文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

『ピクウィックペーパーズ』日本語訳を入手しました!!

投稿日:

 

先週末は古本の街 神保町をウロウロいたしまして、
歩数計が4万歩こえるほど歩き回りました。

いろいろな本を発掘したのですが、
その中のひとつ、、、捜し求めていた

ディケンズの「ピクウィックペーパーズ」日本語訳
購入することができました!!!!

日本語訳は、私の調べたところ
あぽろん社さんで田辺先生が出しているもののみ。

定価は約5000円で上巻 下巻がでております。

amazonで購入しようとしても出ておらず、
amazonの中古が5万円を超えるふっかけようで、
貧乏な私の手が出る代物ではありませんでした。

NEC_1796

amazonになくっても、本の街にありました。
これだから神保町散策はやめられない!!
ゲットしたのは上巻。

さっそくゲットしたピクウィックペーパーズ

最初の前書きが意外と長くって、
これがまた面白い。

ボズのスケッチから、ピクウィックペーパーズの出版にいたった経緯や、
次々かわっていった挿絵画家のこととか・・・・
(最初の挿絵画家が拳銃自殺していたとは知らなかった)

挿絵画家志願の一人にサッカレーがいた話は有名ですが、
そこらへんもっと知りたかったなぁとおもいつ。でも知らなかったことの連続で、
ディケンズfanとしてはたまらない前書き
でした。

ピクウィックペーパーズ、実際読み始めていきましたが、
面白い。
ほらふき男爵を彷彿とさせる面白さで、
皮肉がwwおっさんたちのぼけっぷりがww

ただ、章ごとに舞台が変わる?ので、
ときどき うん・?となりますが、
ディケンズらしいたまらない作品でした。

結構ぶあついので、
数日はレポートそっちのけで
ディケンズに夢中になりそうです。

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ディケンズ『オリバーツィスト』映画版 感想

  ジェーンオースティンの『エマ』が結構いい感じだったので古典をもうひとつ、ディケンズの『オリバーツィスト』の映画版です。 これは、、、、、ちょっと端折りすぎな感じが否めませんでした。 ヴィ …

no image

【本】世界でいちばん面白い英米文学講義 (感想 その1)

  タイトル:世界でいちばん面白い英米文学講義―巨匠たちの知られざる人生 内容:アメリカ人教授が英米文学の講義でお話した内容を本にしたもの。チョーサーから年代順に、作家ごとに章にわけて説明し …

no image

ディケンズ『リトルドリット』 感想5 終わり

一週間ほどリトルドリットに夢中で、勉強をおろそかにしておりました。リトルドリット、ようやく読み終わりましたが、最後がちょっとどたばたすぎて、!?!?!?の連続でした。 まず、リゴーがあっけなさすぎる。 …

no image

加藤恭子『アーサー王伝説紀行神秘の城を求めて』読んだ!

 タイトル;アーサー王伝説紀行―神秘の城を求めて (中公新書) 内容:アーサー王伝説の概要と、舞台となったと推測されている場所を訪れた著者がそこで何を見たか、現地の人はどうみているのかなどが …

no image

アンブローズピアス著『悪魔の辞典』でユーモアを鍛える

アンブローズピアス著新編 悪魔の辞典 (岩波文庫) がおもしろいです。辞典とついているだけあって、詩でも、小説でもありません辞典。しかし、ただの英英、英和辞書などではありません。 対象物を皮肉タップリ …