文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

『これだけは知っておきたい聖書の考古学』感想

投稿日:


現在「オリエント考古学」の勉強中です。

入っている慶友会「東京三田クラス」のあつまりは、土曜のPMなので、
AMは慶應三田キャンパスのメディアセンターに行くようにしています。

今回は、先週後半からはじめた「オリエント考古学」の参考文献さがしにでかけました。
そこで掘り出し物を発見。
テキストと同じ著者が出している

これだけは知っておきたい聖書の考古学―旧約
という本です。

聖書考古学の主たる目的は
聖書の物語が歴史的事実であることを証明することではない。
からはじまるこちらの本。

旧約聖書にある出来事と発掘された遺跡との照合作業で
いろんな事がわかってきた旨書かれています。

紀元前の出来事なので、

中身も、まさにレポートで書くべき内容が12ページにわたって説明してあり、
これはしたりという感じで、、レポートがほぼ完成しました。

この本は、テキストより10年くらい前に古いので、
テキストにある 某4つの説が3つだったりしますが、

BC13とBC15説の それぞれの根拠と問題点
都市「ラムセス」や「エリコ」での発掘からみる出エジプト論争について
詳細が書かれていました。。

これにて レポートはほぼ完成なのですが、
この本は、参考文献というよりテキストの補強という感じなので、
もう一冊くらい、別の人が書いた本を読んでアレンジを加えようと思います。

レポートとは関係ありませんが、
ソドムとゴモラの実在性に関する記載など、
興味深いことが書かれていて、レポート抜きでもいい本でした。


2013年4/22現在、amazonでは中古しかないみたいですね。。
しかも、定価700円の本が2800円・・・

三田キャンパス行く機会がありましたら
メディアセンターで借りるのをお勧めします。

こちらの本、新約聖書バージョンもあるんですね・・
気になる・・・
新約版は在庫切れ。中古も出回ってないレア品みたいです。

ランキング参加しています
ぽちっとお願いします。
↓↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『ヘーゲルを読む』を読んでみました~!!

  岩波文庫『歴史哲学講義』を訳している長谷川先生の『ヘーゲルを読む』を読みました。 精神のすべての性質は自由を唯一の支えとしすべてが自由のための手段にすぎずすべては自由を求め自由だけを生み …

no image

『メソポタミア文明入門 (岩波ジュニア新書)』感想

タイトル:メソポタミア文明入門 (岩波ジュニア新書)内容:メソポタミア文明について、詳しく書かれた一冊。前半は教科書的。後半は粘土板やハンムラビ法典についてかかれています。入門というタイトルがついてい …

no image

古代オリエント考古学?のレポート3ヘレニズムとユダヤ プトレマイオス→セレウコス朝下に置かれた パレスティナにおけるユダヤ人の抵抗

古代オリエントのレポートその3です。 3、プトレマイオス→セレウコス朝下に置かれた パレスティナにおけるユダヤ人の抵抗 前301年、イプソスの戦いでプトレマイオス朝の領土になったパレスティナは、ヘレニ …

no image

E・H・カー『歴史とは何か』を読みはじめました。

タイトル:歴史とは何か (岩波新書) 内容:歴史学の入門書ともいうべき本。歴史学がたどってきた歴史と、歴史家が持つべき視点などが書かれています。 史学概論のレポートに取り掛かりました。史学概論は、大学 …

no image

ミシュレ『フランス革命史 上』を読みました。

19世紀のフランス文学1のレポート書くためにミシュレ『フランス革命史 上』を読みました。 最初の50ページくらいが、桑原先生によるミシュレの解説、その後に本編が続いています。 レポート書くには、本編は …