分離が進んでいったのかわかりやすかったり、
この本も参考になりました~!

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ミシュレ『フランス革命史 上』を読みました。

19世紀のフランス文学1のレポート書くためにミシュレ『フランス革命史 上』を読みました。 最初の50ページくらいが、桑原先生によるミシュレの解説、その後に本編が続いています。 レポート書くには、本編は …

no image

19世紀のフランス文学レポート1「ミシュレについて」 ミシュレの描く歴史

続いての「大学時代のレポート」中身公開?後悔wwwは、19世紀のフランス文学という科目です。 私は19世紀のイギリス文学が大好きですが、そういう科目はなかった記憶があります。でも19世紀のフランス文学 …

no image

『これだけは知っておきたい聖書の考古学』感想

現在「オリエント考古学」の勉強中です。 入っている慶友会「東京三田クラス」のあつまりは、土曜のPMなので、AMは慶應三田キャンパスのメディアセンターに行くようにしています。 今回は、先週後半からはじめ …

no image

思い出の画集『botticelli【ボッティチェリ】』を持って帰ってきた

先週は、4年ぶり?くらいに実家へ帰りました。そして、手に持てる範囲の本をお持ち帰り。 慶應通信を卒業するために必要そうな本の一部。あとは、高かった本などWW 高校生のころ、バイト代10日分くらい吹っ飛 …

no image

『消えた古代都市バビロニア』感想~!ネブカドネザルは思ったより残虐ではない?

タイトル:消えた古代文明都市―バビロニア (アリアドネ古代史スペクタクル) 内容:古代都市「バビロニア」について書かれた本。バビロニア王国成立前の歴史から入り、政治史の章、ユダヤとのかかわり、バビロン …