文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

日本人が書いた『ユダヤ教の歴史 』感想

投稿日:

 タイトル:ユダヤ教の歴史 (宗教の世界史)
内容:ユダヤ教の歴史について書かれた一冊。
受難の連続であったユダヤ教について理解できる一冊。

「セレウコス朝シリア下でのユダヤ人について」調べるために
ユダヤ関係の本を探して、今週末はいろんな本に出会いました。

今度は市川先生の『ユダヤ教の歴史 (宗教の世界史)
』という本です。
ユダヤ人が書いた『ユダヤ人の歴史」という本の後に読んだので、
比較する楽しみがありました。

レポートから脱線して比較に夢中。

日本人か記したユダヤに関する本なので、
客観的意見でたんたんと書かれていて安心感があります。
アンティオコス4世が、『ユダヤ人に無理やり豚肉、ゼウス信仰を強制した」というくだりがありますが、
きっと、前の本だったら
ユダヤ人に無理やり 汚らわしい豚肉、おぞましいゼウス信仰を強制した」といったかんじで、形容詞が追加されそうですね。

セレウコス朝シリア下、プトレマイウス朝エジプト下で
ユダヤ人のヘレニズム化がすすみましたが、
ヘレニズム化していく、その説明が
ユダヤ人が書いた歴史書とはだいぶ違っていて
、そこのところも楽しく読ませていただきました。

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ヘーゲル『歴史哲学講義』読んでレポート作成。

  歴史哲学のレポート作成のためにヘーゲルの『歴史哲学講義 (上) (岩波文庫)』を読みました。 人間がほかの動物とは違うのは、思考するからだ と、理性について述べ、 「理性の世界支配」と  …

no image

修正派の矛盾を暴く『アウシュヴィッツと(アウシュヴィッツの嘘) 』感想

タイトル:アウシュヴィッツと(アウシュヴィッツの嘘) (白水Uブックス)内容:「大量殺戮は無かった」「死んだユダヤ人の数はずっと少ないものだった」などど広める、修正派の矛盾した歴史を否定し、アウシュビ …

no image

史学概論のレポートが戻ってきました。結果は・・・

先月、締め切り駆け込み提出した史学概論のレポートが戻ってきました。 参考文献2冊という、しょうもないレポートでしたが、どうにかC、、、まあ、いいや、再レポにならなかっただけでもありがたいと思うことにし …

no image

加藤恭子『アーサー王伝説紀行神秘の城を求めて』読んだ!

 タイトル;アーサー王伝説紀行―神秘の城を求めて (中公新書) 内容:アーサー王伝説の概要と、舞台となったと推測されている場所を訪れた著者がそこで何を見たか、現地の人はどうみているのかなどが …

ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』の身体の軽蔑者 がおもしろかった

毎日本を持ち歩いています、今日は本棚にある本を適当にとって、それを読みました。 今日読んだ本がこちらです ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』 私はニーチェについて詳しく勉強したことがない …