日本人が書いた『ユダヤ教の歴史 』感想

2012年11月26日

 タイトル:ユダヤ教の歴史 (宗教の世界史)
内容:ユダヤ教の歴史について書かれた一冊。
受難の連続であったユダヤ教について理解できる一冊。

「セレウコス朝シリア下でのユダヤ人について」調べるために
ユダヤ関係の本を探して、今週末はいろんな本に出会いました。

今度は市川先生の『ユダヤ教の歴史 (宗教の世界史)
』という本です。
ユダヤ人が書いた『ユダヤ人の歴史」という本の後に読んだので、
比較する楽しみがありました。

レポートから脱線して比較に夢中。

日本人か記したユダヤに関する本なので、
客観的意見でたんたんと書かれていて安心感があります。
アンティオコス4世が、『ユダヤ人に無理やり豚肉、ゼウス信仰を強制した」というくだりがありますが、
きっと、前の本だったら
ユダヤ人に無理やり 汚らわしい豚肉、おぞましいゼウス信仰を強制した」といったかんじで、形容詞が追加されそうですね。

セレウコス朝シリア下、プトレマイウス朝エジプト下で
ユダヤ人のヘレニズム化がすすみましたが、
ヘレニズム化していく、その説明が
ユダヤ人が書いた歴史書とはだいぶ違っていて
、そこのところも楽しく読ませていただきました。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA