文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

フランス文学

19世紀のフランス文学1、現在706文字

投稿日:

テキスト
最新フランス文学

image

この二冊で書いてみましたが、700文字が限界です。
ただ、最新フランス文学史の
ミシュレに関する説明は、
少ないながらもわかりやすい。
ミシュレは、
ランケのような、客観的叙述だー!というより、
ヘーゲルのような歴史哲学だー!といいよりは
歴史は過去の全面的な再現である
とかんがえた
復活の歴史を意識したひとで、
歴史をつうじて人類の進化を証明していくことに重点をおいた歴史家だったそうなり
うん、そういや、史学概論でみたわ。

image

このままレポートかいていくと、
史学概論その2みたいなレポートになるんだけど、どうしよ。まあ、とりあえずがんばる

-フランス文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ミシュレ『フランス史1~6』も読みました。

先週末ほどミシュレにささげた週末はないでしょう・・・ミシュレ『フランス史1、2、3、4、5、6』読みました。 一冊がけっこうな厚さなので、速読(拾い読み?)モードでよみましたよ・・・。 ミシュレ『フラ …

no image

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか レポート

西洋哲学史2のレポートもでてきました。 デカルトの省察をよんで書いたレポートです。このレポートで課題クリアした記憶がありませんwww おちたレポートかもww   西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察 …

no image

スタンダールの「赤と黒」感想

私がフランス文学と聞いて、まず思い浮かべるのがスタンダールの「赤と黒」です。 初めて読んだのは高校時代、父の部屋にあったのを拝借して読んだのがはじまりでした。 ジュリアンソレルという頭のいい美少年がと …

no image

ルソー『エミール』下巻に書いてある「旅について:という章は好き。

タイトル:エミール〈下〉 (岩波文庫青 622-3 ) 内容:ルソーの書いた教育書で、エミールという架空の人物に理想の教育をさせるというスタイルで書かれている。下巻は成長したエミールがどのような人間に …

no image

『サルトル むかつき ニートという冒険』  感想

  タイトル:サルトル『むかつき』ニートという冒険 (理想の教室) 内容:サルトル著『嘔吐』の解説を、ニートに語りかける形で解いている本 サルトル『嘔吐』と一緒に、サルトル『むかつき』ニート …