文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史 西洋哲学

ヘーゲル『歴史哲学講義』読んでレポート作成。

投稿日:

 

歴史哲学のレポート作成のために
ヘーゲルの『
歴史哲学講義 (上) (岩波文庫)』を読みました。

人間がほかの動物とは違うのは、思考するからだ と、
理性について述べ、

理性の世界支配」と 若干怪しい世界史感を漂わせ、話がすすんでいます。

ヘーゲルによると
世界史の本質は、精神の発達段階で、
精神のすべての性質は自由なくして存在せず、
よって、世界史とは自由の意識が前進していく過程である
と考えていたようです。

そこで、上記述べた自由と、
原始的?暴力的な自由との違いを述べて、
自由の定義づけなどをしています。

ヘーゲルは、自由の実現体たる国家をかたっていきますが・・・
インド 中国など、、、と比べて

下巻では、
理想国家プロイセンワッショイと占めているところで、本を読み終え・・・

わかったような、わからなかったようなで歴史哲学のレポートに追加。
GW後半1日目

岩波文庫では、歴史哲学講義、上下に分かれていますが、
レポート書くために 買うなら上巻だけで充分かなあとおもったり・・・。

******

GW終了しましたが、
5/5にレポートを書き終え、
5/6に無事提出しましたーーっ!!
目標達成!!!次は科学哲学ですね
image

ランキング参加しています
応援お願いします。
↓↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

-ヨーロッパ史, 西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

帝国とは何かを考える。『岩波講座 世界歴史〈5〉帝国と支配―古代の遺産 』

タイトル:岩波講座 世界歴史〈5〉帝国と支配―古代の遺産 内容:帝国とは何か、何をもって帝国というのかという疑問の答えを考えていくことから始まる歴史書で、 地域や時代順で解説している歴史書が多い中、 …

no image

ウェーバー『職業における政治』視点からみるメディアの在り方について

参考文献一覧がなかったので、書きかけかもしれないwww 〈序〉  ウェーバー著『職業における政治』によると、せまい意味での政治とは、政治団体(国家)の指導であり、その指導に影響を与えようとする行為であ …

no image

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか レポート

西洋哲学史2のレポートもでてきました。 デカルトの省察をよんで書いたレポートです。このレポートで課題クリアした記憶がありませんwww おちたレポートかもww   西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察 …

no image

『聖書入門』でイエスキリスト磔刑の意味を知る・・・・

タイトル:聖書入門 (岩波新書)内容:紀元前から連綿と続くヘブライズムの源流からたどってきた歴史がわかりやすく説明されている本。ヤハウェ中心の旧約から、視点がキリストに移り・・・ 倫理学のレポートに参 …

no image

アウグスティヌス 告白(上)

      カトリックでは聖人に列せられている 「聖アウグスティヌス」が書いた本です。  哲学書としても、神学書としても有名で、1500年たった今でも 世界中で …