文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

ハイデガー哲学 『存在と時間ー統合的解釈の試み』感想 

投稿日:

内容:ハイデガーの『存在と時間』の解釈からなる本。
結構ページ数多いうえに、内容がかなり濃いです。
ハイデガーを深く知るにはぴったりの解説本。

法政大学出版局の『存在と時間ー統合的解釈の試み』を読みました。
大学で「時間論」で検索したら、この本がヒットしたので読んでみましたが、
レポートで求めていた答えは得られませんでした。

しかし、意外にも、史学概論のテキストみたいなページがあり、
興味抱きました。

ハイデガー哲学からみる
時間性と歴史性

資料を入手し、分類し、確証することによって
《過去》への遡行がはじまるのではない。
むしろそうした作業は現在あったものである。
現存在へとかかわる歴史的存在を
すなわち、歴史家の実存の歴史性を前提としているのである

という考えに基づいて歴史家の実在論的な意味を性格づけようとする
ハイデガー・・・面白いですね。

この本、amazonの新品ではもうでてないみたいですが、
中古・・・すごい値段ついてますね。。。
買う人・・・いるんでしょうか(笑)
中古品の出品:1¥ 100,000
www

この本、三田キャンパスのメディアセンターB1F
一番奥の棚にあるので、
慶應通信生は三田で読むのをおすすめします。

 ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

マイケル・サンデル『これから「正義」の話をしよう 今を生き延びるための哲学』読み始めてみた

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学読んでみた 2484円 文庫だと900円で買えるらしい・・・・(知らなかった) ハーバード大学の教授マイケル・サンデルの著書です。 サンデル …

no image

『時間論の構築』再読

ちょうど今から1年前の2012年5/15に、中山康雄『時間論の構築』を読みました。たしか、ブログにも「さっぱりだった~」みたいな感想を書いたような・・・・。 1年前はなに書いてあるのかさっぱりでしたが …

no image

ヘーゲル『歴史哲学講義』読んでレポート作成。

  歴史哲学のレポート作成のためにヘーゲルの『歴史哲学講義 (上) (岩波文庫)』を読みました。 人間がほかの動物とは違うのは、思考するからだ と、理性について述べ、 「理性の世界支配」と  …

no image

『これならわかる! 哲学入門 』を読んでみました

タイトル:これならわかる! 哲学入門 倫理学の試験勉強をしているのですが、ヘブライズム、アリストテレスまではなんとなくわかるんだけど、カント以降がもう宇宙で、、、試験まで3週間をきっているのにコレはま …

no image

アウグスティヌス 告白(上)

      カトリックでは聖人に列せられている 「聖アウグスティヌス」が書いた本です。  哲学書としても、神学書としても有名で、1500年たった今でも 世界中で …