文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

『消えた古代都市バビロニア』感想3 奴隷と住居とダニエル書

投稿日:

タイトル:消えた古代文明都市―バビロニア (アリアドネ古代史スペクタクル)

バビロニア感想 その3

こちらには、奴隷についての記述がありました。
太古の昔から、奴隷がいましたが、
バビロニアの奴隷は、どのような経緯で奴隷になったのか
書かれていました。

戦争で捕虜になったもの、
お金が払えなくなって奴隷になったもの
犯罪をして奴隷になったもの

いろいろな経緯の奴隷がいましたが、

えええ??と思った点がありました。

盗みに入ったことによって奴隷になったもののケース。
盗み、損害を与えた分を補填するため
その家に奴隷としてはたらくケースが結構あったとか。

それはやだなぁ。。。
自分の家に泥棒が入って、後にドロボーがつかまったとする。
そんな泥棒を、、「盗んだ分 働け!!」というかんじで、
うちで雇う。。。。そんなこと私には到底無理だわ・・・。

バビロニアの住環境についてもいろいろ書かれていました。
住居はほぼ粘土から作られているとのこと。
食器も粘土、建物も粘土。棺も粘土

バビロニアで信仰されていた神話で
人間は粘土から作られた というのがありますが、
こういう暮らしなら、なんら違和感ないです。

木は貴重品だったので、家具には使われなかったそうで。
石が豊富に取れる場所じゃなかったので、
石の建築物もなかったみたい?

ハンムラビ法典は石ですが、当時としては珍しいものでした。

木も石も重要でなかった文明がバベルの塔をつくったとは、
まったく、、古代はすごいですね~

こちらの著書、最後まで楽しませていただきました。
最後のほうにあった「ネブカドネザルが狂気をおこした」という伝説について。

聖書を読む方は、ダニエルの書にあるネブカドネザルの狂気について
知っているかと思いますが、
その、ダニエルの書について、追及しています。

晩年、ネブカドネザルは本当に狂気にはしったのか

ダニエルの書を書かれたのは、だいぶ後世にかかれたものです。
マカベイの書のあたり。。。アンティオコス4世がパレスティナを攻めていたあたりの時代みたいです。
そのころというと、、、ちょうど西洋史特殊1のレポートでやったあたり。

結論、ダニエルの書にあるネブカドネザル2世の狂気は
うそっぽい というかんじなのですが、
このあたりの解釈が面白いです。

旧約聖書、あまり深く読んだことがないので、
コレを機会に、もっと読んでみようかなぁ・・・。

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

E・H・カー『歴史とは何か』を読む2

タイトル:歴史とは何か (岩波新書) 内容:史学概論といえばコレ!歴史学の入門書ともいうべき本。歴史学がたどってきた歴史と、歴史家が持つべき視点などが書かれています。 先週から読んでいる歴史学の入門書 …

no image

『歴史学の革新―「アナール」学派との対話 』感想

 タイトル:歴史学の革新―「アナール」学派との対話 (テオリア叢書) 内容:19世紀までの、史料崇拝の時代が疑問視され、歴史学派新たな時代を迎える。現代歴史学の流れについて書かれた本で、マル …

no image

『聖書入門』でイエスキリスト磔刑の意味を知る・・・・

タイトル:聖書入門 (岩波新書)内容:紀元前から連綿と続くヘブライズムの源流からたどってきた歴史がわかりやすく説明されている本。ヤハウェ中心の旧約から、視点がキリストに移り・・・ 倫理学のレポートに参 …

no image

修正派の矛盾を暴く『アウシュヴィッツと(アウシュヴィッツの嘘) 』感想

タイトル:アウシュヴィッツと(アウシュヴィッツの嘘) (白水Uブックス)内容:「大量殺戮は無かった」「死んだユダヤ人の数はずっと少ないものだった」などど広める、修正派の矛盾した歴史を否定し、アウシュビ …

no image

歴史哲学のレポートあげてみる①。ヘーゲルとかプレハーノフが題材のやつ

歴史哲学のレポートを見つけたので上げてみたいと思います。 なんの題材かわすれたけど、ヘーゲルとプレハーノフのことがかかれてました。 とりあえずヘーゲルのほうからあっぷしたいとおもいます ヘーゲルは歴史 …