文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史 西洋哲学

プレハーノフ『歴史における個人の役割について』という古めかしい本読んだ

投稿日:

ヘーゲルの「あらゆる有限なものには偶然的な要素がある」との考えを否定し、

プレハーノフは社会主義者目線で、
歴史における個人の役割について考えました。

社会関係、生産関係から歴史が動くと考えたプレハーノフさん。

こちらの本、アマゾンでも楽天でも区の図書館にもなくって、
探しました・・・・
母校の図書館にあったのですが、
もう、、アンティークというほかないほどの擦り切れた本で、
小麦色にやけていました。

発行が昭和三十三とかいてありましたよ・・・。
昭和33年といったら、私の親と同じ歳(笑)

50年以上明大生を悩まし続けたことでしょう・・・

ヘーゲルの『歴史哲学講義』より数段読みづらかったです。
括弧が多くて、しかもカッコ内が長くて、どこからが括弧終了なんだろといったかんじで・・・。

ヘーゲルもプレハーノフも、
「英雄」によって歴史は作られるという点では共通の考えを持っていますが、
ヘーゲル→実は「見えざる手」による傀儡である。
みたいな事を言っていましたが、

プレハーノフ→英雄が歴史を作る、しかし、その英雄とは、個人の才能だけではなく、ある一定の社会条件のもとに生まれる
のようなことをいっていました気がします。

この本、120ページくらいの本ですが、
結局、何かいてあるのかわからないことだらけでした。
月食のたとえとか・・・・。

この本は、内容はともかく、
批判がとげとげしい、、、そちらのほうが気になりました。

-ヨーロッパ史, 西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『プリンキアを読む』という本を読みました。

プリンキアとは、ニュートンの著書。 物体が何も存在しない空虚な空間(真空)が存在するか否かは古代ギリシア以来、論争の対象になっていました。 アリストテレスは 真空というものの存在を否定しましたが、一方 …

no image

修正派の矛盾を暴く『アウシュヴィッツと(アウシュヴィッツの嘘) 』感想

タイトル:アウシュヴィッツと(アウシュヴィッツの嘘) (白水Uブックス)内容:「大量殺戮は無かった」「死んだユダヤ人の数はずっと少ないものだった」などど広める、修正派の矛盾した歴史を否定し、アウシュビ …

マイケル・サンデル『これから「正義」の話をしよう 今を生き延びるための哲学』読み始めてみた

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学読んでみた 2484円 文庫だと900円で買えるらしい・・・・(知らなかった) ハーバード大学の教授マイケル・サンデルの著書です。 サンデル …

no image

『アウグスティヌス『告白録』講義』を読みました。

この本、なんかいも読んだ気がします。こちらの本、単体で読むと難しいのですが、 『告白』の解説本として、『告白』と照らし合わせながら読むととてもわかりやすいので、交互に読みました。 私が書きたかったレポ …

no image

エドマンドキング『中世イギリス』感想 イギリス萌え~

タイトル:エドモンドキング『中世のイギリス  』内容:ノルマンコンスクエストからつづくイギリス・・・イングランドの歴史を、時代の流れとともに書いてある本。イギリス中世史の概説がわかりやすく説明。 英中 …