文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史 西洋哲学

『ヘーゲルを読む』を読んでみました~!!

投稿日:

 

岩波文庫『歴史哲学講義』を訳している長谷川先生の
ヘーゲルを読む』を読みました。

精神のすべての性質は自由を唯一の支えとし
すべてが自由のための手段にすぎず
すべては自由を求め
自由だけを生み出すのである

と考えたヘーゲルの世界史観
についての解説が、参考になりました

特に、P199~レポートに役立ちそうな章がありました。

西洋近代において現実に実現されるに至った
自由が実現されたゲルマン近代社会
それがどのように実現していったのか。

歴史哲学講義〈下〉 (岩波文庫)』の国のページを走り読みした私としては、
ああ、、下巻で言いたかったのはこういうことなのか!!!と
ちょっと理解できました~♪

歴史は好きだけど、歴史哲学は意味不明で、
参考文献3冊で、とりあえずレポート出しましたが、、、

たぶん不合格でしょうね・・・

どのへんが読み足りないのか、ご教授いただこうと覚悟で提出しました。

レポートの内容は、実は史学概論の教科書と被っています。

歴史哲学テキスト→史学概論テキスト→参考文献
という順番で読むといいかもしれません~。

-ヨーロッパ史, 西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

史学概論のレポートが戻ってきました。結果は・・・

先月、締め切り駆け込み提出した史学概論のレポートが戻ってきました。 参考文献2冊という、しょうもないレポートでしたが、どうにかC、、、まあ、いいや、再レポにならなかっただけでもありがたいと思うことにし …

no image

日本人が書いた『ユダヤ教の歴史 』感想

 タイトル:ユダヤ教の歴史 (宗教の世界史)内容:ユダヤ教の歴史について書かれた一冊。受難の連続であったユダヤ教について理解できる一冊。 「セレウコス朝シリア下でのユダヤ人について」調べるた …

no image

シュベグラー『西洋哲学史上巻』アリストテレスの部分・・・感想

タイトル:西洋哲学史 (上巻) (岩波文庫 (33-636-1)) 内容:西洋哲学史を時代別に解説。プラトン・アリストテレスあたりが比較的細かく説明。 シュベグラーの西洋哲学史上巻をちょいとランチ時に …

no image

デカルト『情念論』をまた よみはじめ

去年途中でよみやめた デカルトの「情念論 (岩波文庫) 」再開しました。デカルトときくだけで以前読んだ書物での長生きエピソードと起床時間エピソードがちらついてしまいますww すべてを疑うことによって物 …

no image

『中世英仏関係史 ~ノルマン征服から百年戦争終結まで 』感想

タイトル:中世英仏関係史 1066-1500: ノルマン征服から百年戦争終結まで 内容:ノルマンコンクェストから、バラ戦争までの中世イギリス、フランスの複雑に絡み合った歴史が書かれている本です。封主と …