文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

フランス文学

19世紀のフランス文学1、現在706文字

投稿日:

テキスト
最新フランス文学

image

この二冊で書いてみましたが、700文字が限界です。
ただ、最新フランス文学史の
ミシュレに関する説明は、
少ないながらもわかりやすい。
ミシュレは、
ランケのような、客観的叙述だー!というより、
ヘーゲルのような歴史哲学だー!といいよりは
歴史は過去の全面的な再現である
とかんがえた
復活の歴史を意識したひとで、
歴史をつうじて人類の進化を証明していくことに重点をおいた歴史家だったそうなり
うん、そういや、史学概論でみたわ。

image

このままレポートかいていくと、
史学概論その2みたいなレポートになるんだけど、どうしよ。まあ、とりあえずがんばる

-フランス文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

岩波文庫「ベルクソン 笑い」を読んでみた

先月末から、のんびりとベルクソンの「笑い」を読んでいます。 フランスの哲学者 ベルクソンが、笑いの概念、笑いが引き起こされる構造的なやつを細かく考えていく内容の本です。 ベルクソンをなんで買ったのか覚 …

no image

ルソー『エミール』下巻に書いてある「旅について:という章は好き。

タイトル:エミール〈下〉 (岩波文庫青 622-3 ) 内容:ルソーの書いた教育書で、エミールという架空の人物に理想の教育をさせるというスタイルで書かれている。下巻は成長したエミールがどのような人間に …

no image

戸部松実 『エミール談論』に書いてあった「ルソーの捨て子事件」について

タイトル:『エミール』談論 内容:エミールの中にかかれた 自然の教育とは、 ルソーのいう人間、市民の定義とは、当時の里子についてなど、テーマごとに談論という形式で エミールを読み解いていくというスタイ …

no image

19世紀のフランス文学レポート2「ミシュレについて」 ミシュレ『フランス革命史』

19世紀のフランス文学レポートの本文はこちらです↓↓ 2.『フランス革命史』 ミシュレは『フランス史』に接続する形の『フランス革命史』という本を出版しているが、革命のはじまりからロベスピエールの死まで …

no image

ルソー『エミール 第一編』を読みました!

教育思想史のレポートを書こうと、エミールを読みました。エミール、家にあるのを読んでみたのですが、この本の発行が昭和33年・・・・わたしの親が生まれた年のものです・・ルソーじゃなくって「ルソオ」で、エミ …