文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

イギリス版『キャッツ』のDVDを購入~。TSエリオットはやっぱりすごい。

投稿日:

ESエリオット原作のミュージカル「キャッツ」のDVDを購入しました。

DVDのいいところは、字幕を変更できるところです。

劇団四季の「キャッツ」は何度かみたので、
ストーリーやせりふを覚えているので、

今回のDVDは 英語音声 英語字幕で何度も見るために買いました。

TSエリオットの詩は、
英語でよんでこそ よさが伝わる。

ということは、
キャッツの英語版もさぞかし面白い歌詞なんだろうとワクワク。

実際みてみると、
想像以上の世界で、

魅了されました!
ESエリオットの詩にも、
それをうまくつなぎあわせた脚本にも、

猫たちの猫らしい動きにも
震えるようなすばらしい歌にも。

日本のキャッツにはないシーンがありましたね。
パグとポメラニアンの戦いのシーンなど。

かわりに、アスパラガスの若かりしシーンが省かれていましたね

イギリス版キャッツ、
すっかり魅了されて、
ラッセルホテルに宿泊して本場キャッツを見に行くため
旅行代金を計算するほど(笑)

とりあえず、すぐには無理なので、


TSエリオットの原作本を注文するだけにとどめておきましたww

海外ミュージカルのDVDはオトクすぎですね=。
えーごの勉強が出来るし、1000円以下だし。いい買い物しましたww

日本のDVDはそれに対して高いですね。
ミュージカルテニスの王子様のDVDを1万円くらいで買った気がしますよ(笑)

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ディケンズ『オリバーツィスト』映画版 感想

  ジェーンオースティンの『エマ』が結構いい感じだったので古典をもうひとつ、ディケンズの『オリバーツィスト』の映画版です。 これは、、、、、ちょっと端折りすぎな感じが否めませんでした。 ヴィ …

no image

ディケンズ『リトルドリット』感想4

リトル ドリットの続きを読んでいます。 遺産を手に入れ、大金持ちになったドリット氏ですが、急死してしまいました、そのあと、財界の重要人物 マードル氏も自殺して死にます。それら2つの死によって、主要人物 …

no image

イギリス文学探訪  感想

 タイトル:イギリス文学探訪 (NHKライブラリー) 内容:詩人・小説家のゆかりの地めぐりから当時と今のロンドンのご紹介まで文学的視点からイギリスという国をみた一冊 近所の図書館が10日くら …

no image

映画『ジェーンエア』6/2ロードショー!!

明日からシャーロットブロンテ『ジェーンエア』の映画上映がはじまります。 原作が好きなので、見に行こうとおもいますが、 予告版を見ると、ジェーンがブスじゃないですね。。 英文学史初 ブスの女が主人公の小 …

no image

英国ではMother gooseじゃなくて、Nursery Rhymesらしいです。

  「パタリロ」というアニメをアニマックス?だか、キッズチャンネルでよくみていたのですが、 EDテーマで「だれが殺したクックロビン~」というフレーズがありクックロビンってなんだ?と以前から気 …