文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史 西洋哲学

歴史哲学のレポート作成開始。

投稿日:

倫理学の勉強と併用して
歴史哲学のレポート作成にも取り掛かりました。

うちの近所の図書館には
プレハーノフに関する文献は皆無ですね・・・

ヘーゲルはうちにある本でカバーしようと思います。

ヘーゲルの歴史哲学講義、大昔買ったのを本棚から掘り出してきました。
買ったものの、意味わからんと 途中で放り投げたやつ。

わからない わからないからまわりみちしよう 

若かりしころに こういって投げたことが、
この歳になってブーメランのように戻ってきます。
英語も ヘーゲルも マルクスも(笑)

でも、
史学概論をやったあとなので、
歴史哲学が頭に入りやすい….

おととしに、西洋史概説2のレポートをかきましたが、 
当時はたしか、フランス革命の史学史みたいなのをかいたようなきがします。
史学概論→歴史哲学→西洋史概説2のレポート
という順番で書いたら、
もっとまともなレポートがかけたに違いない・・・。

学問はつながっているなぁとしみじみ

読み始めたばかりですが、
なんというか・・・文庫本なのに、一向に進まない・・・・

ランキング参加しています
ぽちっとお願いします。
↓↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

-ヨーロッパ史, 西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

EHカー『歴史とは何か』 歴史における神について

タイトル:歴史とは何か (岩波新書) 内容:史学概論といえばコレ!歴史学の入門書ともいうべき本。歴史学がたどってきた歴史と、歴史家が持つべき視点などが書かれています。 史学概論のレポート作成のため、E …

no image

史学概論のレポートが戻ってきました。結果は・・・

先月、締め切り駆け込み提出した史学概論のレポートが戻ってきました。 参考文献2冊という、しょうもないレポートでしたが、どうにかC、、、まあ、いいや、再レポにならなかっただけでもありがたいと思うことにし …

no image

アウグスティヌス 告白(下)

  上巻が自叙伝的なのに対し、 下巻は哲学的、神学的記述が多く、好き嫌いが分かれるかもしれません。   私は断然下巻派です。 下巻、私がすごく印象に残ったのは 彼が多角的視点から行 …

no image

塩野七生 『ルネサンスの女たち』感想

タイトル:ルネサンスの女たち (塩野七生ルネサンス著作集) 内容:ルネサンス時代を生きた女たちが、家族の政略に翻弄され、教皇、フランス、ドイツや他のイタリア諸都市との勢力均衡図の中でいかに波乱万丈の人 …

no image

エドマンドキング『中世イギリス』感想 イギリス萌え~

タイトル:エドモンドキング『中世のイギリス  』内容:ノルマンコンスクエストからつづくイギリス・・・イングランドの歴史を、時代の流れとともに書いてある本。イギリス中世史の概説がわかりやすく説明。 英中 …