文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

キリスト教史 ヨーロッパ史

EHカー『歴史とは何か』 歴史における神について

投稿日:

タイトル:歴史とは何か (岩波新書)
内容:史学概論といえばコレ!
歴史学の入門書ともいうべき本。
歴史学がたどってきた歴史と、
歴史家が持つべき視点などが書かれています。

史学概論のレポート作成のため、EHカー『歴史とは何か』 を読んでいます。

レポートとはあまり関係なさそうですが、
昔、卒論で神学にちょっと触れたことがあったので、
歴史における神についての項目が個人的に興味がありました~。

真面目な歴史家が、信心深い人間であることは可能ですが、

宗教をトランプのジョーカーのように考えてはいけない」と
カーは説明しています。

たとえば、
昼間を伸ばしてヨシュアの軍勢を助けた
神が干渉してアマレキ人を殲滅させた
だとかは、

歴史学としてはxです。

歴史というのはジョーカーを使わず行うゲームだと説明しています。

歴史に限らず、
宗教と学問との対立は、今日でも難しい問題ですよね・・・

カトリック教会が地動説をみとめたのが、最近・・・1992年だし、
進化論も否定するし。

-キリスト教史, ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

史学概論のレポートその1 ランケとか発見理論とかのやつ?

史学概論のレポートは書きかけのやつと、書き終わったポイやつ二種類ありました。史学概論のレポートは書きかけのやつと、書き終わったポイやつ二種類ありました。レポートのタイトルは正直忘れました。中身読め …

no image

ヨーロッパ中世社会史事典 感想~

タイトル:ヨーロッパ中世社会史事典内容:中世ヨーロッパ史を学ぶ際にたびたび出てくる用語を、単語別に解説している事典。アナール派の視点から解説してある本。 歴史学の革新―「アナール」学派との対話 &nb …

no image

イギリスの封建制度 マグナカルタ以降について

3、マグナ・カルタ 王権の伸長を狙っていたジョン王は、封主であるフランス王に逆らい、戦争に負け大陸領を没収された。ジョンは王の封建的諸権利に基づき統治をし、権利の侵害も盛んに行っていた。そのためしばし …

no image

プレハーノフ『歴史における個人の役割について』という古めかしい本読んだ

ヘーゲルの「あらゆる有限なものには偶然的な要素がある」との考えを否定し、 プレハーノフは社会主義者目線で、歴史における個人の役割について考えました。 社会関係、生産関係から歴史が動くと考えたプレハーノ …

no image

ミシュレ『フランス革命史 上』を読みました。

19世紀のフランス文学1のレポート書くためにミシュレ『フランス革命史 上』を読みました。 最初の50ページくらいが、桑原先生によるミシュレの解説、その後に本編が続いています。 レポート書くには、本編は …