文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

イギリス版『キャッツ』のDVDを購入~。TSエリオットはやっぱりすごい。

投稿日:

ESエリオット原作のミュージカル「キャッツ」のDVDを購入しました。

DVDのいいところは、字幕を変更できるところです。

劇団四季の「キャッツ」は何度かみたので、
ストーリーやせりふを覚えているので、

今回のDVDは 英語音声 英語字幕で何度も見るために買いました。

TSエリオットの詩は、
英語でよんでこそ よさが伝わる。

ということは、
キャッツの英語版もさぞかし面白い歌詞なんだろうとワクワク。

実際みてみると、
想像以上の世界で、

魅了されました!
ESエリオットの詩にも、
それをうまくつなぎあわせた脚本にも、

猫たちの猫らしい動きにも
震えるようなすばらしい歌にも。

日本のキャッツにはないシーンがありましたね。
パグとポメラニアンの戦いのシーンなど。

かわりに、アスパラガスの若かりしシーンが省かれていましたね

イギリス版キャッツ、
すっかり魅了されて、
ラッセルホテルに宿泊して本場キャッツを見に行くため
旅行代金を計算するほど(笑)

とりあえず、すぐには無理なので、


TSエリオットの原作本を注文するだけにとどめておきましたww

海外ミュージカルのDVDはオトクすぎですね=。
えーごの勉強が出来るし、1000円以下だし。いい買い物しましたww

日本のDVDはそれに対して高いですね。
ミュージカルテニスの王子様のDVDを1万円くらいで買った気がしますよ(笑)

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『イギリス文学散歩』でイギリス文豪ゆかりの地に思いをはせて

イギリス文学散歩という、ガイドブックのような、写真集のような本をよんでみました。 この本では、英文学を代表する文豪が大作を書き上げた場所であったり、晩年を過ごした場所であったりする場所を美しい写真とと …

no image

加藤恭子『アーサー王伝説紀行神秘の城を求めて』読んだ!

 タイトル;アーサー王伝説紀行―神秘の城を求めて (中公新書) 内容:アーサー王伝説の概要と、舞台となったと推測されている場所を訪れた著者がそこで何を見たか、現地の人はどうみているのかなどが …

no image

ディケンズ『リトル・ドリット』感想その2

リトルドリット、まだまだ読み途中です。 まだ、話のオチがぜんぜん読めなくって、むずむずしています。 リトルドリットというタイトルですが、 どうやらアーサークレナム氏が話の中心となっているようです。リト …

no image

【本】世界でいちばん面白い英米文学講義 (感想 Jオースティン)

  タイトル:世界でいちばん面白い英米文学講義―巨匠たちの知られざる人生感想その1の続きです。シェイクスピアのあとには大好きなジェーンオースティンの章。彼女の小説・・・ジェーンオースティンで …

no image

近世英文学史のレポート?と参考にした本。15世紀から17世紀前半まで

私が専攻したのは英文学ではありませんが、英文学が好きでその関係の講義をいくつかとっていました。そのうちの1つ英文学史(近世だったかな?)のファイルがpcからでてきたのであげてみたいとおもいます。以下が …