文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

『これだけは知っておきたい聖書の考古学』感想

投稿日:


現在「オリエント考古学」の勉強中です。

入っている慶友会「東京三田クラス」のあつまりは、土曜のPMなので、
AMは慶應三田キャンパスのメディアセンターに行くようにしています。

今回は、先週後半からはじめた「オリエント考古学」の参考文献さがしにでかけました。
そこで掘り出し物を発見。
テキストと同じ著者が出している

これだけは知っておきたい聖書の考古学―旧約
という本です。

聖書考古学の主たる目的は
聖書の物語が歴史的事実であることを証明することではない。
からはじまるこちらの本。

旧約聖書にある出来事と発掘された遺跡との照合作業で
いろんな事がわかってきた旨書かれています。

紀元前の出来事なので、

中身も、まさにレポートで書くべき内容が12ページにわたって説明してあり、
これはしたりという感じで、、レポートがほぼ完成しました。

この本は、テキストより10年くらい前に古いので、
テキストにある 某4つの説が3つだったりしますが、

BC13とBC15説の それぞれの根拠と問題点
都市「ラムセス」や「エリコ」での発掘からみる出エジプト論争について
詳細が書かれていました。。

これにて レポートはほぼ完成なのですが、
この本は、参考文献というよりテキストの補強という感じなので、
もう一冊くらい、別の人が書いた本を読んでアレンジを加えようと思います。

レポートとは関係ありませんが、
ソドムとゴモラの実在性に関する記載など、
興味深いことが書かれていて、レポート抜きでもいい本でした。


2013年4/22現在、amazonでは中古しかないみたいですね。。
しかも、定価700円の本が2800円・・・

三田キャンパス行く機会がありましたら
メディアセンターで借りるのをお勧めします。

こちらの本、新約聖書バージョンもあるんですね・・
気になる・・・
新約版は在庫切れ。中古も出回ってないレア品みたいです。

ランキング参加しています
ぽちっとお願いします。
↓↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『テンプル騎士団の謎 (「知の再発見」双書)』感想

タイトル:テンプル騎士団の謎 (「知の再発見」双書) 内容:テンプル騎士団の起源・たどってきた歴史、神話から入会の儀式や会則まで、写真が多く使われ、テンプル騎士団についてわかりやすい解説がな …

no image

19世紀のフランス文学レポート1「ミシュレについて」 ミシュレの描く歴史

続いての「大学時代のレポート」中身公開?後悔wwwは、19世紀のフランス文学という科目です。 私は19世紀のイギリス文学が大好きですが、そういう科目はなかった記憶があります。でも19世紀のフランス文学 …

no image

『聖書の読み方』読みました

) 『ヘブライズム』な倫理学のレポート作成のあいまに気になる本があったので、読みました 『聖書の読み方 (岩波新書』という本です。 旧約聖書はともかく、新約聖書は、ホテルの客室においてあったり、クリス …

no image

史学概論のレポートその1 ランケとか発見理論とかのやつ?

史学概論のレポートは書きかけのやつと、書き終わったポイやつ二種類ありました。史学概論のレポートは書きかけのやつと、書き終わったポイやつ二種類ありました。レポートのタイトルは正直忘れました。中身読め …

no image

『聖書入門』でイエスキリスト磔刑の意味を知る・・・・

タイトル:聖書入門 (岩波新書)内容:紀元前から連綿と続くヘブライズムの源流からたどってきた歴史がわかりやすく説明されている本。ヤハウェ中心の旧約から、視点がキリストに移り・・・ 倫理学のレポートに参 …