文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

史学概論のレポートが戻ってきました。結果は・・・

投稿日:

先月、締め切り駆け込み提出した史学概論のレポートが戻ってきました。

参考文献2冊という、しょうもないレポートでしたが、
どうにか、、、まあ、いいや、再レポにならなかっただけでもありがたいと思うことにします。笑)

慶友会の方が、「史学概論、レポート毎回返ってくるんだけど
毎度毎度「E・Hカー『歴史とは何か』をもういちど熟読してください


とコメントがかえってくる という話をしていたので、

EHカー 歴史とは何か (岩波新書) 』を買いなおして、
丁寧に読むことにしました・・・・。

テキストp18-29が言っていることに近い文章に線を引いて、

線引いたところを
ノートに書きまとめて

それに、テキストや

『歴史学の革新 アナール学派との対話』に出てきた話とからめ、
レポートにしました。

今週末は、史学概論、試験が控えているのですが、
昨日、初めて テキストp18-29以外のページを読みました。

トインビーの文明史観とか 
必然性と偶然性?とか くどかったけど、 
古代、中世、近代の区切りの話とか、感動しました!!

中世ヨーロッパを「中世暗黒時代」という言葉を好んで使っていた爺さん(59歳の父)がいましたが、
昔の人は、何で「暗黒時代」というのか、、、テキスト読んですっきりました!!

なかなか面白かったです♪

テキスト読んで、自分のレポートの雑さを再確認。

やっぱり、レポート書くときは、テキスト全ページよんだあとじゃなきゃ
だめですね・・・・

ランキング参加しています
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

マルク ブロック 『封建社会』感想

西洋史専攻なら避けて通れない大家の基本中の基本の本、いまさらながらに読んでいます。 この本、歴史はもちろん、ヨーロッパの地理に明るくないと、難しい本です。 タイトルのとおり、封建社会について述べられて …

no image

『歴史学の革新―「アナール」学派との対話 』感想

 タイトル:歴史学の革新―「アナール」学派との対話 (テオリア叢書) 内容:19世紀までの、史料崇拝の時代が疑問視され、歴史学派新たな時代を迎える。現代歴史学の流れについて書かれた本で、マル …

no image

近世英文学史のレポート?と参考にした本。15世紀から17世紀前半まで

私が専攻したのは英文学ではありませんが、英文学が好きでその関係の講義をいくつかとっていました。そのうちの1つ英文学史(近世だったかな?)のファイルがpcからでてきたのであげてみたいとおもいます。以下が …

no image

塩野七生 『ルネサンスの女たち』感想

タイトル:ルネサンスの女たち (塩野七生ルネサンス著作集) 内容:ルネサンス時代を生きた女たちが、家族の政略に翻弄され、教皇、フランス、ドイツや他のイタリア諸都市との勢力均衡図の中でいかに波乱万丈の人 …

no image

史学概論のレポートその2E・H・カー『歴史とは何か (岩波新書)』とか『歴史学の革新―「アナール」学派との対話』を読んで書いたやつ

たしか、史学概論のレポートは2000文字以上書かないといけないとかあった気がします。たいてい大学のレポートは○枚以上とか○文字以上とか決まりがありますが・・・私はいつも文字数で苦しむので、無駄にフルネ …