文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

イスラーム 東洋史

『シリア アサド政権の40年史』その1、今中東がどういう状況なのか

投稿日:

『シリア アサド政権の40年史』
昼休みに30ページくらい読みましたー。
歴史学者の本と比べると、臨場感あるし、回りくどい単語使わないので、
すごく読みやすい本です。

今、アラブで起こっている 革命?混乱? はどこからはじまったのか、
まずはこの説明から始まります。

アラブの春の嵐は、
チュニジアの地方都市で失業中のモハメド青年が焼身自殺したことから始まります。
女性警官に辱められた悔しさから焼身自殺を図ったモハメド。
彼の映像がYOUTUBEで広まり、暴動に発展し、
20年あまり続いた独裁政権が崩壊。

民衆蜂起の動きはエジプトへ。
30年つづいたムバラク政権を崩壊させました

さらに、リビアでも40年続いたカダフィ政権が揺らぎます。
いち早く軍部から離脱した閣僚や軍幹部は反旗を翻しNATOへ援軍を要請、
NATOは待ってましたとばかり(私の勝手な解釈・・)にカダフィの軍部部門を空爆し、
彼を始末しました。

イエメンでも、反政府の動きがおこり、
それは部族間抗争に油を注ぎ、30年ほど政権を維持したサーレハ大統領が辞任

バーレーンでは
スンナ派の政権に対し、国民の大半がしめるシーア派の人々が権利の拡大をもとめて街路にでたが、
コレをサウジアラビアから1000人規模の派兵支援をうけて押さえたが、いまも混乱中とのこと。

クエートでは
首長の甥である首相にたいする国民の批判UPにより、首相交代、新内閣が発足。

サウジアラビアでは
油田地帯に住むシーア派国民が不穏な動きをしているが、政府は強権に事態に対応

ヨルダンやモロッコでも
不満もつ国民のデモが頻繁に起こっているという。

シリアでは1963年より、政権を奪取した
バアス党の独裁政権が半世紀にわたり存在しており、
アサド家の政権運営は40年を超えていたが、
この政権を揺らぎ始めは、どのようなきっかけだったのか、
実は、この辺がモヤモヤしていました。

でも、この本を読んで、なんとなくわかります。

シリアでの蜂起の発端は、
2011年3月に始まりました。
日本では 東日本大震災&原発事故のニュースが連日特番組まれていた時です。

なので、シリアでのニュースはそんなに大々的に流れなかったのでしょう。
そのため、シリアでの内乱の・・・・

長くなりそうなので続きは次回

ランキング参加しています
応援お願いします。
↓↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

 

-イスラーム, 東洋史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ティエリー・ザルコンヌ著「知の再発見 スーフィ」感想

【送料無料】 スーフィー イスラームの神秘主義者たち 「知の再発見」双書 / ティエリー・ザルコンヌ 【全集・双書】 価格:1,680円(2012/4/25 12:44時点)感想(0件) 創元社さんか …

no image

『シリア アサド政権の40年史』その2 シリア内乱のはじまり について

シリアの内乱について、アルジャジーラや欧米のメディアの報道を書き写しただけみたいな日本の新聞の情報がお茶の間に 事実真実のように伝わっちゃってますが、 こちらの本は、この内乱が終わって、情報操作の内部 …

no image

『イスラム世界おもしろ見聞録』 感想

今週末に試験を控えた東洋史特殊の勉強の合間に読みました。 勉強の補助としてより、休憩時間に軽く読むかんじの本です。イスラーム世界について、国ごとに微妙なしがらみだとか、その国独自の思想や民族問題などが …

猫愛がつまった「猫の日本史」をよんでみた感想

ねこが大好きです(╹◡╹) なので、タイトルに惹かれて手にとってみました。 洋泉社ででている  猫の日本史 です。 今年出たばかりの本ですよー♪(´ε` ) 歴史作家の桐野作人先生が書いてます。 この …

no image

『カラー版 メッカ―聖地の素顔』 感想

タイトル:カラー版 メッカ―聖地の素顔 (岩波新書) 内容:メッカへの巡礼の様子が載っています 岩波新書にはめずらしい?写真ばかりの本です。 メッカといえばイスラームの聖地です。ムスリムの人たちは一生 …