史学概論のレポートが戻ってきました。結果は・・・

2013年4月9日

先月、締め切り駆け込み提出した史学概論のレポートが戻ってきました。

参考文献2冊という、しょうもないレポートでしたが、
どうにか、、、まあ、いいや、再レポにならなかっただけでもありがたいと思うことにします。笑)

慶友会の方が、「史学概論、レポート毎回返ってくるんだけど
毎度毎度「E・Hカー『歴史とは何か』をもういちど熟読してください


とコメントがかえってくる という話をしていたので、

EHカー 歴史とは何か (岩波新書) 』を買いなおして、
丁寧に読むことにしました・・・・。

テキストp18-29が言っていることに近い文章に線を引いて、

線引いたところを
ノートに書きまとめて

それに、テキストや

『歴史学の革新 アナール学派との対話』に出てきた話とからめ、
レポートにしました。

今週末は、史学概論、試験が控えているのですが、
昨日、初めて テキストp18-29以外のページを読みました。

トインビーの文明史観とか 
必然性と偶然性?とか くどかったけど、 
古代、中世、近代の区切りの話とか、感動しました!!

中世ヨーロッパを「中世暗黒時代」という言葉を好んで使っていた爺さん(59歳の父)がいましたが、
昔の人は、何で「暗黒時代」というのか、、、テキスト読んですっきりました!!

なかなか面白かったです♪

テキスト読んで、自分のレポートの雑さを再確認。

やっぱり、レポート書くときは、テキスト全ページよんだあとじゃなきゃ
だめですね・・・・

ランキング参加しています
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA