文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

『中世英仏関係史 ~ノルマン征服から百年戦争終結まで 』感想

投稿日:

タイトル:中世英仏関係史 1066-1500: ノルマン征服から百年戦争終結まで
内容:ノルマンコンクェストから、バラ戦争までの
中世イギリス、フランスの複雑に絡み合った歴史が書かれている本です。
封主と臣下という関係であった両国が、どんな歴史を経て、分離していったか、
わかりやすく説明されています。
英仏だけでなく、周辺地域・・・フランドルやスコットランド、そしてローマ教皇庁などの関係の記述も
興味深いです。

近所の図書館に、珍しくいい本がおいてあったので、
かりてきました。

創元社から出ている『中世英仏関係史』という本です。今年発刊されたばかりの
できたてホヤホヤの歴史本!!

実は、なんでこれいい本なのかといいますと・・・
著者の一人が「渡辺節夫教授」なのです。
明大にいたころ、渡辺教授が『西洋史概説』を担当されていました。

英仏封建制度の講義が中心でした。
なので、渡辺教授というと、
封建制。封建制というと渡辺教授が思い浮かびます。

前回書いた『マグナカルタの世紀』でも説明ありましたが、
ここでもジョン王についての記述が面白い!

やっぱり、城戸先生と同じく「ジョン王は勇気がなくって、怠惰だったのではない。むしろ実業家としては有能だった」と書いています。
ジョンに問題があったというよりむしろ、仏王権の急激な財政的な拡大を中心にあげていました、

英仏関係史というタイトルなので、
フランスとイギリスの内政や、からみが
比較されていたり、どのあたりから分離が進んでいったのかわかりやすかったり、
この本も参考になりました~!

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

イギリスの封建制度の変化について

イギリスの封建制度は、アングロサクソン時代末期からすでに定着していたが、ノルマンコンクェスト以降は、領域諸侯領の構図をなしており、伯領を寄せ集めて作った国で、王権が強大だった点に特徴がある。イギリスは …

ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』の身体の軽蔑者 がおもしろかった

毎日本を持ち歩いています、今日は本棚にある本を適当にとって、それを読みました。 今日読んだ本がこちらです ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』 私はニーチェについて詳しく勉強したことがない …

no image

『聖書入門』でイエスキリスト磔刑の意味を知る・・・・

タイトル:聖書入門 (岩波新書)内容:紀元前から連綿と続くヘブライズムの源流からたどってきた歴史がわかりやすく説明されている本。ヤハウェ中心の旧約から、視点がキリストに移り・・・ 倫理学のレポートに参 …

no image

『中世ヨーロッパの都市世界 (世界史リブレット) 』感想

  タイトル:中世ヨーロッパの都市世界 (世界史リブレット) あらすじ中世ヨーロッパの都市の特徴が多角的視点から書かれている本です。 今日は母校の図書館でレポート仕上げていました。何冊も読ん …

no image

ユダヤサイドから見た西洋史を読む!『ユダヤ人の歴史』感想

  タイトル:ユダヤ人の歴史 (世界歴史叢書) 内容:古代から現代までのユダヤ人の歴史について書かれた本です。ユダヤ人に関する本はたくさんありますが、こちらの本の特徴は、著者がユダヤ人という …