フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる倫理学

2012年8月10日

タイトル: フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる倫理学

内容:タイトルのとおり、倫理学についてわかりやすく書いてある入門書。
堅苦しいイメージの学問ですが、例えが日常生活の一コマなどを使っているので、
すんなり読むことができます。

 明日から夏スク参戦します!!
倫理学と教育心理学だっけ?そんな名前のやつです。

倫理学も心理学も未知の領域なので、
予習をしようと本を借りてきました。

 フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる倫理学』 という本を
図書館で発見!!
「フシギなくらい見たい」ので、ゲット。

内容は、年号から流れで書いている教科書とは違った書き方で、
確かにわかりやすい本でした。

倫理学と哲学の違いから始まり。

善についてなど、説明があります。

電車で 見ず知らずの老人に席を譲るとき、
心のそこから「ああ!お年寄りに席を譲って差しあげねば!!」
とおもっている方はそう多くない。

むしろ
席を譲ることによって、自分がよく思われたい
席を譲らないことによって、自分に非難の目が注がれる苦痛にあいたくない
と考え、「どうぞ」と譲る人の多いこと!

それは
果たして偽善か?

ということについて わかりやすく書いてあって、なるほどなるほど!!と面白く読みました。

****

明日からの倫理学・・・・楽しみです♪

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA