文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史 西洋哲学

ヘーゲル『歴史哲学講義』読んでレポート作成。

投稿日:

 

歴史哲学のレポート作成のために
ヘーゲルの『
歴史哲学講義 (上) (岩波文庫)』を読みました。

人間がほかの動物とは違うのは、思考するからだ と、
理性について述べ、

理性の世界支配」と 若干怪しい世界史感を漂わせ、話がすすんでいます。

ヘーゲルによると
世界史の本質は、精神の発達段階で、
精神のすべての性質は自由なくして存在せず、
よって、世界史とは自由の意識が前進していく過程である
と考えていたようです。

そこで、上記述べた自由と、
原始的?暴力的な自由との違いを述べて、
自由の定義づけなどをしています。

ヘーゲルは、自由の実現体たる国家をかたっていきますが・・・
インド 中国など、、、と比べて

下巻では、
理想国家プロイセンワッショイと占めているところで、本を読み終え・・・

わかったような、わからなかったようなで歴史哲学のレポートに追加。
GW後半1日目

岩波文庫では、歴史哲学講義、上下に分かれていますが、
レポート書くために 買うなら上巻だけで充分かなあとおもったり・・・。

******

GW終了しましたが、
5/5にレポートを書き終え、
5/6に無事提出しましたーーっ!!
目標達成!!!次は科学哲学ですね
image

ランキング参加しています
応援お願いします。
↓↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

-ヨーロッパ史, 西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『科学哲学(ブックガイドシリーズ基本の30冊)』 感想

  タイトル:科学哲学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊) 本の内容:アリストテレスからはじまり、現代の科学哲学まで、 科学哲学に関する本の紹介と、それぞれの哲学者の考えの説明が わかりや …

no image

デカルト『情念論』をまた よみはじめ

去年途中でよみやめた デカルトの「情念論 (岩波文庫) 」再開しました。デカルトときくだけで以前読んだ書物での長生きエピソードと起床時間エピソードがちらついてしまいますww すべてを疑うことによって物 …

no image

西洋哲学史レポート1 アウグスティヌスの記憶論

大学時代に書いた西洋哲学史1?のレポートもありました。 文字数的には、これはかきとちゅうのレポートだったかも?? このレポートはアウグスティヌスのレポートみたいです。中身は記憶論。 アウグスティヌス「 …

no image

アウグスティヌス 記憶論

アウグスティヌス 記憶論のレポートのつづきです   3、想起 記憶によって内部に保管されたものは、想起によって確認される。しかし、いつでもすべてを想起するということはできない。「かつて恐れた …

no image

イギリスの封建制度の変化について

イギリスの封建制度は、アングロサクソン時代末期からすでに定着していたが、ノルマンコンクェスト以降は、領域諸侯領の構図をなしており、伯領を寄せ集めて作った国で、王権が強大だった点に特徴がある。イギリスは …