文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

デカルト『方法序説』に乗り換える。

投稿日:

土曜日は慶友会三田クラスに行ってきました!!
モチベーションUPしたところで、今度は6科目受験を狙っていこうと思います!

去年のレポート課題集の「西洋哲学史2」の紙をなくしたっぽいです!
image
↑こういう紙。 レポート課題の紙?

ってことは、情念論のレポートを提出できない??おっふ

もったいないので、2014年の課題「デカルト」で出したいと思います。

2014年のレポート課題はいくつか選択できて、その中の1つがデカルトの「省察」

image

家にない本なので、ゲットできるまで情念論と方法序説を読んでデカルト理解を深めたいと思います。

今日は方法序説を読みました。
自伝的な本で、情念論よりは読みやすい気がします・・・4章までは・・・。

当時は主流だったストア派の学問も、
「いとも壮麗で豪華ではあるが、砂や泥のうえに築かれたにすぎない楼閣のようなものであった」
と教育に満たされない思いを抱いていたデカルト、
優秀な学校で学んでも満足できなかった彼が学校をななれ、
軍生活に入り、そこでも考えを深めていきます。

3章まではデカルト自分史みたいなやつで、
4章からはぐぐっと難しくなります。
有名な「われおもう ゆえにわれあり」も4章。

テキストでも、明晰判明のあたりがさっぱりわからんのですが、
そこんところは方法序説でもやっぱりわからんて

先入観、習慣、偏見をすべてはらって
一切のものを疑ってみることから、導き出した
コギトエルゴスムという命題から、さまざまなジャンルに考えをひろめていきます
天体のこと、神のこと、体のしくみなど

私はデカルトの「神の存在証明」のページに興味わきました。
完全体としての神、不完全体としてのわれわれ

レポートでは「省察」をやることになったのですが、
「省察」には神の存在証明についての記載があるかな?

レポート課題の詳細は忘れましたが、
本の中に書かれている興味のあるあたりを論じろ とかだったら、
デカルトさんが導き出した神の存在証明をやってみたいとおもいます!
神の存在証明をやることになったら、

「私が充分明晰判明に表象するのは真である」
を理解せねば・・・・提出までの道は険しいw

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『デカルト―「われ思う」のは誰か』を読む

今日もデカルトの勉強をしましたー われ思うのは誰かという本です。 デカルトの私は考える ゆえに 私が存在するという有名な一文について コチラの本によるとデカルト『省察』での表現はそのような推論の形をと …

no image

アウグスティヌス『告白』 食欲の誘惑に対する態度

アウグスティヌスの『告白』の中で、興味ある箇所を論じるのがレポート課題  レポート課題には出来なさそうですが、とても気になる箇所があるんです。それが、下巻p56からはじまる食欲の誘惑に対する態度 につ …

no image

シュヴェーグラー『西洋哲学史 下巻』読んだ!

西洋哲学史2のレポートを書くために岩波文庫のシュヴェーグラー『西洋哲学史 (下巻) (岩波文庫 (33-636-2)) 』を読みました下巻はちょうどデカルトからはじまってます。 この本の「明晰判明~」 …

no image

もう、何度目でしょう、、、アウグスティヌス『告白(下巻)』を再読

3年目に入った通教ライフですが、たぶん、3年間で一番読んでいる本はこちらアウグスティヌスの『告白 下巻』でしょう。 ぶっちぎり。 一年のころ、まずは西洋哲学史を出そうと思って、読み進め始めたのですが、 …

no image

『時間論の構築』再読

ちょうど今から1年前の2012年5/15に、中山康雄『時間論の構築』を読みました。たしか、ブログにも「さっぱりだった~」みたいな感想を書いたような・・・・。 1年前はなに書いてあるのかさっぱりでしたが …