文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

『テンプル騎士団の謎 (「知の再発見」双書)』感想

投稿日:

タイトル:
テンプル騎士団の謎 (「知の再発見」双書)
 内容:テンプル騎士団の起源・たどってきた歴史、神話から
入会の儀式や会則まで、
写真が多く使われ、テンプル騎士団についてわかりやすい解説がなされた一冊

ユダヤ人の歴史で胃もたれしたあとは
テンプル騎士団に関する本を読みました。

戦士と修道士を兼ねる、矛盾した存在は正当化され、
十字軍の時代、宗教騎士団はオフィシャルなものになりました。

教皇から紋章を下賜されもしたテンプル騎士団。

高校の教科書レベルの知識では、
テンプル騎士団
ヨハネ騎士団
ドイツ騎士団
はどれがなんだか、区別がつかずに一緒くたに考えてしまいますが、
彼らはお互い仲が悪い。

なぜ、お互い仲が悪いのか、その理由がこの本に載っていて
それが結構面白かったです。

ドイツ騎士団はアッコンで聖マリア病院修道会(正式名称忘れた・・・)からはじまりましたが、
当時からドイツ皇帝との結びつきが強く

皇帝と教皇が仲悪いように、テンプル騎士団とドイツ騎士団は仲悪かった。

みんなが止める中、勝手にエルサレムで戴冠式やっちゃったドイツ皇帝
フリードリヒの傍らに、
5934

ドイツ騎士団の総長ヘルマンフォンザルツァー↑がいたことによって
さらに嫌われいろいろあったそうです。
この本では、ドイツ騎士団の扱いが結構ひどいですねw
ドイツ騎士団好きとしてはちょっと心苦しい。

十字軍で神の剣として戦ったテンプル騎士団でしたが、
聖地での残虐極まりない所業や、
男色略奪いろいろなことを訴えられ、
とうとう彼らに終焉がやってきます。

ジャックドモレーの処刑によってテンプル騎士団の時代は終了しましたが、
彼の死に際に叫んだのろいの言葉
神話となって、今でも有名なのだそうです。

この本では、歴史だけでなく、
入会の儀式の様子だとか会則などが載っていて、
ドラマチックなワンシーンを本でたどることができます。

彼らの住居の写真もあり、
アレははじめてみました。
ドイツ騎士団とはだいぶ違った・・・?
5924
コレは↑ドイツ騎士団が構えた マルボルク城。

この本では十字軍の説明もありますが、
私が高校生のころ習ったレコンキスタの日本語訳が違っていたので
おお?と。
昔は教科書に レコンキスタ→国土回復運動 とかいてありましたが
この本ではレコンキスタ→国土再征服戦争 とかかれてありました。
イスラームとしては、まさに後者ですよね。

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

最短記録かも。昨日の夜から読み始めた「オリエント考古学」、レポート半分書き終えました・・・

オリエント考古学にチャレンジ2日目。昨日の夜から読み始めたこちらのテキスト・・・ 図説 聖書考古学 旧約篇 (ふくろうの本)  読みやすいし、地図がたくさんでてきて、地理的な理解もしやすく、 …

no image

19世紀のフランス文学レポート2「ミシュレについて」 ミシュレ『フランス革命史』

19世紀のフランス文学レポートの本文はこちらです↓↓ 2.『フランス革命史』 ミシュレは『フランス史』に接続する形の『フランス革命史』という本を出版しているが、革命のはじまりからロベスピエールの死まで …

no image

ミシュレ『フランス革命史 上』を読みました。

19世紀のフランス文学1のレポート書くためにミシュレ『フランス革命史 上』を読みました。 最初の50ページくらいが、桑原先生によるミシュレの解説、その後に本編が続いています。 レポート書くには、本編は …

no image

『メソポタミアの神々と空想動物』感想

タイトル:メソポタミアの神々と空想動物 (MUSAEA JAPONICA)内容:メソポタミアの世界観と神々について、当時使われていたシンボルの意味について詳しく解説されている書。図が豊富で、わかり易い …

no image

ギリシア危機

私の持っている株が毎日毎日下がり下がりしかも、全株がまずい下がり方をしているので、欧州危機へのカウントダウン?を予感させます。 経済とか、政治とかまったくわからないので「ギリシアやばそうだよね」と聞か …