文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

フランス文学

スタンダールの「赤と黒」感想

投稿日:

私がフランス文学と聞いて、まず思い浮かべるのが
スタンダールの「赤と黒」です。

初めて読んだのは高校時代、
父の部屋にあったのを拝借して読んだのがはじまりでした。

ジュリアンソレルという頭のいい美少年が
とある館の夫人と不倫したり
パリで上流階級のレディに惚れられたり
自らの頭の良さと恋心を利用して

どんどん上の世界に上っていくが、
最後にどんでん返しがあって・・・・・というのが
おおまかなストーリー。

高校の頃は 昼ドラ程度に読んでいたのですが、
フランスを代表する文豪に申し訳ない。

この作品は何度も読んでいますが、
話のふちを彩る歴史背景が深くて、読み飽きないです。

当時のフランスの社会問題
ナポレオン

先日、ジェーンエアの感想で、
イギリス文学に出てくる女性が好き!と書きましたが、

私は、
フランス文学に出てくる男性も好き!
・ ・・というか、スタンダールが描く男性が好きです。
赤と黒の主人公ジュリアンソレルも、
パロムの僧院のファブリスデルドンゴも、、、

でも、フランス文学に出てくる女性が
あまり好きではないです。。。
モーパッサンの「女の一生」とか、
ゾラの「居酒屋」とか。

なんというか、、、
なよなよしいというか、
男にすてられめそめそしているイメージが強い(――;)


赤と黒に出てくるレナール夫人も嫌いでした。
マチルドは好きかな・・・

 ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-フランス文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

19世紀のフランス文学1今日からはじめます

日本美術史と同時進行で 19世紀のフランス文学1を今日からはじめたいと思います( ̄▽ ̄) 19世紀の西洋文学ラブです。 一番はイギリスのディケンズですが、 フランスのスタンダールやユゴーもだいすき。 …

no image

19世紀のフランス文学1 レポート戻ってきた

19世紀のフランス文学1がもうもどってきました。 あまりにもひどい内容なので、 そのまま無採点でかえってきたかとおもいましたが、 ちゃんと採点されてましたー! ボロクソに書かれてましたが、 合格だった …

no image

19世紀のフランス文学1のテキストからレポート課題を拾う・・・が

早起きして19世紀のフランス文学1のテキストを読んだのですが、面白いですね~。 でも、私の理想とするレポートはかけなさそうなことが発覚しました(笑)古典主義とロマン主義の代表作をあげて比較~とか、そん …

no image

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか れぽーとその2

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか というタイトルのレポートの続きになります。 2、明晰判明な観念からの神の存在証明 3つの命題にて知りえたものは「わたし」の存在 …

no image

戸部松実 『エミール談論』に書いてあった「ルソーの捨て子事件」について

タイトル:『エミール』談論 内容:エミールの中にかかれた 自然の教育とは、 ルソーのいう人間、市民の定義とは、当時の里子についてなど、テーマごとに談論という形式で エミールを読み解いていくというスタイ …