文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

イスラーム

東京国際フェアでゲットしてきたお宝たち

投稿日:

試験を明日に控えた身ですが、
今週開催されている「東京国際ブックフェア」に行ってきちゃいました!!!
image

東京国際ブックフェアのレポートは
旅行ブログに書きましたので、暇な方はどうぞ→http://yaplog.jp/naotaka8787/archive/2788

どこの本屋さんでも山積みにされている人気の本から、
どこの本屋さんにもおいていないマニアックな本まで

日本中からいろんな本が集結するこのイベント。

ここで、イスラーム好きにはたまらない本をゲットしてきたのです!!

本というより、小冊子ですが
image

『イスラムとテロ』
→まだよんでませんが、出版元のムスリム兄さんいわく、
「イスラムというとテロとかやったり、危ないイメージ」と誤解されているので、
それはちがうよーと解説している本らしいです

image

『ラマダーン(断食月)』
→ラマダーンをなぜやるのか、どんなおきてがあるのか、免除される人はどういう人かなどが書かれているらしいです

image

『女性の地位とイスラムにおける結婚』
→イスラムの女性観 結婚観についてかかれた本

今回、一番の大物はこちらでした。

image

ハードカバーのクルアーン(コーラン)ですww
検索かけたら、日本の大学でも10校程度しか所蔵していないレアものでした。

試験終わったら、感想UPしますーー!

-イスラーム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

マイケルクック「一冊でわかるコーラン」感想

ほんのタイトルが大きく「コーラン」と書かれていたので、コーランの日本語訳が読めるとおもいよんでみました。 【送料無料】 コーラン 1冊でわかる / マイケル・クック 【全集・双書】 価格:1,575円 …

no image

『カラー版 メッカ―聖地の素顔』 感想

タイトル:カラー版 メッカ―聖地の素顔 (岩波新書) 内容:メッカへの巡礼の様子が載っています 岩波新書にはめずらしい?写真ばかりの本です。 メッカといえばイスラームの聖地です。ムスリムの人たちは一生 …

no image

『シリア アサド政権の40年史』読み始めました。

  『職業としての政治』と現代社会うんぬんというレポート課題で「現代社会」部分をどうしようかまよってます。職業としての政治というタイトルなので、現代社会の政治~あたりをレポートに書けばいいの …

no image

アサド政権下のシリアのこと。

私の持っている地球の歩き方のタイトルは「ヨルダン シリア レバノン」ですが、最新号はシリアとレバノンが小文字になっています。先日、シリア大使が国外退去になりましたので、「シリア」は来年から、しばらく無 …

no image

『イランとイスラム―文化と伝統を知る』 感想

 タイトル:イランとイスラム―文化と伝統を知る 内容:イランの歴史とは切り離せないゾロアスターとイスラームとの関係やイランといえば、シーア派。シーア派の歴史などが書いてある本イランとイスラム …