文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

キリスト教史 ヨーロッパ史

EHカー『歴史とは何か』 歴史における神について

投稿日:

タイトル:歴史とは何か (岩波新書)
内容:史学概論といえばコレ!
歴史学の入門書ともいうべき本。
歴史学がたどってきた歴史と、
歴史家が持つべき視点などが書かれています。

史学概論のレポート作成のため、EHカー『歴史とは何か』 を読んでいます。

レポートとはあまり関係なさそうですが、
昔、卒論で神学にちょっと触れたことがあったので、
歴史における神についての項目が個人的に興味がありました~。

真面目な歴史家が、信心深い人間であることは可能ですが、

宗教をトランプのジョーカーのように考えてはいけない」と
カーは説明しています。

たとえば、
昼間を伸ばしてヨシュアの軍勢を助けた
神が干渉してアマレキ人を殲滅させた
だとかは、

歴史学としてはxです。

歴史というのはジョーカーを使わず行うゲームだと説明しています。

歴史に限らず、
宗教と学問との対立は、今日でも難しい問題ですよね・・・

カトリック教会が地動説をみとめたのが、最近・・・1992年だし、
進化論も否定するし。

-キリスト教史, ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

思い出の画集『botticelli【ボッティチェリ】』を持って帰ってきた

先週は、4年ぶり?くらいに実家へ帰りました。そして、手に持てる範囲の本をお持ち帰り。 慶應通信を卒業するために必要そうな本の一部。あとは、高かった本などWW 高校生のころ、バイト代10日分くらい吹っ飛 …

no image

マルク ブロック 『封建社会』感想

西洋史専攻なら避けて通れない大家の基本中の基本の本、いまさらながらに読んでいます。 この本、歴史はもちろん、ヨーロッパの地理に明るくないと、難しい本です。 タイトルのとおり、封建社会について述べられて …

no image

史学概論のレポートその1 ランケとか発見理論とかのやつ?

史学概論のレポートは書きかけのやつと、書き終わったポイやつ二種類ありました。史学概論のレポートは書きかけのやつと、書き終わったポイやつ二種類ありました。レポートのタイトルは正直忘れました。中身読め …

no image

アウグスティヌス 記憶論

アウグスティヌス 記憶論のレポートのつづきです   3、想起 記憶によって内部に保管されたものは、想起によって確認される。しかし、いつでもすべてを想起するということはできない。「かつて恐れた …

no image

西洋史特殊 はじめました。。。

  西洋史特殊 2だか3を 今回のテストに間に合うようにすべりこみレポートに使います・・・・滑り込める教科は、基礎知識あるものしかできませんからね・・・だんだんコマが少なくなってきました。 …