文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

イギリス版『キャッツ』のDVDを購入~。TSエリオットはやっぱりすごい。

投稿日:

ESエリオット原作のミュージカル「キャッツ」のDVDを購入しました。

DVDのいいところは、字幕を変更できるところです。

劇団四季の「キャッツ」は何度かみたので、
ストーリーやせりふを覚えているので、

今回のDVDは 英語音声 英語字幕で何度も見るために買いました。

TSエリオットの詩は、
英語でよんでこそ よさが伝わる。

ということは、
キャッツの英語版もさぞかし面白い歌詞なんだろうとワクワク。

実際みてみると、
想像以上の世界で、

魅了されました!
ESエリオットの詩にも、
それをうまくつなぎあわせた脚本にも、

猫たちの猫らしい動きにも
震えるようなすばらしい歌にも。

日本のキャッツにはないシーンがありましたね。
パグとポメラニアンの戦いのシーンなど。

かわりに、アスパラガスの若かりしシーンが省かれていましたね

イギリス版キャッツ、
すっかり魅了されて、
ラッセルホテルに宿泊して本場キャッツを見に行くため
旅行代金を計算するほど(笑)

とりあえず、すぐには無理なので、


TSエリオットの原作本を注文するだけにとどめておきましたww

海外ミュージカルのDVDはオトクすぎですね=。
えーごの勉強が出来るし、1000円以下だし。いい買い物しましたww

日本のDVDはそれに対して高いですね。
ミュージカルテニスの王子様のDVDを1万円くらいで買った気がしますよ(笑)

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

オリヴァツウィスト下巻 感想~

きのうは オリヴァツウィストの続きをいっき読みしました! 何度読んでもディケンズいいなぁとおもいながら あっという間の幸せタイム終了。 前半は八方塞がりの悲劇のオンパレードといったかんじですが、 弱き …

no image

アンブローズピアス著『悪魔の辞典』でユーモアを鍛える

アンブローズピアス著新編 悪魔の辞典 (岩波文庫) がおもしろいです。辞典とついているだけあって、詩でも、小説でもありません辞典。しかし、ただの英英、英和辞書などではありません。 対象物を皮肉タップリ …

no image

映画『ジェーンエア』6/2ロードショー!!

明日からシャーロットブロンテ『ジェーンエア』の映画上映がはじまります。 原作が好きなので、見に行こうとおもいますが、 予告版を見ると、ジェーンがブスじゃないですね。。 英文学史初 ブスの女が主人公の小 …

no image

英国ではMother gooseじゃなくて、Nursery Rhymesらしいです。

  「パタリロ」というアニメをアニマックス?だか、キッズチャンネルでよくみていたのですが、 EDテーマで「だれが殺したクックロビン~」というフレーズがありクックロビンってなんだ?と以前から気 …

no image

『ハックルベリーフィンの冒険』感想1

タイトル:ハックルベリー・フィンの冒険〈上〉 (岩波文庫) 内容: 前作でトムとハックがひょんなことから大金をゲットする。 それほしさに、親権を主張するアルコール依存症の父。父親の暴力に耐えかねて逃げ …