文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史 西洋哲学

『ヘーゲルを読む』を読んでみました~!!

投稿日:

 

岩波文庫『歴史哲学講義』を訳している長谷川先生の
ヘーゲルを読む』を読みました。

精神のすべての性質は自由を唯一の支えとし
すべてが自由のための手段にすぎず
すべては自由を求め
自由だけを生み出すのである

と考えたヘーゲルの世界史観
についての解説が、参考になりました

特に、P199~レポートに役立ちそうな章がありました。

西洋近代において現実に実現されるに至った
自由が実現されたゲルマン近代社会
それがどのように実現していったのか。

歴史哲学講義〈下〉 (岩波文庫)』の国のページを走り読みした私としては、
ああ、、下巻で言いたかったのはこういうことなのか!!!と
ちょっと理解できました~♪

歴史は好きだけど、歴史哲学は意味不明で、
参考文献3冊で、とりあえずレポート出しましたが、、、

たぶん不合格でしょうね・・・

どのへんが読み足りないのか、ご教授いただこうと覚悟で提出しました。

レポートの内容は、実は史学概論の教科書と被っています。

歴史哲学テキスト→史学概論テキスト→参考文献
という順番で読むといいかもしれません~。

-ヨーロッパ史, 西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

斉藤孝『ざっくりわかる西洋思想史』感想

声に出して読みたい日本語でおなじみ斎藤孝先生の本を読んでみました。 齋藤孝のざっくり!西洋思想 価格:1,575円(2012/4/24 15:40時点)感想(0件) 斉藤孝先生の講義は明大にいたころか …

no image

修正派の矛盾を暴く『アウシュヴィッツと(アウシュヴィッツの嘘) 』感想

タイトル:アウシュヴィッツと(アウシュヴィッツの嘘) (白水Uブックス)内容:「大量殺戮は無かった」「死んだユダヤ人の数はずっと少ないものだった」などど広める、修正派の矛盾した歴史を否定し、アウシュビ …

no image

マルク ブロック 『封建社会』感想

西洋史専攻なら避けて通れない大家の基本中の基本の本、いまさらながらに読んでいます。 この本、歴史はもちろん、ヨーロッパの地理に明るくないと、難しい本です。 タイトルのとおり、封建社会について述べられて …

no image

歴史哲学のレポート作成開始。

倫理学の勉強と併用して歴史哲学のレポート作成にも取り掛かりました。 うちの近所の図書館にはプレハーノフに関する文献は皆無ですね・・・ ヘーゲルはうちにある本でカバーしようと思います。 ヘーゲルの歴史哲 …

no image

ハイデガー哲学 『存在と時間ー統合的解釈の試み』感想 

内容:ハイデガーの『存在と時間』の解釈からなる本。結構ページ数多いうえに、内容がかなり濃いです。ハイデガーを深く知るにはぴったりの解説本。 法政大学出版局の『存在と時間ー統合的解釈の試み』を読みました …