文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

シュヴェーグラー『西洋哲学史 下巻』読んだ!

投稿日:

西洋哲学史2のレポートを書くために
岩波文庫の
シュヴェーグラー『西洋哲学史 (下巻) (岩波文庫 (33-636-2)) 』を読みました
下巻はちょうどデカルトからはじまってます。

この本の「明晰判明~」のあたりと「神の存在証明」の説明がわかりやすい!
われ思う ゆえにわれあり」という命題から

私は、自分が思考するから存在することを確実にしっているが、
この、「確実性」を与えるものは何であるか

という疑問をいだいたデカルトさん

「確実性」は明らかに 誰かが思考し、しかも存在しないということは不可能だという
明白は認識以外のものではない

ここからその他すべての知識に対する確実性の基準が生じる。
つまり

私が明晰判明に真実と認識するもの、
私の理性が「われおもう ゆえにわれあり」と同じ程度に
争いがたい自明性をもって真実と認識するものは、すべて 確実である

コレが私がテキスト読んでも省察読んでもイマイチわからなかった
デカルトの「確実性に関する規則」。

ああ。。なんかわかったかも。

これを適用させながら「神の存在証明」をつづけるデカルトさん
うん。。これはレポートの参考になる本だわ~

image

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『アウグスティヌス『告白録』講義』を読みました。

この本、なんかいも読んだ気がします。こちらの本、単体で読むと難しいのですが、 『告白』の解説本として、『告白』と照らし合わせながら読むととてもわかりやすいので、交互に読みました。 私が書きたかったレポ …

no image

西洋哲学史レポート1 アウグスティヌスの記憶論

大学時代に書いた西洋哲学史1?のレポートもありました。 文字数的には、これはかきとちゅうのレポートだったかも?? このレポートはアウグスティヌスのレポートみたいです。中身は記憶論。 アウグスティヌス「 …

no image

『アウグスティヌス『告白』の哲学 』感想

タイトル: アウグスティヌス『告白』の哲学 内容:アウグスティヌスの著書『告白』の詳しい解説と、『告白』の中で展開された哲学的解釈の説明が書かれた本。アウグスティヌスが『告白』を執筆した時期 …

no image

『プリンキアを読む』という本を読みました。

プリンキアとは、ニュートンの著書。 物体が何も存在しない空虚な空間(真空)が存在するか否かは古代ギリシア以来、論争の対象になっていました。 アリストテレスは 真空というものの存在を否定しましたが、一方 …

no image

岩波文庫「ベルクソン 笑い」を読んでみた

先月末から、のんびりとベルクソンの「笑い」を読んでいます。 フランスの哲学者 ベルクソンが、笑いの概念、笑いが引き起こされる構造的なやつを細かく考えていく内容の本です。 ベルクソンをなんで買ったのか覚 …