文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

日本人が書いた『ユダヤ教の歴史 』感想

投稿日:

 タイトル:ユダヤ教の歴史 (宗教の世界史)
内容:ユダヤ教の歴史について書かれた一冊。
受難の連続であったユダヤ教について理解できる一冊。

「セレウコス朝シリア下でのユダヤ人について」調べるために
ユダヤ関係の本を探して、今週末はいろんな本に出会いました。

今度は市川先生の『ユダヤ教の歴史 (宗教の世界史)
』という本です。
ユダヤ人が書いた『ユダヤ人の歴史」という本の後に読んだので、
比較する楽しみがありました。

レポートから脱線して比較に夢中。

日本人か記したユダヤに関する本なので、
客観的意見でたんたんと書かれていて安心感があります。
アンティオコス4世が、『ユダヤ人に無理やり豚肉、ゼウス信仰を強制した」というくだりがありますが、
きっと、前の本だったら
ユダヤ人に無理やり 汚らわしい豚肉、おぞましいゼウス信仰を強制した」といったかんじで、形容詞が追加されそうですね。

セレウコス朝シリア下、プトレマイウス朝エジプト下で
ユダヤ人のヘレニズム化がすすみましたが、
ヘレニズム化していく、その説明が
ユダヤ人が書いた歴史書とはだいぶ違っていて
、そこのところも楽しく読ませていただきました。

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

思い出の画集『botticelli【ボッティチェリ】』を持って帰ってきた

先週は、4年ぶり?くらいに実家へ帰りました。そして、手に持てる範囲の本をお持ち帰り。 慶應通信を卒業するために必要そうな本の一部。あとは、高かった本などWW 高校生のころ、バイト代10日分くらい吹っ飛 …

no image

『マグナ・カルタの世紀―中世イギリスの政治と国制』感想

タイトル:マグナ・カルタの世紀―中世イギリスの政治と国制1199ー1307 (歴史学選書) 内容:中世イギリス・・・マグナカルタが制定された13世紀を中心とした歴史の流れが説明されています。リチャード …

no image

エドマンドキング『中世イギリス』感想 イギリス萌え~

タイトル:エドモンドキング『中世のイギリス  』内容:ノルマンコンスクエストからつづくイギリス・・・イングランドの歴史を、時代の流れとともに書いてある本。イギリス中世史の概説がわかりやすく説明。 英中 …

no image

慶應通信に入学する時の願書に書いた『一冊』

慶應義塾大学通信教育課程に入学するにあたって、願書と一緒にレポートみたいなものを書きましたね・・・うろ覚えですが。 その小論文の一項目があなたが勉強したいジャンルの一冊を述べよみたいなものがあったかと …

no image

『メソポタミアの神々と空想動物』感想

タイトル:メソポタミアの神々と空想動物 (MUSAEA JAPONICA)内容:メソポタミアの世界観と神々について、当時使われていたシンボルの意味について詳しく解説されている書。図が豊富で、わかり易い …