文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

シュヴェーグラー『西洋哲学史 下巻』読んだ!

投稿日:

西洋哲学史2のレポートを書くために
岩波文庫の
シュヴェーグラー『西洋哲学史 (下巻) (岩波文庫 (33-636-2)) 』を読みました
下巻はちょうどデカルトからはじまってます。

この本の「明晰判明~」のあたりと「神の存在証明」の説明がわかりやすい!
われ思う ゆえにわれあり」という命題から

私は、自分が思考するから存在することを確実にしっているが、
この、「確実性」を与えるものは何であるか

という疑問をいだいたデカルトさん

「確実性」は明らかに 誰かが思考し、しかも存在しないということは不可能だという
明白は認識以外のものではない

ここからその他すべての知識に対する確実性の基準が生じる。
つまり

私が明晰判明に真実と認識するもの、
私の理性が「われおもう ゆえにわれあり」と同じ程度に
争いがたい自明性をもって真実と認識するものは、すべて 確実である

コレが私がテキスト読んでも省察読んでもイマイチわからなかった
デカルトの「確実性に関する規則」。

ああ。。なんかわかったかも。

これを適用させながら「神の存在証明」をつづけるデカルトさん
うん。。これはレポートの参考になる本だわ~

image

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

西洋哲学史レポート1 アウグスティヌスの記憶論

大学時代に書いた西洋哲学史1?のレポートもありました。 文字数的には、これはかきとちゅうのレポートだったかも?? このレポートはアウグスティヌスのレポートみたいです。中身は記憶論。 アウグスティヌス「 …

no image

デカルト『情念論』をまた よみはじめ

去年途中でよみやめた デカルトの「情念論 (岩波文庫) 」再開しました。デカルトときくだけで以前読んだ書物での長生きエピソードと起床時間エピソードがちらついてしまいますww すべてを疑うことによって物 …

no image

アウグスティヌス『告白』 食欲の誘惑に対する態度

アウグスティヌスの『告白』の中で、興味ある箇所を論じるのがレポート課題  レポート課題には出来なさそうですが、とても気になる箇所があるんです。それが、下巻p56からはじまる食欲の誘惑に対する態度 につ …

no image

ハイデガー哲学 『存在と時間ー統合的解釈の試み』感想 

内容:ハイデガーの『存在と時間』の解釈からなる本。結構ページ数多いうえに、内容がかなり濃いです。ハイデガーを深く知るにはぴったりの解説本。 法政大学出版局の『存在と時間ー統合的解釈の試み』を読みました …

no image

シュベグラー『西洋哲学史上巻』アリストテレスの部分・・・感想

タイトル:西洋哲学史 (上巻) (岩波文庫 (33-636-1)) 内容:西洋哲学史を時代別に解説。プラトン・アリストテレスあたりが比較的細かく説明。 シュベグラーの西洋哲学史上巻をちょいとランチ時に …