文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

イスラーム

東京国際フェアでゲットしてきたお宝たち

投稿日:

試験を明日に控えた身ですが、
今週開催されている「東京国際ブックフェア」に行ってきちゃいました!!!
image

東京国際ブックフェアのレポートは
旅行ブログに書きましたので、暇な方はどうぞ→http://yaplog.jp/naotaka8787/archive/2788

どこの本屋さんでも山積みにされている人気の本から、
どこの本屋さんにもおいていないマニアックな本まで

日本中からいろんな本が集結するこのイベント。

ここで、イスラーム好きにはたまらない本をゲットしてきたのです!!

本というより、小冊子ですが
image

『イスラムとテロ』
→まだよんでませんが、出版元のムスリム兄さんいわく、
「イスラムというとテロとかやったり、危ないイメージ」と誤解されているので、
それはちがうよーと解説している本らしいです

image

『ラマダーン(断食月)』
→ラマダーンをなぜやるのか、どんなおきてがあるのか、免除される人はどういう人かなどが書かれているらしいです

image

『女性の地位とイスラムにおける結婚』
→イスラムの女性観 結婚観についてかかれた本

今回、一番の大物はこちらでした。

image

ハードカバーのクルアーン(コーラン)ですww
検索かけたら、日本の大学でも10校程度しか所蔵していないレアものでした。

試験終わったら、感想UPしますーー!

-イスラーム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アラブ史教科書・・・

中学生でもわかるアラブ史教科書 価格:1,000円(2012/4/18 13:35時点)感想(4件) 最近、イスラーム関係のレポートを書くために中東関連の書物を読んでいます。 実はこちらはちょっと読み …

no image

アサド政権下のシリアのこと。

私の持っている地球の歩き方のタイトルは「ヨルダン シリア レバノン」ですが、最新号はシリアとレバノンが小文字になっています。先日、シリア大使が国外退去になりましたので、「シリア」は来年から、しばらく無 …

no image

『イスラム世界おもしろ見聞録』 感想

今週末に試験を控えた東洋史特殊の勉強の合間に読みました。 勉強の補助としてより、休憩時間に軽く読むかんじの本です。イスラーム世界について、国ごとに微妙なしがらみだとか、その国独自の思想や民族問題などが …

no image

井筒 俊彦 『イスラーム文化-その根柢にあるもの』感想ふたたび

井筒先生のイスラーム文化を再び読んでいます。今回のレポートのキーになる内容が沢山書かれているので熟読。 井筒 俊彦 『イスラーム文化-その根柢にあるもの』岩波文庫で出ています。井筒 俊彦さんといえば、 …

no image

千一夜物語1巻 感想

 タイトル:完訳 千一夜物語〈1〉 (岩波文庫) 翻訳:豊島 与志雄  佐藤 正彰  渡辺 一夫 岡部 正孝   超簡単なあらすじ:大臣の娘が王に 毎晩毎晩お話を聞かせることによって、殺され …